スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スイミング・プール (2003)
Tue.06.06.2006 Posted in 犯罪・ミステリー
4 comments 0 trackbacks
swimming pool
banner_02.gif

原題: Swimming Pool

レンタル屋に行くたびに気になってたんだけど、見そびれてた作品だった。

映画が始まると、アメリカの映画ではなくて、イギリスの映画だったんだー、と分かり、シネマガールの期待は膨らみました。ありきたりのハリウッド映画じゃなさそう、っていう期待。

でもでも、ポスターに出てくる明るいプールはイギリスじゃなさそうだし、ビキニ・ギャルはカリフォルニアっぽいぞ、と思ってるうちに作家であるイギリス人の中年女(主人公)がフランスに旅し滞在することになり、フランス映画に変更でーす!ってフェイント食わされたが、これも嬉しい。

明るい太陽と緑が美しい南仏の田舎。ビキニギャルとスイミング・プールがピッタリよ!と思いきや、今度は怪しい「家政婦は見た」的な推理系のトーンになってくる。

ここでシネマガールのフランス映画に対する永遠の疑問。
フランス映画に出てくるエロ男ってなんであんなに不細工なのかね?
そしてフランスの美少女はなんでハゲでデブで年の行った男達と寝るのかな?

話は戻って、推理系ですが、ネタをバラすと、なんかこの映画、最後になって今まで観たののどこが現実?どこが幻想?わからんよ!誰か教えてくれー。という感じです。

ひょっとしたら映画全部が幻想かとも思える。それは見る人の想像にお任せ。
シネマガールの苦手分野なんですよねー。白黒つけたいの。私。

いかにも危険な「官能」がテーマって感じのポスターに惹かれた男性陣は、この映画どう思ったかなー。
テーマとしては「中年女の更年期障害と葛藤」って感じで、拍子抜けするんじゃないかしら。

この中年女の主人公、プライド高くて、イジケてて、服装もダサダサのおばちゃんだけど、ツワモノかもしれない。ビキニ・ギャルよりエロチックに変身します。


クリックの方よろしくねん!【人気ブログランキング北米 】
スポンサーサイト

« グリーンカード、指紋採取の召喚状きたる | Home | 映画のレーティング »

comments

わははーおもしろい

いやー、久々に良いものを読みました。いいですねー、この感想。素直でいいです。うん。
往年のセクスィー女優シャーロット・ランプリングに、「家政婦は見た」、イジケてて服装もダサダサって、なかなか昔を知ってしまうと言えないモンです。でもそう思わせる演技をしたランプリングがやっぱり演技派ってことなのかしら。
そうなの、南仏はこんな感じで太陽がいっぱい。カリフォルニアより素敵だったりするのですよ♪
ちなみに、フランスのエロじじいの魅力は・・・マダームと同じでどんなに年齢がいってもセクシーさを忘れないからかしら?うーん。

★ことりちゃんさん

そうそう、ランプリングはかなりの演技派ですねー。この中年ライター、市川悦子入ってました。往年のセクスィー女優だったのかー。そういえば、ドキュメントの『デヴラ・ウィンガーを探して』でも今思うとインタビューされてました。アクセントがカッコよかった。語学も堪能ですよね。
この映画、マニアックなのか、コメントゼロだったので、ことりちゃんさんの救いのコメント、メッチャ嬉しーっす!

実は面白くなかった・・・

あはは、「マニアックなのか、コメントゼロ」って言い得て妙です。
うん、多分日本人のフランス映画好きな人には受けないと思う。かろうじてアメリカで上映したけど、こんなヘンなのばっか上映して肝心のもっと面白い(コメディーも含めて興味深い、という意味)フランス映画を全然上映できないヘナチョコなアメリカの映画会社のレーダーにしか引っかからない作品だと思います。それもまた偏見といわれればそうなのかもだけど・・・

★ことりちゃんさん

この映画は「えせフランス映画」っぽいのはなんとなく伝わってきました。私も「アメリ」ぐらいしか知らないので恥ずかしいですが、Netflixにもフランス映画少ないですよねー。興味深いフランス映画、いま二つキューに入れてますが、unavailableのままです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。