スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マイレージ、マイライフ(2009)
Sun.09.05.2010 Posted in 人間ドラマ
2 comments 0 trackbacks
up in the air
原題:Up in the Air

こういう映画すきなんです。

現代ものドラマで、一般の社会を反映し、ペースもよくわかりやすい。

配役もよい。

監督のジェイソン・ライトマンは『サンキュー・スモーキング』、『ジュノ』ときて、これもかなりいけています。


主人公はクビを宣告するのが専門にしてるなんていやらしいけど、ジョージ・クルーニーがやると憎めないし、好感さえもってしまう。

「帝国とよばれるようなものを築いた人は、みんな一度はあなたのような状況にいたのです。」というのがきめ台詞のライアン(クルーニー)。


J.K.シモンズ扮するレイオフされた年配の中間管理職社員が「子供たちになんていったらいい?健康保険もなくなって、娘の喘息の薬が買えなくなったらどうすればいい?」と食い下がる。

すると「お子さん達のために、自分の本当の夢を追いかけて欲しい。かつてはレストランをやろうとしていたんですよね?履歴書をみるとわかりますよ」とマニュアルどおりの慰めだけではでてこないようなアドバイスを出す。

社員は何かを悟ったような表情で納得してしまう。


私もその場にいた新人の女子社員といっしょに感服。

またラゲッジのパッキング、空港のセキュリティーゲートでの手際のよさは悲しくも、気持ちいい。



インタービューのシーンでは、実際にリストラされた人々が募集で選ばれて、リアルなドキュメンタリーのようになっている。

そういういみでもこの映画はタイムリーというか、いまの社会を反映しているといえる。


アメリカは国土が広大だから、主人公のように出張で飛び回っている人々は珍しいほうではない。

そしてコンサルティングという職業がものすごい種類に分かれてあるのもこの国の特徴だと思う。

うちの旦那もITのコンサルティングであちこち飛ばされていた時期があり、セキュリティーゲートは家族連れと老人のいる列につくと遅いということも知っていた。

まあ「アジア人の後に行け。旅慣れていて荷物も少ないから。」とは自分がアジア人だけに思ってもみなかったらしいけど。



ところで思い切りネタバレなのですが、ヴェラ・ファミーガ扮するアレックスという女。

最初からそういうつもりだったんですねー。

だったら週末にライアンの妹の結婚式に一緒にいったりするかな。

それにライアンはとうやってアレックスの住所を知ったんだろう。

ジョージ・クルーニーは切ない役がやっぱり似合う。


こうやってますます主人公は人間やモノとの関係を切り捨てて生きていくのでしょうか。


クリックありがとう!ランキング参加中!?ここをおしてね→【人気ブログランキング北米 】
スポンサーサイト
レビューと席替え
Fri.07.05.2010 Posted in シネマガールの日記・アメリカ生活
0 comments 0 trackbacks
今日は仕事のことを書こうと思います。あまりほっとくと忘れるかもしれないので。

映画のことではないんで、ぜんぜん興味ない人はすみません。
また遊びに来てください。


私はワシントンDC郊外の中小公認会計士事務所で働き初めてもうすぐ4年になるアメリカの公認会計士です。
(バックグラウンドは過去ログ読んで。)

去年うちの会社でリストラがあったのは、このブログでチェックするとほぼ一年前のこと。
(月日のたつのは早いもんだ。)

そのあと、6月にうちの会社ではレビューという上司との面談があって、この一年や忙しかったタックスシーズンを振り返り、昇給が言い渡されるのですが、このことは思い出すとちょっと憂鬱になるくらいショックだったです。


タックスシーズンではかなり頑張ったつもりで、よく覚えてないけれどそこはちゃんと褒められたのだけど、昇給はパーセンテージでいうと4%以下で、そのときはあ、これが不況なのか。と思った。


さらに落ち着いてかんがえると、最初の年は7%、次の年はCPAに受かったので15%の昇給だったから、4%以下というのはガクンと落ちる感じがして、それなのにBump Up(増量)だよ、みたいな言い方をされて、さらにむかつきもしました。


で同じキュービクルのヘレンとクレアに「なんかちょっとがっくりきたー」と打ち明けたのだけど、そのあと彼女達は満足するような額をもらったみたいで、これは正直に言うんじゃなかった。ますます惨めになるじゃないか。と後悔の念であった。


そのあと私はすぐに産休に入り、3ヵ月後に復帰して、今考えると何もなかったように働いてるのですが、復帰後もちょっとやめたくなるようなことがあった。


10月のおわりごろヘレンとクレアは二人とも最後のCPAの科目に受かった。
彼女達は20代半ばで、私より一回り若いけど会計士歴はおなじくらいの同僚といえます。

スタッフと呼ばれる平社員として、私たちはキュービクルに押し込まれて、いつも軽口、無駄口たたいて仲良くしていたのですが、彼女達だけ突然オフィスが与えられ、別の階に行ってしまったのです。

彼女達はパートナーのWさんとMさんの下で働いていて、その二人の近くに移っていったということなのですが、6月のレビューの時点でヘレンが、1月のCPAライセンスが降りた時点でクレアが平社員からマネージャーに昇格したのです。

うちのファームでは原則的にフルタイムのマネージャーになるとオフィスがもらえます。

そしてエリート志向のパートナーのWさんとMさんらの目に留まる働きをしているヘレンとクレアは、着々とキャリアを重ねているわけです。

働きだけではない部分もぶっちゃけあります。

ヘレンはすらっとした美人で、クライアントのウケもかなりいい。
クレアは学者肌でキレるのと、パートナーWさんと親子のように馬が合うようで、平たくいえばかなり気に入られています。


そしていまだにマネージャーでもないし、オフィスももらえてない私は二人に取り残されてどれくらい落ち込んだかというと、彼女達と離れて寂しくもあり、小ショックではあったけど、彼女達と歳もちがうし、やろうとしている仕事の内容もちがうので、いまから考えるとそのときは変動を客観的にとらえていました。


でもやっぱり、彼女達はいったいいくらもらえてるんだろう!!!という思いはよぎりましたよ。(笑)


ヘレンとクレアの昇格とともに、スタッフのあいだで席替えがありました。

いろいろとシャッフルが起こり、私はまったく別の部屋にあるキュービクルに移され、ネイトというフィリピン人の男の子とキューブメートになりました。


そのキューブの位置はまえのキューブよりいろんなアメニティー、オフィス機器の位置等でかなり快適になり、これは現在に至るまでかなり満足な結果でした。

おしゃべり好きで、自称(というところがイヤ)敬虔なカトリックで、共和党で、お調子者のネイトも、毎日かおをあわせれば、意外とイイヤツ、というか情が移り、まあ仲良いバディにもなりました。


それぞれみんな気分一新前進したかのようでしたが、11月と12月とかなり落ち込む季節が待っていました。


仕事がぜんぜんないんです。

仕事がなければ一日会社で遊んでいられるかというと、そうでないのが会社なのですね。


あー、続きはまたあとで、になります。




クリックありがとう!ランキング参加中!?ここをおしてね→【人気ブログランキング北米 】

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。