スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アイ・ナウ・プロナウンス・ユー・チャック・アンド・ラリー(2007)
Fri.30.11.2007 Posted in コメディー
0 comments 0 trackbacks
chuck & larry

banner_02.gif

原題:I Now Pronounce You Chuck and Larry

「シリアス系」と「くだらな系」を交互にやるA・サンドラーの、くだらなコメディ。

予告編見たかぎりじゃぁ、かなりヤバそうだったのに、
日本行きの飛行機の中でやってて、速攻みてしまった。


舞台はニューヨーク。

親友である、消防士二人が、ゲイ・カップルのフリをしなくてはならなくなることから起きる、ハチャメチャ・コメディー。

(年金の受取人を死んだ妻を思うあまり、妻から子供たちに変更しなかったため、配偶者がいないと年金を受け取れなくなってしまったという事情のため。)

ゲイへの偏見をなくす、を大義名分に、ゲイに間違われたくないアメリカ人男性をネタにお笑いを展開する、という形式です。


ほんと、こっちの男は、ゲイに間違われたくないという思いが強いらしいですね。

だから日本で「なんとか王子」と騒がれるスポーツ選手がいたり、
一般男子が化粧したり、という文化は理解されないとおもう。

「ポシェット」のような鞄をもつことで「マン・バッグ」と呼ばれ、ゲイ扱いですもん。


さて、映画ですが。
あんまり大声で笑いすぎて、前の席の中学生に二度ほど顔を覗き込まれました。

意外な脇役キャラたちにやられたの。

ゲイ・カップルを入籍させてくれる、カナダ側にあるチャペルの日系(と思われる)牧師、

将来ゲイの素質十分でタップを華麗に踏む小学生の息子、

ヴィング・レイムス(パルプ・フィクションの黒人ボス)扮する、「カミング・アウト」したい、マッチョな消防士。

そして、

偽の(ゲイ)カップルを見破り、社会保障制度の悪用を取り締まる審査官に、スティーヴン・ブシェミ。

ブシェミとサンドラー共演は『ウェディング・シンガー』以来かしら。
胸おどりました。


ジェシカ・ビールは弁護士とキャット・ウーマンのコスプレがぴったり。
ぜったい現代的な役にとどめておくべき。


まあ、友情がテーマのストーリーはどうでもいいです。


何にも考えずボケーっとしていたい、私のニーズにピッタリだった、軽いお薦め作品。


クリックありがとう!ランキング参加中!?ここをおしてね→【人気ブログランキング北米 】
スポンサーサイト
CPAの教材
Fri.16.11.2007 Posted in シネマガールの就職/CPAテスト
1 comments 0 trackbacks
Becker

banner_02.gif

CPAテストの教材について質問を頂きました。

(だもんで、今回読んで意味不明の方々、あしからずー。)

私はズバリ、Becker という教材をつかいました。

4科目、講義DVD、教科書、そして練習問題(CD-ROM)あわせて全部で2,700ドルくらいしまして。

もう買うときは涙出ました。

コミカレ、4クラスとるよりも全然高いですよね。

でもこれ以外はいりません。

フラッシュ・カードとか、直前集中講座とかも薦められますが、必要なし。

DVDをみながら教科書を一通り読み、
練習問題を全部できるようになるまでやる。

これだけで膨大な時間がとられました。

でもいちおう、全科目一発でうかったので、ベッカーの効き目は大きいです。


受験資格ですが、州によって色々らしいですね。
大学での必修科目とか、必要単位数が違うので、要注意です。

それも上のベッカーのサイトで、簡単に調べられるようになってます。

って教材の宣伝コーナーかよ。

でも他にもお手軽なWileyというシリーズも試してみましたが、
分かりやすさ、シミュレーション問題などが似てることなど、ベッカーが最短距離のような気がします。

それから、ご報告。

やっとEthicsの自宅学習がうかりましたー。

CD-ROM買わされて、学習後にオンラインのテストで90点以上とると修了証書がもらえます。

それがないとCPAの申請書がだせない。

オンライン・テストは甘く見ててコケまくりで、3回目に96点で合格。
3回までしかオンラインはできず、あとは手書きのマークシートを郵送で提出です。

冷や汗もんですよ。

ま、よくわからない特殊なお話をきいてくれてありがとう。

早くCPAの証明書がきてくれないか、クビを長くして待ってる。
そんな毎日です。

(明日から日本だー!いってきまーす!)

クリックありがとう!ランキング参加中!?ここをおしてね→【人気ブログランキング北米 】
クーラー(2003)
Thu.15.11.2007 Posted in 人間ドラマ
2 comments 0 trackbacks
cooler
banner_02.gif

原題:The Cooler

『レミーのおいしいレストラン』は
ネズミが天才シェフ、というおとぎ話だったけど、
こっちは大人のおとぎ話。

なんでもないお話だけど、トーンが肌になじみました。
出演者みんながおなじみの顔ぶれだしね。


あんまりにも運のツキがないので、周りにいる人々の運まで殺してしまう男。
ザ・クーラー。(冷却者、という感じ?)
なんてこの世に本当にいるのかな。

いたらすごいよ。ありえない。

カジノのフロアで、大当たりの客に近寄ると、
勝ってた客が途端負けだす。

そんな職業、引っ張りだこになって荒稼ぎできるとおもいきや、
幸せになると運がついてきて、クーラーのご利益がきかなくなるんだね。

だから惨めなまま毎日生活するしかない。


この映画みて、ニコラス・ケイジの『リービング・ラスベガス』を思い出した。
ラスベガス舞台で、主演の男女がルーザー同士なところが似てませんか。

でもケイジの自己陶酔演技よりも、ウィリアム・H・メイシーは数段よい。
見れば見るほどはまり役なんですよ。

ほんと、あのキャラクターは地なんじゃないかとおもうくらい。

そのメイシーを牛耳る暴力的なカジノ・オーナーのアレック・ボールドウィンをはじめ、
キャラクターほとんどみんな、盛りを過ぎた小者で、悲哀漂いまくりなんだけど、
あまり欝っぽくないトーンが好きでしたね。

日本で未公開らしいです。
すいません。

クリックありがとう!ランキング参加中!?ここをおしてね→【人気ブログランキング北米 】
レミーのおいしいレストラン(2007)
Wed.14.11.2007 Posted in SF・ファンタジー
4 comments 0 trackbacks
ratatouille
banner_02.gif

原題:Ratatouille

アニメ苦手な私でございますが。
さいごまで飽きずにみちゃいました。

「誰でも料理できる」という単純なテーマと、声優のうまさかな。

リングイニ青年が目隠しをして、ネズミと料理の訓練をする様子は、ジェダイのトレーニングからきてるね。

すると、ネズミがジェダイ・マスターなんだなー。

すべてのサーガはスター・ウォーズに通じる、という私の持論でもって楽しんでたわけですが。(笑)


でも、まぁネズミがいくら料理がうまくったって、不衛生じゃないの。
という思いから抜け出せなかったなー。
料理がおいしそうに見えなかった。
(旦那に、「まだそんなことをゆうのか」と指摘された。)


最後のクライマックスで、ネズミの大群が厨房に押し寄せる様子、圧巻でしたね。

リングイニがレミーの名前をさいごまで知らないのが、ちょっと寂しい。
彼にとってのレミーは「リトル・シェフ」なのが。

ネズミは人間語がわかるけど、人間はネズミ語がわからないんだね。
そんなところ、可愛らしくもあり、感慨深くもあります。


クリックありがとう!ランキング参加中!?ここをおしてね→【人気ブログランキング北米 】
ドリームガールズ(2006)
Sat.10.11.2007 Posted in ミュージカル
0 comments 0 trackbacks
dreamgirls

banner_02.gif

原題:Dreamgirls


アメリカン・アイドルにでてた頃のジェニファー・ハドソンと、この映画に出て、オスカー取った彼女とつながらない。

ものすごい変貌をとげたよ。
エクストリーム・メイクオーバーよりもすごい。
性格の大改造。
だからオスカーなのかもね。

自信家でディヴァのエフィの性格をだすために、撮影にもわざと遅れてこさせたりしたらしい。

おどおどしつつも(最近だとメリンダ・ドゥーリトル調で)、長身で歌が上手くてアフロヘアにボーイッシュな雰囲気だったハドソンは、豊満なパワフル&セクシーボーカリストに大変化。

主役のジェイミー・フォックスとは初めからケミストリーはない。
それだけに、あの「私は別れないわ~!」と歌い上げるシーンはつらい。
あんまり悲しくないし、あんなに長く歌わせなくてもよかった。


それにしても後半は、ビヨンセのミュージック・ビデオというか、彼女の美貌・コスプレ満載で、すごかった。
ホイットニー・ヒューストンの『ボディ・ガード』状態とでもいいましょうか。

実際80年代にはホイットニーがディーナ(ビヨンセ)役をオファーされたらしい。
そして90年代にはローリン・ヒルで映画化がもちあがったとか。

ま、ビヨンセで落ち着いてよかったんじゃないかな。

ミュージカルの映画化、ということで『ヘア・スプレー』みたいな60年代ごっこが凝っていた。
『ヘア・スプレー』よりもシリアスすぎたのが難。

それに60年代もどきの踊りやナンバーはいいけど、やっぱり本当のスプリームスとかジャクソン5の懐メロが聴きたいわ。

エディ・マーフィーが歌えたのが意外で、よかった。
だからやっぱり、シリアスすぎたのがなー。
どどのつまり、つまらなかったです。



クリックありがとう!ランキング参加中!?ここをおしてね→【人気ブログランキング北米 】
トリック・オア・トリーティング
Fri.02.11.2007 Posted in シネマガールの日記・アメリカ生活
6 comments 0 trackbacks
halloween1


banner_02.gif

ハロウィーン、うちのコミュニティー超しけてました。

独身とか、出張が多い人とか、留守宅ばかりで、デコレーションもなく真っ暗。
ゴーストタウンのよう。
ある意味それで怖かったけどね。

だから子供たちもこないよなぁ。

うちは二組だけきてくれたよ。
助かったよ。


上の赤いデビルちゃんと、その赤ちゃんのいもうと。

そして下の海賊ちゃんと幽霊君です。


halloween2_3



例のカボチャのランタンは、デビルちゃんのお母さんが「すごいじゃない」と褒めてくれた。

もうそれで十分。うれしいじゃん。


halloween3


となりのデイヴ。
この夫婦はちゃんとハロウィーンのデコレーションして、子供たちを待ってたくち。

家の前で、立ち話になって、世間話してさ。
「あんまりここには子供たちこないんだよねー」
そうか。それなら事前におしえてくれよー。


来年はうちでハロウィーン・パーティーをやるか、自ら仮装してトリック・オア・トリーティングにいくかしないと、気が治まらない。

クリスマスより、ハロウィーンのほうがすきなわたし。
みなさんはどうですか?


クリックありがとう!ランキング参加中!?ここをおしてね→【人気ブログランキング北米 】

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。