スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ユー・キャン・カウント・オン・ミー (2000)
Wed.10.05.2006 Posted in 人間ドラマ
2 comments 0 trackbacks
You_can_count_on_me
banner_02.gif

原題:You Can Count on Me

ローラ・リニーマーク・ラファロの姉と弟の物語。

私も弟がいるもんで、身につまされるようなシーンもありつつ、主演二人とも実力派の俳優さんだけにハートフルなコメディ/ドラマに仕上がってて、楽しめると同時に反省する機会もあたえてくれました。
サンダンス映画祭作品賞受賞。

アッパーステート・ニューヨークの小さな町で、姉は銀行の管理職として働きながら一人息子を育てるシングルマザー。弟は云ってみればルーザー君で、放浪を続けながら行く先もなく故郷の姉に小銭を借りに帰ってくる。

再会をお互い喜ぶもつかの間、ケンカになってしまうところが、やっぱり姉弟(きょうだい)。毎回帰郷するたびに弟とケンカしてるのが恥ずかしく思い出されるシネマガールです。

ローラ・リニーは『ラブ・アクチュアリー』でもお兄さんとの愛情を描くエピソードにでていた。普通っぽくて、思慮深くて、傷つきやすいけれど芯のあるキャラクターがいつも魅力的で、彼女の作品をこれからもチェックしたいところ。『エミリー・ローズ』にもでてますね。

さて彼女と絶妙なコメディーを演じたのが、マシュー・ブロデリック。
彼が出てきたの意外だったけど、監督とお友達で最初に役が決まったのは彼だったそう。『フェリスはある朝突然に』の時のチャームは変わらず、相変わらずトッチャン坊やだったなぁ。彼が出るシーンは必ず笑いの保証ありです。

Linney
マシュー・ブロデリックとローラ・リニー


もう一人キーなのが、リニーの息子を演じるローリー・カルキン。ご存知マコーレー・カルキンの弟クンで、7人いる兄弟の末っ子です。子供ながらに淡々とした演技はやっぱりマコーレーを思い出しちゃうけど、血筋がよい、ということかな。

mark
マーク・ラファロとローリー・カルキン

カルキン弟とラファロの“甥&叔父”りレーションシップが発達するにつれて面白くなってくるところも注目。二人とも淡々としてて、ホノボノ。ルーザー叔父の一部いい加減な人生の教訓ってのも聞いててためになるってのはフウテンの寅さんに通じるかも。フラフラしてるくせに教養があるような口を利く叔父のラファロ。

最後の方にかけてちょっとライフタイム・チャンネル(女性専門のドラマ)っぽくなってしまうが、全体的にはバランスの取れた良質のドラマです。家族のヒューマンなドラマが見たい方、お試しください。

いつも応援ありがとうございます!【人気ブログランキング北米 】
スポンサーサイト

« ユニクロ in NJ | Home | ミッション・インポシブル3 (2006) »

comments

こんにちわ~またおじゃましています★
この作品まだ見てないんですがとっても豪華なキャストなんですねーマーク・ラファロ最近よく見かけますがお気に入りの俳優の一人です。2000年ってことはまだ彼がブレイクする前なんですね!さっそく見たい映画の候補になりました~
また遊びにきますね!

★akkyさん

こんにちは~!またまたようこそ~。マーク・ラファロやっぱりお気に入りですか?彼は演技派ですよねー。ブレイクする前、っておっしゃいましたakkyさん、目の付け所がさすが玄人ですねー。ブレーク前の彼、いまと変わらずイイカンジですので是非チェックしてみてください。そちらにも遊びに行きますね~。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。