スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レイヤー・ケーキ (2004)
Wed.22.03.2006 Posted in 犯罪・ミステリー
4 comments 0 trackbacks
Layer Cake
banner_02.gif

原題:Layer Cake

次期ジェームス・ボンド役が決まったダニエル・クレイグ主演のヤクの売人物語。彼のボンド役にかなり不満な007ファンが多くて反対サイト「クレイグ・ノット・ボンド」 ができてしまったほど。

そこまで反対しなくてもいいじゃないの?って思う。誰がどこから見てもハンサムなピアース・ブロスナンに比べたら、クレイグはちょっと見劣りするだろうけどさ。

彼はキュートなときとそうでなく見えるときがあるんだよね。でも7割方いい男に見えるからいいじゃないのさ。ヴァル・キルマーのバットマンより合ってると思う。きっと。

さてさて、本作品ですが、「オモシロムズカし」でした。英国映画なので、もちろんキャプション付きで見たけど、ヤクザなスラングは難易度高いっすね。でも犯罪モノが好きな方は必至。ハリウッドとは違う見せ方が心地いいです。

コカインだかヘロインの売買を中心に、利潤が絡むチンピラからマフィアのドンまでが交互に出てきて、今回2度目に観る彼氏に助けてもらいながらプロットを理解したんだけど、そういうのって余計もう一回見たい!と思うのよね。

クレイグ演ずる主人公は外見もスタイリッシュな感じのするプロのドラッグ・ディーラー。警察や法規に関しては注意を払い、目立つような行動はせず、信用第一でコツコツと大金をためてきた。もうこの辺でこの世界からも足を洗おうか、というところに、最後の取引が入ってくる...

ストーリーは淡々と、しかもスリリングに進んで、最後までどうなるのか、誰が誰の見方なのか?あの女(シエナ・ミラー)はスパイじゃないか?なんて、ドキドキしながら楽しめる娯楽モノ。薬物取引を賛美している、と賛否両論を呼んだらしいけれど、Disagreeですね。

ダニエル・クレイグは、スムーズな中間人(ミドルマン)を、カッコよく、ちょっと泥臭く、そんでもって人間味のある男に演じています。カリスマもあるし、気の弱い感じのする人間にもなれる。ボンド役も新しいキャラに仕立ててくれるのを期待してしまう作品です。

いつも応援ありがとうございます!【人気ブログランキング北米 】
スポンサーサイト

« スーパーサイズ・ミー (2004) | Home | デイヴ・シャペルのブロック・パーティ (2006) »

comments

こんにちは~☆シネマガールさんはイギリス映画も結構見ているんですね!イギリスびいきの私としては見ないわけにはいかないわ!(主人はイギリス英語は何言ってるのかわからん!とか言いますけど!)再就職してから時間がなくて、一度に3本のNetflixプランに変更した私達でございます。見たい映画、沢山あるんだけどなぁ・・・。これからも色んな映画のレビューお願いしますね☆

見たよぉ~~!!

これも見た見た!!!(^▽^)/
題名と映画の内容が結びつかなかったし、見終わった後に私の頭の中が『?(はてなマーク)』でいっぱいで、、よくわかんない映画でした。。(^^;;

私も彼のジェームス・ボンドをけっこう楽しみにしてる! けっこう良い役者さんだと思いますわ!! 
ボンドファンにとっては 何が不満なんでしょ? 

★Akikoさん

イギリスの映画って掘出し物(?)が多いんですよねー。旦那様とご一緒に是非見てみてください!ちょっと男性向きかもしれません。お仕事毎日フルタイムなのにNetflix3本とはなかなかハイペースですよ。こちらこそお薦めの映画ありましたら、ご伝授願います。

★きゃんでぃーさん

ご覧になってましたか。流石です。きゃんでぃーさんには完全に見る本数負けてる気がします。(笑)この映画、ハテナマークが多かったです。特に最後の2分で畳み掛けるような展開でしたね。

彼の007私も楽しみ!声は完璧合格ですよね。もちろん、ショーン・コネリー以外にはありえないけど。(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。