スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スラムドッグ$ミリオネア(2008)
Mon.24.11.2008 Posted in 人間ドラマ
2 comments 0 trackbacks
slumdog
banner_02.gif

原題:Slumdog Millionaire

先週末はこの映画、限定公開だったので、わざわざジョージタウン(ワシントンDCにある)までいって、7ドルの駐車代払っていってきた甲斐があった。

なんか一言でいうと、「いやぁ、映画ってほんとーにいいもんですね!」(故水野晴朗氏へ捧ぐ。)

映画が作り出す魔法にかかって、運命の力を信じてしまう。
すごいよ。すごいからみてみてください。


「フー・ワンツ・トゥ・ビー・ア・ミリオネア?」というクイズ番組は日本版では「クイズ$ミリオネア」としてみのもんたが司会でやったとききましたが、そのインド版にスラム街出身の貧しい青年が出場するお話です。

まともに学校もいっていない「スラムドッグ」が、クイズの答えを全部知ってたわけがないと、いかさまの疑いがかけられて、最後の問題に差し掛かって、翌日持越しとなる夜に逮捕されてしまいます。

何で答えを次から次への知ってたのか。
青年が語り始める生い立ちに鍵があるのだ。
そしてなぜ、青年はクイズ番組にでることになったのか?


インドといえども大きな国で、言語も民族も数え切れないくらいある。
インドにイスラム教徒が多く住んでいて、ヒンズー教徒と対立していることも知らなかった。スラム街で孤児たちが生活をかけて織り成すドラマは『シティ・オブ・ゴッド』と並ぶすさまじさだ。

主人公のジャマールのようにゴミ捨て場をあさって暮らす子どもたちはかなり多いんだろう。そこで鉛や水銀などの汚染物質を吸って、病気になっていく子どもたちのドキュメンタリーを思い出させます。

そんな孤児たちを拾って物乞いをさせる組織がある。(この部分は結構みてて苦痛。)

有名なインドの列車網での生活や、タージマハールも印象的だけど、ジャマールが成長していく中、インドも着実に成長をつづけていて、現在に至ると、スラムを縫うように巨大ビルが立ち上がって、世界中からの企業が集まり、英語圏のカスタマー・コールセンターのメッカのようになっている。



しかし、メインはロマンスですよ。ロマンス。

幼馴染のラティカは、お約束どおりの美女になっていて、ジャマールとの切ない恋のものがたりはどうなるのか。


お楽しみにー。


クリックありがとう!ランキング参加中!?ここをおしてね→【人気ブログランキング北米 】
スポンサーサイト
ウォンテッド(2008)
Sun.23.11.2008 Posted in アクション
0 comments 0 trackbacks
wanted
banner_02.gif

原題:Wanted

ジェームス・マカヴォイ( 『ラスト・キング・オブ・スコットランド』 )主演のアクション映画。

なかなかいい俳優なのに、メインストリーム目指してこんなのに出てしまったなんて、もったいないです。

結果を言うと、ストーリー的には『マトリックス』でした。
うだつの上がらないサラリーマンが、ある「組織」からコンタクトを受け、超能力を持つ自分に気づく。

紡績職人たちによって千年以上も受け継がれている暗殺組織「フラタニティー」って、石造り職人による秘密結社の「フリーメーソン」からきてるですね。

それに「ルーク、私が父さんだよ」のようなスターウォーズのジェダイ騎士要素も加わえてるけど、やっぱり『マイノリティー・リポート』とか、『ファイト・クラブ』とかいろんなSF映画の寄せ集めでした。

こんな言い方していますが、決してひどい映画ではなかったです。
CGの工夫具合も、アクションやカーチェイスも(ちょっと長いけど)、いい方だと思う。

でも最後の畳み掛ける終わり方が痛快なはずなんだけどもう、あからさまでちょっと裏切られた気分です。それはないだろう。


アンジェリーナ・ジョリーとモーガン・フリーマンもいつもの調子。
でもなんか格が下がったようなきもします。

ハリウッドのアクション好きな方はどうぞ。


クリックありがとう!ランキング参加中!?ここをおしてね→【人気ブログランキング北米 】
インクレディブル・ハルク(2008)
Sat.15.11.2008 Posted in アクション
0 comments 0 trackbacks
incredible hulk
banner_02.gif

原題: Incredible Hulk

エドワード・ノートンってのが気になって見てみました。

冒頭の、ブラジル都市の丘陵地帯に広がるカラフルなバラックのスラム街。
そこにひっそり隠れて暮らすブルース・バナー(ノートン)、という設定はなんとなく「ボーン・アイデンティティ」っぽいスパイ映画のようで、味がありました。


でもどんな工場だっていいだろうに、ソーダのボトル詰め工場で働いてて、彼の血液がソーダに混じってアメリカに輸出され居所がバレるところからベタな展開で、そのまま最後までベタでした。

今回久々にみたティム・ロスがウィリアム・ハートと並ぶと子どものような身長でトム・クルーズぐらいかと思われたのは、がっかりなうえ、自分も怪物になりたいなんて、「狂気」を見せたかったのかもしれないけど、「レザボアドッグス」のときの迫力と比べると子どもっぽい低知能キャラなのがいやです。

旦那は古い70年代のハルクをテレビでみてて、馴染みのあるBGMとかオリジナルのハルク役の俳優のカメオ出演に反応して、そういった意味でハルクファンにはツボなのかもしれませんね。


そしてCGでのハルクが大暴れし始めるともうビデオゲームを見てるみたいな、最初と全然違うジャンルの映画になってて、そのギャップの大きさに私はひきました。何百メートル上空から落ちても大丈夫なんてやりすぎ。

結局ハルクは人間が生んだキングコングみたいなものなの、ということがわかりました。


クリックありがとう!ランキング参加中!?ここをおしてね→【人気ブログランキング北米 】
ぼくたちの奉仕活動(2008)
Mon.10.11.2008 Posted in コメディー
2 comments 0 trackbacks
role models
banner_02.gif

原題:Role Models

また公開したての映画みてきちゃったよ、日本ではまだやってないよ。(自慢)

出演者、特に脇役が『スーパーバッド 童貞ウォーズ』とか『無ケーカクの命中男/ノックトアップ』とかとかぶる、まあギャグもおなじようなスタイル(シモネタ中心)のコメディで、こういうのがRotten Tomatoesでフレッシュだったら、見に行くようにしています。


『アメリカン・パイ』のスティフラー覚えてますか?
お母さんがMILFの。
それと、ポール・ラッド(「Clueless」が印象的だったね。いまはもう40歳超えてるそうですよ。でも若い。)が交通違反を起こして社会奉仕をしなくてはならなくなり、問題児とされる子どもたちと、大人が一対一のペアを組んで交流を深めるというプログラムに否応なしに参加することになる。

その子どもたちは『スーパーバッド』のマクラヴィン(中世おたく君)と、毒舌でオッパイが大好きでクソ生意気な8歳児で、その二人もうまいし、施設の元コカイン中毒園長役のジェーン・リンチもうまい。

そこに中世ごっこマニアの連中が絡み、80年代ヘヴィメタ・バンド(KISSだよ)ネタもおりこんだ、オフ・キイな笑いに、始終大笑いしてる人たちが大勢いた、日曜の昼下がりの映画館でありました。

子どもと交流することで、うだつの上がらない自分から、他人を助けるために一生懸命になる大人へと成長する、といったそれなりに大切なメッセージも、ありつつも、まあ娯楽目的の軽い、そこそこ笑えて、R指定だけど、子どもにも見せてあげたいような、やっぱりダメな気がするような、ドタバタにしてはセリフもセンスよしで、まあお気楽にみてもらいたいです。


クリックありがとう!ランキング参加中!?ここをおしてね→【人気ブログランキング北米 】

It's Time !!! !(祝オバマ大統領誕生)
Thu.06.11.2008 Posted in シネマガールの日記・アメリカ生活
0 comments 0 trackbacks
Hope
banner_02.gif

ちょっと遅れてのブログです。

会社にいる熱狂的民主党員で、オバマ・キャンペーンのボランティア活動のために生きているシャロンというおばちゃんは、当日もちろん会社を休んでおられました。

朝の6時から夕方の6時まで、投票所から40フィート離れた民主党テントで、最後の選挙活動をしてたそう。

共和党テントと隣りあわせだったけど、けんかもせず和やかに一日を過ごしたわ、といってました。


彼女は週末になるとドア・トゥー・ドアの選挙運動をしていて、私も誘われたのだけど、赤の他人の戸を叩くなんて、怖くてできませんでした。

でもやればよかったと後悔しています。もちろんあとにたたずだよね。


オバマ・キャンペーンのボランティアはうちに2度来たし、電話は最後のほうは毎日かかってきていました。

ミシェル・オバマの録音メッセージで「バージニアでは不在者投票が可能です。お問い合わせはバラク・オバマ・ヴァージニア・ドット・コムまで」というのもありました。

そしてマケイン陣からはなにもなかった。
電話も、訪問も、はがきも。


オバマの選挙戦は完全に草の根ゲリラで、インターネットを通じた個人献金がメインということで、選挙にいくらお金を使おうが、多くの人が50ドルとか100ドルずつ出して集まった資金が、企業献金のサポートを受ける共和党の二倍以上だった、というのが、人々に選ばれるべくして選ばれたんだなと納得する。

そして、そういった行動力、次世代的なアプローチも、みんなこれからの政治に生きるだろうし、アメリカをどん底から救ってくれると信じられる。




火曜日の夜は選挙結果を7時ごろから友人宅でテレビにかじりついてましたが(旦那は出張中だったの)当確がでるまでやっぱり不安でしたねー。

特にオハイオが青色に染まるまでは、友人ともども呼吸困難になりそうでした。

マケイン個人にうらみはないけど、また共和党から大統領が出るなんて、しかもペイリンの勝ち誇った顔をみるなんて悪夢そのもので、ぜったい受け入れられない事実だから。

でもマケインの敗北宣言スピーチは、よかった。
やっと本来のやさしいおじいちゃんに戻ったようで、「よく頑張った」とハグしてあげたいとまでおもったけど、やっぱり奥さんは氷のような冷たいブロンド美女で、あんなのを選んだのだし、ペイリンもしかりですね。



オバマ大先生のスピーチは歴史に残るものだったけど、娘たちに子犬を約束するお父さん、というイメージがとっても素敵で、あの小さな娘さんたちのためにお父さんの安全を願わずにはいられません。

税金上げてもいいから、シークレット・サービスにお金をかけてもらいたいです。


P.S.
サウスパークが好きな方はこちらがお薦め。


オバマ、写真集リンクはここここもみてね。




クリックありがとう!ランキング参加中!?ここをおしてね→【人気ブログランキング北米 】
レイチェルの結婚(2008)
Sun.02.11.2008 Posted in 人間ドラマ
0 comments 0 trackbacks
rachel getting married
banner_02.gif

原題:Rachel Getting Married

今週末限定公開だったとおもいます。
アート系の映画をやるちょっと遠い映画館にいってみてきました。

『プリティ・プリンセス』、『プラダを着た悪魔』のアン・ハサウェイ主演。
だけど、今回は一味違うよ、というのがウリらしい。

で見てみたら、1月にみた『ジュノ』といい勝負だとおもった。


アル中で矯正施設を出たり入ったりしてる20代の女性が、姉の結婚式のために仮退院して、家族やその周りの人々と週末を過ごす。


姉は嫌な奴かとおもえば、問題児である彼女の唯一の見方のような存在で、彼女のホームカミングを喜ぶのだけど、また次に妹が何を起こすか分からないし、しかも自分の結婚式とあって、ピリピリし始めて、姉妹間に緊張が走ったりの、家族間のドラマであります。

そしてハサウェイ演じるキムの起こした過去の暗い過ちとは。


ウェディング・ムービーというジャンルがあったら、今まででいちばんの出来だとおもう。

身内でやるリハーサルディナーのシーンから始まって、ホームビデオ調のカメラワークで、なんかこう自分も結婚式に呼ばれて、ブライズ・メードにでもなってそこにいるような錯覚をおぼえ、ガーンと引き込まれました。

そこからはもう、感情のぶつけ合いのジェットコースターで、最後、新郎新婦の誓いの言葉までくると感極まって泣いてしまう人がおおいとおもう。

映画館では多かった、泣き組。私も旦那も鼻をすすってました。


ダメな妹、優等生の姉、そして花嫁のパパ、みんな深く愛し合って、傷つけあって、あー、人生って素晴らしくも痛いものなのだわ。

監督のジョナサン・デミはニール・ヤングの映画を作ってるみたいで、ヤング好きなのが分かりました。


クリックありがとう!ランキング参加中!?ここをおしてね→【人気ブログランキング北米 】

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。