スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウォレスとグルミット3本立て
Wed.08.03.2006 Posted in コメディー
8 comments 0 trackbacks
Gromit1
banner_02.gif

原題:Wallace & Gromit in Three Amazing Adventures

アカデミー賞アニメ部門に輝いた『ウォレスとグルミット/野菜畑で大ピンチ!』の、短編集ともいえるDVD。日本ではこのように3本立てになっているかしら?

Gromit_moon

ウォレスとグルミット、チーズ・ホリデー(1989)
(WALLACE & GROMIT: A GRAND DAY OUT)

Gromit_Knitting

ウォレスとグルミット、危機一髪!(1996)
(WALLACE & GROMIT: A CLOSE SHAVE )

Gromit_hands_up

ウォレスとグルミット、ペンギンに気をつけろ!(1993)
(WALLACE & GROMIT: THE WRONG TROUSERS)

粘土でできた犬、グロミットがメッチャ可愛い!それに尽きるアニメです。そうそう、邦題では「グルミット」、って呼ばれてるけど、「グロミット」です、どう聴いても。

飼い主のウォレスが「グローット」って「ミ」に力を入れる呼び方がなんともイイんです。

Gromit2



短編3本と、各1分くらいのスキットが8本くらいあるこのDVD。観ると、まずテーマ曲が頭にこびりつく。そして一言もしゃべらないグロミットを愛して止まなくなってしまう。

彼の表情で何を云わんかがすべて伝わってくるのよねー。独特の目とその上の額(ひたい)の部分に釘付けです。たれ耳の動きも可愛いいし、トコトコ(ペタペタかな?)と歩く音もまた可愛い。

Gromit5



それに引き換えウォレスという男、一体何歳なんだろうか?しゃべり方がイギリス英語だからか、妙に昔かたぎな感じだけど、おじいさんではないらしい。女性の前で照れたりしてるしね。

Wallace


信じられない発明をするのに、凄く「抜けてる」飼い主と、賢くて忠実なワン公。このパターンはのび太とドラえもんを思い出した。

Gromit4


なにはともあれ、上のエピソードの中ではやはり「ペンギンに気をつけろ!」が最高です。プロットも古いスパイ映画のようで、これが英国式のコメディー。そんな感じがする。

Gromit3


粘土アニメって、質感があって可愛いんだけど、「ピングー」って言うのもあった。ペンギンで思い出した。あれも言葉をしゃべらないペンギンがキュートだったなー。オスカー受賞の『野菜畑で大ピンチ!』早くNetflixでこないかなー。

いつも応援ありがとうございます!【人気ブログランキング、清きワンクリックお願いします! 】 banner_02.gif

スポンサーサイト

« またも再放送の『ロスト』 | Home | ジャーヘッド(2005) »

comments

はじめまして

はじめまして。日本在住、1歳2ヶ月の女の子のママです。育児中のため、思うように外出も出来ず、娘の眠る深夜、ブログで息抜きをしています。今、海外在住の方のブログをよく拝見していて、こちらさまにたどりつきました。ウォレスとグルミット、私、大好きなんですよ。もうかなり前のことですが、ボストンへ旅行した時に、ボストン美術館で出会ったんです。グルミットの可愛さに夢中で色々グッズを買った記憶が。(笑)あのアニメは、秀逸だと思います。また遊びに来させてくださいね。

グロミィ~~ット!

あのグロミットの表情に ヤラレますよね!!
私も グロミットが大好きで、この短編集で一気に『ラブ~♪』
ペンギンのやつで、オモチャの電車でも追っかけっこが たまんなくないっすか?? 線路をそっこーで組み立てる グロミットの驚異的な器用さ!!!

あと、羊がまたキュートでさぁ~、セーターを着たヒツジが かわいかったぁ~。。。

私も ウォレス&グロミットのグッズが欲しくなっちゃいました!!

野菜畑で大ピンチ

って、タイトルだけで笑えます。ズルイ!

日本にいたときに、地元の小さな映画館で3本立てでやってたのを観に行きました。あと、プッチンプリンのキャラに大抜擢されて、私はグッズを集めてた覚えが・・・とっておけば良かった。

“のび太とドラえもん”・・・納得です。
確かにあのアカデミー賞時のおじさん2人は、藤子不二雄みたいかも。

★彩ママさん

こんにちは~。東海岸へようこそ!そちらの夜中ということはこちらの昼間ですね。1歳過ぎた女の子は走るしおしゃべりになるし、毎日活発なんだろうな~。

ボストン美術館で「ウォレスとグルミット展」ですか?是非観てみたかったですねー。実際のセットや粘土の人形があるのかしら?グッズも売ってんたんですねー。いいなぁー。ステッカーとかあったらベタベタ貼りまくってるかも。(笑)

★きゃんでぃーさん

そうそう、「グロミィ~ット」って言うんですよねー。(笑)ペンギンのエピソードのおもちゃの電車、凄かったです。ものすごいアクション映画!あれをどうやって撮ったのか、何日かかったのか...考えるだけでもうーん、恐るべし。

羊さんたちも可愛かったですね。グロミットが編み物してるところも好きです。マジでグッズ欲しくなります。ネットで探しそう。(笑)

★raraさん

プッチンプリンのキャラクターだったんですか?日本ではまったく知りませんでしたよー。去年映画が出てきて遅まきながらお初にお目にかかった次第で。

日本でも3本立ての映画公開されたんですね。小さな映画館、マニアだなぁ。あれを大画面で見るのもいいですね。粘土の人形たち、作った人の指紋とかが見えそうだわ。

藤子不二雄とは上手いこといいますねぇ。スピーチで20年間声が変わってないって言ってましたが、20年も前からあるアニメなんですね。大発見。

是非みたいです

偶然この映画の話を昨夜弟としていました。
弟のところには2人の小さい子がいて、
この映画にはかなり釘付けだそうです。
ハウルの動く城を押さえての受賞だそうで。
かくいう私はハウルもグロミットもまだ
見ていません。ピングーはいつも飛行機の
中でみてました。雰囲気が似てますね。
同じ製作会社かな?

★ak1998さん

弟さんのお子さんも大好きなんですね!「ペンギンに気をつけろ!」はミステリー仕立てで大人でも「うーん、やるなぁ」とうなずいてしまいます。「野菜畑で大ピンチ!」もミステリーで、大人も楽しめると思います。

ピングーと同じ製作会社かどうかは分かりませんが、多分違うんじゃないかと思います。監督、脚本のニック・パークは「チキン・ラン」の監督もしたそうです。最初の作品「ウォレスとグルミット、チーズホリデイ」は監督一人の手作業で製作して、6年間かかったそうです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。