スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エターナル・サンシャイン(2004)
Tue.14.03.2006 Posted in 恋愛・青春もの
4 comments 0 trackbacks
Eternal Sunshine
banner_02.gif

原題:Eternal Sunshine of the Spotless Mind

この映画は何度見ても泣いてしまう。
というか、泣きたいがために見てしまうといっても良いです。昨日は彼氏と観て二人して泣いてました。(笑)アメリカでも、日本でもこの映画のファンは多いと思う。その魅力はなんでしょう?

大好きな映画だとあれこれ云いたくなってうまく書けない典型パターンに陥りそうな予感だけど、まず第一にジム・キャリーの押さえた演技が好き。この人は面白いけれど始終見てると疲れます。お笑いパワー炸裂の演技よりも、シリアスで、静かで平凡な役柄が却って心にずっしりとくる、というパターンかな。

そしてケイト・ウィンスレット。彼女はイギリス人なのにアメリカ英語の上手いこと!上品な貴婦人系(「タイタニック」とかね)だけでなく、クレイジーでクールで、強引なニューヨーカー姉ちゃんもやってしまえるのってタダタダ尊敬。
ジム・キャリーが本気でビックリした反応を見せるアドリブの演技も引き出したりして、役柄の「クレメンタイン」以上にツワモノと見えます。

脇役陣もいいし、巻き戻しのようなプロットもいいのだけれど、「脳から記憶を消す」という施術が極めてルーティンで事務的に扱われているところが面白い。

プロシージャを行うテクニシャン(マーク・ラファロ、イライジャ・ウッド)も、コンピューター系のテク・サポートのオタク君達みたいで、軽くビールを飲みながら、機器の電源のコードを確かめたりして、そんなんでいいのか?おいおい、って笑って流してみちゃうんですね。

個人的にはジム・キャリーの運転する車が中古のカローラで、私の車の一個前のモデルで色まで一緒ってところが親しみが湧きます。(笑)シェビーのようなアメ車を使わないところがハリウッドじゃないな、いいぞ!あれはきっとスタッフの車かもな。

その他、音楽にも泣かされる。消されていく思い出のなか、部屋の中で雨が降ったり、サーカスの象が現れたり、恋人と雪合戦をしたり、、、そんなシーンの連続に、もう泣いて泣いてしょうがないのよ。なんでだろう!!!

また半年くらいしてこのDVDを引っ張り出して泣きの鑑賞をした後、またブログに書くかもしれません。シネマガールの泣きお薦め。

いつも応援ありがとうございます!【人気ブログランキング、清きワンクリックお願いします! 】 banner_02.gif

スポンサーサイト

« 暴れ母パンダ | Home | セクレタリー(2002) »

comments

ケイト&キルステン

どちらも好きな女優さんです。顔立ちが?
もちろん女優さんは皆美人なんだけど、特に好きな系の顔。両方一緒に出てくるんでうれしくなって見ちゃいました。
キルステンの方はもうちょっといい役にしてほしかった。(泣)
ケイトもほんとーうに美人で、シーンごとに髪の色が違ってびっくりなんだけど、特に深い青と紅色の時がステキですね。かわいい彼女なのに、何で別れちゃったんだろう?
お互いつらくって記憶を消す施術をするっていうのがちょっとせつないですね。

ジム=キャリー好きなんですよー

この映画は知りませんでした。
今度戻ったらDVDで見てみたいです。
私は好きなのに、彼はジム=キャリー嫌い
なんですよ。コメディー以外もやってるのにねぇ。

★ちばさん

こんにちは~。好きな女優さん二人も出てる映画なんて嬉しいですね。キルステンの役はいい役だったと思いますよ。彼女とクリニックの先生の伏線が予想に反してよかったです。
ケイト・ウィンスレットって本当にステキですねー。特典映像でジム・キャリーと本読みのときから息がピッタリだったのが印象的です。付き合って2年目くらいで、倦怠期がきたカップルには初心に戻らされるような映画ですね。

★ak1998さん

ジム・キャリーが好きなら絶対借りてみてください。普通の映画と違うから。私も彼あまり得意じゃないけど、この映画と「マスク」だけは大好きなんです。彼特有のフィジカルな弾け方はあまり見られませんが、どちらかというと内気な男性も演じられるって凄いです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。