スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あなたになら言える秘密のこと(2005)
Mon.23.02.2009 Posted in 人間ドラマ
0 comments 0 trackbacks
the secret life of words
banner_02.gif

原題:The Secret Life of Words

オスカー、なんだかんだいって、9時前から夜中まで見てしまった。旦那はさっさと寝てたけど、やっぱり最後の作品賞がわかるまで寝られないでしょう。

今年は主演、助演、男優、女優の各賞のプレゼンターが往年の受賞者5人でてくるところが特別だったみたいで、ノミネートされた人々を一人ずつ紹介していくところ、ノミニーのみなさん感極まってましたね。

そして不況を反映して、宝石屋が貸し出しているダイヤモンドのアクセサリーをつける女優が減ったとか。

でもペネロペ・クルスのダイヤモンド数珠繋ぎネックレスは素敵だったわ。(笑)やっぱりダイヤモンドは女の子のベストフレンドだからね。キレイなものはやっぱキレイだよね。


日本人も二人受賞していましたね。「つみきのいえ」と「おくりびと」。
邦題はひらがなだとは想像つかない英題でした(「つみき-」はなぜか仏題。)が、両作品ともしらべたら、なかなか面白そうです。

アカデミー賞でモッくんも見られたし。



さて、オスカーとは全然関係ない、一週間くらい前にみた映画のことをかきます。


これは好き嫌いが分かれると思うけど、私は旦那と二人で感動してしまいました。

邦題はちょっと女の子チック、メルヘンチックなニュアンスがあっていただけないです。

アイルランドの工場で働くハンナは、無口で黙々と働く模範労働者だったが、それが仇となって、休暇を強いられることになる。
さらに、あてもなくバスに乗ってやってきた小さな町で、ふとしたことがきっかけで昔やっていた看護婦として雇われ、アイルランド沖にぽつんと建つ油田発掘所までヘリで飛んでいき、着いてみると。

ハンナを待っていたのは、重度のやけどを負う男(ティム・ロビンス)で、一時的に網膜に傷がついて目が見えなくなっている彼の看護をする日々をおくることになるのですが。


このティム・ロビンスがやっぱすごい。
この人の演技に目を留めたことはなかったんだけど、ずっとベッドに寝ている重症患者なのに、しゃべりがいいのよ。

年取ってもボーイッシュな感じがそのままで魅力的だから、セクハラチックなジョークも可愛いし、許せるし、奥の深いキャラも見せるし。

重症患者と看護婦の恋のものがたりというよりは、ミステリーとして見ても面白いかもしれないです。

そして最後はこの映画に、こんなテーマが、プロパガンダが隠されていたとは知りませんでしたが、衝撃的です。

ユーゴスラビアの内戦で傷を負った人々が何千人とヨーロッパじゅうで暮らしているという忘れてはならない。ということがわかりました。

無知な自分を恥じるような感覚を覚えました。


クリックありがとう!ランキング参加中!?ここをおしてね→【人気ブログランキング北米 】
スポンサーサイト
ヒーズ・ジャスト・ナット・ザット・イントゥ・ユー(原題)(2009)
Tue.17.02.2009 Posted in 恋愛・青春もの
0 comments 0 trackbacks
he's just not thatbanner_02.gif

原題:He's Just Not That into You

先週オープニングの週末に期待して見に行ったのでした。

でも期待しすぎたのが仇だった。

「セックス・アンド・ザ・シティー」の2003年のエピソードからできた本が原作なんだけど、テレビドラマよりこっちのほうが詰まんなかった。


この線の男女の恋愛模様コメディーだと、ジャド・アバトーもののようなフラフラした自由奔放な会話を期待しちゃってて、そこからみると地味で「セックス-」よりも会話が平凡な気がする。脚本負けかな。


そしてつまるところ、キャラクターに全然魅力がない。

J・アニストンもJ・コネリーも人のこといえませんが、年とった、痛い。
その痛い役柄もあんまりよくなかった。
それだから男が引くんだよー、と思うような痛さ。


S・ヨハンソンはブロンド過ぎて、私の周りの(会社の)女子のあいだでは思いっきり不評で、それだけビッチ振りがうまかったんだがね。あの低い声がどうも...


B・アフレックは相変わらず大根。

D・バリモアは可愛かったけど、彼女の面白いシーンはせんぶ予告編にあって、映画にでてきても再放送見てる気分がしました。



唯一私の興味をストーリーにひきつけたのが、ジニファー・グッドウィン演じるジジと、ジャスティン・ロングのコンビでした。

グッドウィンは、ERに出てたDr.ルイス役の女優に似てて、可愛かった。

J・ロングはおたくのルックスだけど、ブリトニー・スピアーズとかアイドルの彼氏役が多くなってきて、メインキャラになってしまったわー。『ギャラクシー・クエスト』のトレッキー・キャラに戻って欲しいわ。

それにかれが30そこそこでバーのオーナーだったり、設定もあんまりリアルじゃなかった。


まあそんなところです。

ボルチモアではみんな煉瓦の壁のアパートに住んでると思わせるようなインテリア、センスよすぎです。


クリックありがとう!ランキング参加中!?ここをおしてね→【人気ブログランキング北米 】
永遠のこどもたち(2007)
Sat.07.02.2009 Posted in 犯罪・ミステリー
0 comments 0 trackbacks
orphanage
banner_02.gif

原題:El Orfanato/The Orphanage

ホラー、ということで旦那は最初から見るのを拒否してたけど、私はなんとなく見始めたら最後まで観てしまって、だまされた感もなく、良質のミステリーだなーと思いました。

よく『アザーズ』(ニコール・キッドマン主演)と比較されてるようで、そんな雰囲気は確かにあることはある。

古い屋敷の持つ怖い雰囲気とか、突然尋ねてくる老婆とかね。


子どもがある日突然姿を消してから、母親が半狂乱になりつつもあきらめずに探し続ける、というパターンはよくありがちで、さて子どもは一体見つかるのか、どうやって取り戻すのかとかの展開で、ストーリーの良し悪しは決まってくると思います。

たとえばジュリアン・ムーアがやった『フォーガットン』は最悪だった。
今やってるアンジェリーナ・ジョリーの映画もそんな感じなのかなと想像していますが。

それで、この映画はどうかといったら、仮面パーティーの怖さなどのヨーロッパ映画のセンスを感じつつ、イマイチ主人公の母親に感情移入できずでした。

主演の女優さんはキレイでなんとなく倍賞美津子似の好印象だったのに、子どもがダメで。(知り合いの姪っ子の写真に似た顔してて、事情あってその姪っ子に好印象がもてないので、、、)

だから、あまりお母さんと子どもの絆が感じられず、夫からも孤立してまで固執するものなのか。

私は母親ではないので分かりませんでした。

最後は演出のギレルモ・デル・トロの 『パンズ・ラビリンス』式で、複雑な終わり方でしたね。

あれはあれでよいのでしょう。

スペインで興行成績第一位に上がったというくらいの傑作らしいです。


クリックありがとう!ランキング参加中!?ここをおしてね→【人気ブログランキング北米 】

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。