スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
双子誕生
Wed.29.06.2011 Posted in シネマガールの日記・アメリカ生活
2 comments 0 trackbacks
4月に双子が生まれました。


長男のときは24時間陣痛を味わってから、胎児の頭が大きすぎるとのことで急きょ帝王切開になったのですが、今回は最初から帝王切開を予定していて、これがかなり快適でした。


高年齢(39歳)ということ、双子ということ、前回も帝王切開だった、ということでドクターに勧められるまま、喜んで手術にしました。



陣痛を待つまどろっこしさ、陣痛の死ぬような痛さから開放されて、会社には「赤ちゃんを産むので来週からお休みしまーす」といって、産休に入り、旦那の家族には「この日が手術なので前日から(息子の世話に)きてね」とお願いでき、ベビーベッドの組み立て、部屋の掃除、片付けも前もって週末にやっておくことができ、計画通りにことをすすめることができました。


そして、病院にいってからもほとんど経験済みのプロシージャで、落ち着いて望むことができました。


エピドリル(下半身の麻酔)は前回の息子の出産のときは陣痛の激しくなる最中に行ったのですが、今回は病院のガウンを着て手術室まで歩いていき、手術台に自分で上って座ってからやってもらいました。


麻酔薬が管を通して脊髄に入ると、急に感覚がなくなり、なぜかお尻全体が温かくなる感じがしたのが笑えました。


手術室はかなり寒いのですが、お尻だけ温かいのが妙にいいかんじでした。(笑)


手術台に横たわり、目の前に青いシーツが張られると、麻酔は下半身だけのはずが、多少上にも上ってくるらしく、肺が圧迫されて息苦しい状態になり、パニックになりそうになりました。


麻酔の先生が、「脈拍もすべて正常でちゃんと呼吸もできてるからリラックスして大丈夫」というのを必死に聞いて、深呼吸していました。


そんなことに一生懸命になってるあいだに手術は進み、二分おきで二人の赤ちゃん(娘2人!)が生まれてきました。


すっかりきれいにくるまれた二人の赤ちゃんをナースがもってきて写真を撮ってくれたのですが、私の首の上に赤ちゃんをおいてくれたので、またもや息苦しい状態でした。(写真下)



csection


もうちょっとマシな写真が撮れたらよかったのですが。


先生にそのあと「胎盤をみせてください」とおねがいしてナースが説明してくれるのを見ることができました。



2年前はすべてが初めてで、予想外で、ひどく感情が高ぶってたのですが、今回は常に冷静だったのが、自分でも驚きました。


生まれてきた息子に「生まれてきてくれてありがとう!」と思うと涙もどーっと出てきたものですが、二回目の出産、しかも二人の赤ちゃんがでてきてしまうと、「あー、しっかり健康そうで良かったわ。それにしても二人は全然似てないわ。」と淡々と観察している自分がいました。


病室でも、ナースが息子を連れてくるたびに、息子の泣き声が廊下に響き渡ると、すぐに自分の息子だと分かったのですが、今回はまったくダメです。


娘二人、他人様の赤ちゃんとすらも区別は全然つきませんでした。


息子のことは見るたびに「世界一可愛い赤ちゃんだわー」と感動していましたが、今回は片方は息子に似ていて、もう片方はなんだか年のいったオジサンみたいな顔してるわー、もう少し経ってから可愛くならないと、女の子だからちょっとかわいそうだわ。と心配になりました。


さて、双子が生まれてきてさぞ大変だろうと思う方が多いと思いますが、最初の2週間は寧ろらくでした。


少し早く生まれてきたせいで、二人ともとっても眠たいらしく、ミルクを飲むとすぐに寝てしまい、全く手がかかりませんでした。


そのままずっといくと思えば大間違いで、二人いっぺんに大泣きする日はすぐにやってきたのですが、2度目ということで経験もあり、またスイング(揺りかご・ブランコ合体型)やエルゴ(抱っこ・おんぶ紐)などの子育てグッズも万全に整えており、恐れていたほどではなく、自分でもラッキーだなと思いました。


ただ睡眠時間は昼間に赤ちゃんの寝ている間に昼寝、というのがなかなかできず、平均4-5時間ですが、これも慣れるものなのですね。


産休も今週いっぱいで終わり、来週から仕事復帰です。


娘達は、息子と同じデイケアに通うことになります。


そろそろ夜通しねて欲しいところですが、二人いっぺんにきっちり寝てくれたことがなく、ちょっと焦っている今日この頃です。



クリックありがとう!ランキング参加中!?ここをおしてね→【人気ブログランキング北米 】
スポンサーサイト

« 産休 その1 | Home | 117日ぶりの更新 »

comments

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

★みんとさん

お久しぶりです!

2教科制覇、おめでとうございます!
これをはずみにあと半分頑張ってくださいね!

そうですね。いま私も就職活動中なので、お気持ち分かります。
BDOはかなりの大手ですが、60マイルの通勤はきついですよね。
慣れたら週の半分は自宅から仕事、というチョイスでもあればいいんですけどね。
面接とりあえずしてみて、オファーが出てから考えても良かったかもしれませんね。

私が最初にいまの事務所に入ったときは、どこからも返事がなく、一箇所だけ面接してくれて、それも自宅から10分の所にある会社で、そしてトントン拍子で決まったのでラッキーでした。
派遣会社は使いませんでした。
(派遣会社はどちらかというと雇用主側の味方なので、登録もしてみましたが個人的には信頼できませんでした。)
いまの会社にエントリー・レベルで、かなりの低賃金で雇ってももらったのですが、そうやってどこかにとりあえず入って経験を積むのが一番いい方法だと思います。

公認会計士事務所でなくても、民間企業の事務職の見習い会計でも、とにかく経験を積んで、その間に本当にやりたい仕事に応募しつづけることです。

それから、レザメをCPAの知り合いがいたら見直してもらうこともいいことです。

面接までこぎつける確立が上がるかもしれません。

エントリー・レベルだからといって、若くなくちゃいけないことはなく、年齢を絞るのはアメリカでは違法ですので、30代だったらまだまだ応募して大丈夫ですよ。

またブログに書こうと思いますが、私も先月一箇所面接に行って落ちたところです。

ケーブルテレビのTLCにでてくるThe Little Coupleという番組にでてくる小人症の女性で、小児科のドクターのジェンという人が、メディカルスクールに30校応募して2校と面接した、というのを聞いて、私も30社は出さないと、あきらめてはいけないと思うことにしています。

また試験の結果などお知らせくださいね!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。