スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12人のパパ 2(2005)
Mon.10.04.2006 Posted in コメディー
0 comments 0 trackbacks
cheeper_by_dozen2
banner_02.gif

原題:Cheaper by Dozen 2

同じスティーブ・マーティン主演の『花嫁のパパ』にあやかったこの邦題は的を得ているかもしれない。

とにかく12人の子供達、双子を除いて誰もお互い似ていない。
アドプト(養子)かもだから文句いいっこなしね。

シリーズ第2弾ということで、この手のジャンル(ファミリー映画?)では人気だったのか、売れたのかな。

『アメリカン・パイ』のゲジゲジ眉毛のお父さんだった、ユージン・レヴィは『女神が家(ウチ)にやってきた(Bringing Down the House)』にも出ていて、スティーヴ・マーティンと仲いいのかもね、との思いがよぎりました。

ファミリー向けだけど、小学校低学年の女の子達のカリスマ、ヒラリー・ダフと、『ヤング・スーパーマン(Smallville)』のトム・ウェリングを出しているところに、ハリウッドの策略を感じますですね。

いつも応援ありがとうございます。【人気ブログランキング北米 】
スポンサーサイト

« すてきな片思い(1984) | Home | トリスタン&イゾルデ(2006) »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。