スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ステップ!ステップ!ステップ!(2005)
Thu.20.04.2006 Posted in ドキュメンタリー
0 comments 0 trackbacks
madhotballroom
banner_02.gif

原題:Mad Hot Ballroom

ニューヨークの公立小学校で社交ダンスを習う5年生の子供達と先生のドキュメンタリー。

とにかく、子供達が文句なしでかわいい!
まだティーンじゃなくて、でも分別のついてきた年齢がとにかく魅力的です。

「ダンスはメレンゲが好き。先生に上手いわねーって褒められると楽しいわ。」

「女の子は嫌い。いつもボスになりたがって、自分が一番上手いと思ってるんだ。」

「男の子達が私達に興味があるのは知ってるわ。でもしばらくはデートには興味がないわ。」

なんて生の声が聞こえてきて、笑っちゃうと同時に懐かしくなったりもする。

5年生といっても、飛び級があるアメリカでは10歳くらいから12歳くらいまでがいて、身長も体重も様々。
160cmくらいの女の子と100cmくらいの男の子のペア、なんても出てくる。

そして移民(中国、東欧、イタリア等)の種類が多いトライベッカ、ドミニカ共和国移民が90%を占めるワシントンハイツ、など、人種のるつぼニューヨークの縮図のような小学校がまた面白い。

家庭事情が複雑な子供、英語が話せない子供、非行に走りそうな子供。
そんな子たちが、ダンスを通して自分の道をみつけていく。

そしてダンスを子供達に教える熱血先生方。

子供達の成長ぶりに思わず涙してしまったり、注意するときはスペイン語になるバイリンガルの先生、非行に走らないよう子供のお手本となろうとする若い先生、など、こちらも多彩でエネルギーにあふれている。

昔ウッちゃん、ナンちゃんがラテンダンスに挑戦してたけれど、あのときの熱血先生のノリを思い出した。

体育の選択科目に社交ダンスを取り入れているのは、さすがニューヨーク、というカンジですが、子供達は最初からダンスに興味があるわけではなく、練習するうちに、ダサい(lame)からカッコイイ(cool)に変わっていくところが、作られていない「メイクドラマ」であります。

115

10週間のクラスの最後に待っている、ニューヨーク市全校参加のコンテストへ向けて、代表チームの選抜、練習、衣装えらびなどの様子をカメラが捉える。

決勝に出場する子供達は、やっぱりラテン系が多くて腰の関節が日本人よりも多くて反則なんじゃないか、と思うくらい。

特に女の子たちはすでに妖しげな動き&ステップをマスターしていて、5年生とは思えない。

ダンスものが大好きなシネマガール、彼らの可愛いダンスに魅了された2時間でした。

いつも応援ありがとうございます!【人気ブログランキング北米 】
スポンサーサイト

« 売春窟に生まれついて (2004) | Home | ディック&ジェーン 復讐は最高! (2005) »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。