スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゴーン・ベイビー・ゴーン(原題)(2007)
Fri.29.02.2008 Posted in 犯罪・ミステリー
0 comments 0 trackbacks
gone baby gone
banner_02.gif

原題:Gone Baby Gone


ベン・アフレックは俳優業を速やかにやめて、監督一本に絞るべき。

そして弟のケーシーはやっぱりベン兄貴よりも数段うまい役者だ、そのまま頑張れ。

ケーシー、声のトーンがロウキイだからか、味がある喋りをするんだよね。

『ジェーシー・ジェームスの暗殺』の時はクリーピーな男だったけど、今回は好感の持てる主人公を堅実に演じてて、悪くない。


子どもが誘拐された母親役の女優(エイミー・ライアン)のホワイト・トラッシュぶりも凄かった。
この人もしゃべりでキャラクターを表現の人だわ。

ブルックリン出身だけど、オーディションはボストン訛りでやって、ベン・アフレックが「で、ボストンのどの辺出身なの?」と聞いたそうです。


地元出身のアフレック兄弟が、ボストンの労働者階級の方々の住む地域を市民の目線から撮ったミステリー。

女の子が誘拐されて、モーガン・フリーマンが警察官で、ってパターンは過去に何度かあった。
そう、アシュリー・ジャッドがでてきそうな。

そして女の子はもどってこなくて、「ミスティック・リバー」的なふんいきもあり...

でも今回は一味も二味もちがう。

二転、三転するツイストがあるのよ。

そして、考えさせられるのです。いろいろと。

アメリカの社会全部を反映する問題が一気に押し寄せてきて。
へこんでしまいましたよ。


<ネタバレ>


ストーリー的に、思ったのは結局ケイシーがクビを突っ込まなければ、誰も死なずにすんだんじゃないか?と。
それはわかんないかもね。どうだろう。どう思います?




同僚のヘレンも、この映画は「Awesome Freaking Movie」と絶賛していた。
今回はアメリカ人と意見があったよ。よかった。



クリックありがとう!ランキング参加中!?ここをおしてね→【人気ブログランキング北米 】
スポンサーサイト
ウェイクアップ!ネッド(1998)
Wed.27.02.2008 Posted in コメディー
2 comments 0 trackbacks
waiking ned divine
banner_02.gif

原題:Waking up Ned Devine

ネット・フリックスでキューの下のほうにあったのがあがってきた。
こんな映画頼んだっけ?覚えてないよ。

美しい自然に囲まれた、アイルランドの過疎のような村で老人二人が繰り広げるドタバタコメディー。

うちの旦那はアイルランド訛りが眠気を誘う、といって途中で寝てしまった。

一人残った私はキャプション(英語字幕)を必死に追いかけながら最後までみとどけました。

なんてことはないストーリーだけど、まあいいお話。なのかな。
最後の最後はちょっとあれでいいのかな、喜んで。


人口52人しかいない村の誰かが買った宝くじが当選していて、それを新聞で発見した老人二人は誰が当たったのか気になってしょうがない。

そんで、あっちこっちでそれとなく「もしお金があったらどんなことする?」みたいな会話をして探りをいれてみたりするわけです。

一人ずつビールをおごったりミートパイを焼いたりして、会話のきっかけを作ってると、高くつくことがわかって、村中の人を一気にパーティーに招待すると。


一人だけ現れなかったのが、ネッド・ディヴァインそのひとなのでした。

もうネッドが当たったに違いないと、夜な夜な、パーティーの食事をもってネッドを起こしにいくと、ネッドは死んでいて...

手には当選くじを持って..


まあ一時間半の映画、というよりは、一時間枠のテレビドラマでいいんじゃないかな。



クリックありがとう!ランキング参加中!?ここをおしてね→【人気ブログランキング北米 】
僕らのミライへ逆回転 (2008)
Tue.26.02.2008 Posted in コメディー
2 comments 0 trackbacks
be kind rewind
banner_02.gif

原題:Be Kind Rewind


「まき戻してね」という名のビデオレンタル屋が舞台。

モス・デフとジャック・ブラック主演。
ミシェル・ゴンドリー監督。

これは私的には見たいのですよ。この組み合わせは。

だから「ヴァンテージ・ポイント」を見たい友達3人に予定を変更させて見に行ったら、友達みんな、あんまり笑ってなかった。

しまいに終わってから「あー、お金払わないで見れたからオーケーだわ」といわれてしまった。

彼女は映画ギフト券をもってたのね。

なんか罪悪感だわ。ギフト券使わせてしまって。


こんなところで映画について知ったようなこと書いてる私ですが、一般的なアメリカ人のテイストには一概に(というか大抵)同意できないことをここに告白しておきます。

デニス・クエイド主演の「羅生門」式アメリカ大統領狙撃事件アクション映画なんてさ。ぜったいお金出してみないもん。

クエイドの時代はもうとっくにおわったとおもうけどどうだろう。

だもんで「ヴァンテージ・ポイント」が興行収入一位で、また罪悪感だわ。ギフト券。


そうそう、ビー・カインド・リワインド。

ジャック・ブラックが久々に本領発揮の、可愛らしいコメディ。

コンセプトとしてはゴンドリーが、ニュージャージーの古い工業タウンで「ニューシネマパラダイス」志向のおとぎ話をつくってみたのだね。

80年代、90年代、の映画を幅広く知ってる人は、ノスタルジ~だとおもう。
J・ブラックとM・デフがパロってる(ここでは「スエードされてる」と呼ばれる)ビデオ見て、その映画が出た頃のことを思い出す効果があります。


発電所に潜り込んで磁器を帯びてしまったブラックが、レンタル・ビデオの中身を全部消してしまう。

この出だしがとんでもないよ。とおもったら、そのままダラダラととんでもないことは続くんで、リラックスしてみるしかないです。


ゴンドリー監督の学校の図工の時間とか学芸会の劇を思わせる世界を堪能あれ。

そして、ニュージャージーの、古い工業地帯の寂しさも。


クリックありがとう!ランキング参加中!?ここをおしてね→【人気ブログランキング北米 】
パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド (2007)
Wed.20.02.2008 Posted in アクション
2 comments 0 trackbacks
pirates 3
banner_02.gif

原題:Pirates of the Caribbean: At World's End


二時間以上あっただろうか。長かった。

クライマックスの船上での戦いの場面とか、ただただ苦痛で、なんかもうダメです。

パイレーツ・オブ・カリビアンに対する私の忠誠は崩壊したといえる。
そんな作品。

だいたい、前回で巨大タコに飲み込まれたジャック・スパロウが世界の果てにいて、そこが「デイヴィ・ジョーンズのロッカー」と呼ばれてて、そこでジャックは幻想ばかりみてて、石のようなカニが大量にいて、、、この発想はなんでしょう?

そこに行くにはみんな南極を通っていかなきゃならないんだぞ。
そして帰りは船をひっくり返して、、、ってみなまではいいませんよ。

でも話の展開についていけないし、地名、人名、などたくさん出てくる固有名詞とかおぼえられないし。

あと、思いっきりネタバレでもいいかな。
もう去年の5月公開だからいいよね。

オラーンド・ブルームがデイヴィ・ジョーンズの心臓を刺して、そのあとフライング・ダッチマンの船長になったのはわかった。

でもオーリーがデイヴィー・ジョーンズみたいな、ふんだんな海の幸を体にまとった怪物にならないのはなんでだ?

あのキレイさっぱりのすがすがしい海賊姿はずるいよ。
怪物になれよー。

もうひとつ、文句をいいます。
K・ナイトレイ&O・ブルームのラブ・ストーリー、好きになれないのよ。
美男・美女ってだけのカップルなのよね。

まあ、そんな感じです。

文句きいてくれてうれしいです。

クリックありがとう!ランキング参加中!?ここをおしてね→【人気ブログランキング北米 】
フィクサー(2007)
Tue.19.02.2008 Posted in 犯罪・ミステリー
0 comments 0 trackbacks
michael clayton
banner_02.gif

原題:Michael Clayton


面白くない映画つづきだったので、久々の感動。
評価はバブル気味かも。

でも多くは語りません。(って手抜き?)
ストーリーは、ちょっとずつ状況が分かってくる、なかなかのじらし方で、最後は痛快ともいえて、まあ楽しみに見てください。

ジャンルとすれば、ラッセル・クロウの『インサイダー』とか、ジュリア・ロバーツの『エリン・ブロコビッチ』にも似た、社会派、大型民事訴訟ものともいえる。

そして『ザ・ファーム、法律事務所』にも似た法律事務所ものとも言う人がいますが、焦点は事務所じゃなくて、弁護士。

しかもクルーニー扮するマイケル・クレイトンじゃないんだよ、焦点は。

精神分裂を患う敏腕弁護士(トム・ウィルキンソン)がキーなの。

イギリス系の映画によく出るウィルキンソンは狂ったおじさんがうまい。

この人の分かりやすい代表作はバットマン・ビギンズ(悪役)、エターナル・サンシャイン(医者)です。
そう、あのおじさんですよ。わかります?

この人の冒頭のセリフからして、混沌としてて、でもなんか素晴らしく頭のいい人が気が狂うとこうなるんだろうな。

もちろん、クルーニーの魅力も満載。
ポーカー好きのクルーニー。
サイド・ビジネスに失敗して謝金でクビが回らないクルーニー。
弁護士なのに、面倒な汚れ物処理ばかりしてる、クルーニー。


アカデミー・ノミネートだけど、地味だから受賞はないかも。

日本ではゴールデンウィーク公開だそう。

クリックありがとう!ランキング参加中!?ここをおしてね→【人気ブログランキング北米 】
ジェシー・ジェームズの暗殺(2007)
Wed.13.02.2008 Posted in 伝記
0 comments 0 trackbacks
jessee james
banner_02.gif

原題:The Assassination of Jesse James by the Coward Robert Ford


あー、またつまらなかったコメントしてしまうよ。
ごめんよ。


退屈で寝てしまって、肝心の暗殺シーンが終わって起きてしまいました。

でもそのあともなかなか終わらなくて、とにかく長かった。

どうしてでしょう?
ブラピなのに。
サム・シェパードなのに。
演技派若手俳優めじろおしなのに。

ブラピが列車強盗を襲うところ、シルエットで立ちはだかる姿はかっこいい。

そしてケーシー・アフレックは兄貴のベンよりも数段演技がうまいことが分かりました。
とても気味悪いかんじがよくでていました。二重丸。

でもやっぱ、心理劇はいいけど、展開が遅くて重たくて、私には噛み砕けませんでした。

この映画が面白い人は通なんだろうなあ。


クリックありがとう!ランキング参加中!?ここをおしてね→【人気ブログランキング北米 】
ハーフ・ネルソン (2006)
Wed.13.02.2008 Posted in 人間ドラマ
0 comments 0 trackbacks
half nelson
banner_02.gif

原題:Half Nelson


ライアン・ゴズリングがドラッグ中毒の熱血教師に扮する、インディ系。

悪い映画じゃないんだけど、退屈だった。
何かが起きそうなんだけど何にも起きなくて、長くかんじるのだよ。

でもちゃんとオチはあるから、なんともいえないなぁ。


ゴズリングは荒れた都市の公立中学校で歴史を教えている。

生徒は黒人が多い地域で、公民権運動の話とか、アメリカ政府が過去に行った弾圧について、生徒が引用して読むところとか、製作側の反体制の姿勢がうかがえます。

ゴズリングもまあ、そんな反体制のかっこいい先生で、生徒たちの信頼もあつい。

女子のバスケットボールチームのコーチもしている。

あるひ、生徒も下校したあとのロッカールームで、ドラッグをやっているところを、バスケットチームの生徒に見つかってしまう。

十代にありがちな、先生への憧れもあって、その女の子は黙ってることを約束。

そこから先生と女性との不思議というか、不謹慎とまではいかない関係が生まれる。

アメリカ版「高校教師」と呼ぶには女の子がボーイッシュでまだちょっと子どもで、それでいて黒人のハスキーボイスがさっぱりしてて、でもって先生はコカイン中毒の白人、ということで、ちがうかもしれませんね。

でもゴズリングのキャラが魅力なかったよ。ごめん。
昔の彼女に対するアホな態度からして、同情できないルーザーだった。

結論。つまらなかったです。




クリックありがとう!ランキング参加中!?ここをおしてね→【人気ブログランキング北米 】
ファイヤーキング、また買った
Wed.06.02.2008 Posted in シネマガールの日記・アメリカ生活
0 comments 0 trackbacks
banner_02.gif

これは人気のJadite(ジェダイ)というタイプ。

jedite1
コーヒーマグ
jedite2
ティー・セット

調子づいて、またクレイグズリストでみつけたので記録まで。
なもんで読み流して。

今回は割高だったとおもう。

ティーカップ2セット
コーヒーマグ2個
ひびの入った砂糖ポット
おまけの、まがい品のカップ一個

以上6点で$50。

状態は使用感ありの、中古品。

絶対ぼったくられたとおもう。

今回は旦那が出張でいったボルチモアで、買ってきた。


タウソンに住んでいる60代くらいの女性から購入。
旦那とは別居中で、娘は成人しているが、脳に障害があって、、、という身の上ばなしをしてくれたらしいです。

まあ、映画もみずにこんなことやってる今日この頃です。
あとはDVDでHouseのシーズン2&3をみたり、アメリカンアイドルみたり。
Netflixに払ってるお金がもったいないなぁ、でもしかなたい。

映画リビュー、期待しないでまた見に来てみて下さい。


クリックありがとう!ランキング参加中!?ここをおしてね→【人気ブログランキング北米 】
スーパーボウルとトム・ぺティ
Tue.05.02.2008 Posted in シネマガールの日記・アメリカ生活
2 comments 0 trackbacks
tom petty
banner_02.gif

スーパーボウルから二夜明けて、遅れをとってブログ。

ご覧になられてた方、いかがでした?
どちらのチームを応援してました?

うちは旦那がジャイアンツふぁん。
私はアンダードッグ応援、ということで、ジャイアンツを応援してました。

だから、まあまあ楽しめるゲームだったわ。

旦那はゲームの録画をダウンロードして、未だに見てるのだけど、そういう気持ちは分かりませんね。
もう一度みて楽しいのかな。


当日は、友達と近くのバーで集まって前半だけ一緒にみてたのだけど、ハーフタイムショーが若い女の子たちにはこの上なく退屈だったらしいです。
だからって退散になったわけです。

でもトム・ぺティのハーフタイム、渋くて、丸。
去年のプリンスとか、その前のストーンズとかよりも格が落ちた感、ヒットソングの地味感、さびれた感、すべてじわじわときましたよ。

14年前にアメリカに来る前まで、トム・ぺティなんて知らなかった。
それでいちおう「洋楽聴いてる派」だったのだから、洋楽ファン失格でしたね。

別にトム・ぺティが凄いというのではなく、どこまでも寂しい彼のヒットソングがラジオで流れると、なかなかいいですよ。


あと、スーパーボウルといえばコマーシャルですが、私はアウディのゴッドファーザーにやっぱりやられました。



それも同僚の女の子(20代前半)に説明するのが大変だった。
回りのうるさいバーですしね。

やっぱりうちに帰ってきて正解だった。
おうちスーパーボウルがいちばん。




クリックありがとう!ランキング参加中!?ここをおしてね→【人気ブログランキング北米 】

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。