スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マグノリア (1999)
Fri.23.06.2006 Posted in 人間ドラマ
12 comments 0 trackbacks
magnolia
banner_02.gif

原題:Magnolia

ちょっと古い映画です。
今までちゃんと観たことがなくて、昨日じっくり3時間見た感想をイチオウ残しておきたいので。

前に見たのはずいぶん前、当時デートしてた相手のうちでレンタルして見てたんだけど、カウチの上でメイクアウト(キスのことっすよ)が始まってしまって観られなくて至極残念だったのです。(旦那にはいえない話。)

そのときは気がついたら最後にカエルが大量に空から降ってくるシーンでした。カエルが空からって、何だよ。ちゃんと観たら意味が分かってたかもしれないのにー。と思ってたが、今回もわかりませんでした。

「どこにでもありうる話」を5個程一晩に一つの町で起こらせるとなんだか神秘的に見えてしまうんだな。登場人物は微妙に少しずつ関連し会っていて、「SIX DEGREES OF SEPARATION=世界は6人以内でつながっている」という理論を思い出しましたね。

6人隔てて世界中の人が知り合い、なんてことあるのかしら?そういうの信じたいのだけど。

死を目前にした初老の男二人の後悔の念が両方とも「妻を裏切って浮気した」ってのがシネマガールには同情しがたいです。一人は娘にも悪戯してたしね。なんともスキャンダラスって感じで安易とも思いました。

「パッとしないけど、善良な」警官だったジョン・C・ライリーには思いっきり共感。どんな人よりもマトモなのに報われない人生。『シカゴ』でも『グッド・ガール』でもそうだったですね。彼。こういうのグッときちゃいます。

アンサンブル・キャストの中では、やはりフィリップ・シーモア・ホフマンがいいです。死の床に伏すTVプロヂューサーを看るナース役、健気で愛さずにはいられなかった。人のうちの飼い犬4匹にも慣れた様子なところ。自然で好き。この人はキモワル系も巧いし、サイコ系、オタク系、ヒッピー系、何をやっても愛してしまいます。

今思うとホフマンとトム・クルーズの共演は『MI3』が最初じゃなかったのですね。

『トランスアメリカ』のフェリシティ・ハフマンも地味に出てたの、後でしりました。彼女の旦那(ウィリアム・H・メイシー)相変わらず『ファーゴ』の雰囲気を称えてましたね。

最後に質問。マグノリアって木蓮のこと?

クリックどうぞ! ハイ!→【人気ブログランキング北米 】
スポンサーサイト

« テイク・ザ・リード(原題)(2006) | Home | フォッグ・オブ・ウォー マクナマラ元米国防長官の告白 (2003)  »

comments

こんにちは~2度目のコメントのcozyleeです。
全然映画とは関係く、SIX DEGREES OF SEPARATIONについて…。2年くらい前のTV番組で『南アフリカの一番下の都市(だったと思います…)の通りがかりの人に、”あなたはこの人を知っていますか?もし知っていたら紹介してください。もし知らなければ知っていそうな人を紹介してください”と頼んで、何人目に笑福亭鶴瓶にたどりつくか』というものすごくばかばかしくも壮大なチャレンジをしておりました。
結果、「いや~その人は知らないけど、向かいの島に住んでる俺の友達だったら紹介できるぜ~」みたいなのから始まり、50数人目でちゃんと笑福亭鶴瓶・本人にたどりついたのです!
なんかすごくないですか~?人のつながりってステキ~…と妙に感動したことがあります。

最近見た映画の中で一番純粋に「あーおもしろかった。」と感じたのは『コニー&カーラ』でした。
あまりにも安直な展開なんですけどね。ま、その安直さがウリの映画なのかもしれないですが。

マグノリア

マグノリアって「くちなし」だと思いますよ。
あるいは、ハワイによく咲いてる、白い花びらで真ん中が黄色いやつだと思います。

マグノリアは全体が長いのでなかなかみてません。20くらいの話がつながった映画だったっけ。

マグノリアという名の映画制作会社はこの映画と関係ありでしょうか?気になってます。

★cozyleeさん

こんにちは~☆
50数人目の話、テレビ見てなくてもちょっと感動。日本国内だったらもっと少ない人数でいけそうですね。
『コニー&カーラ』、予告編で注目しました!二人とも実力ある女優ですね。おもしろいんですか。見てみよう。キューに入ります!

★ちばさん

そうかぁ。くちなしかぁ。話は20もないと思いますが、登場人物はそれくらいいるかも。プロローグで出るエピソードも数えたらもっとになりますね。コアなファンがいる映画ですが、そこまで引き込まれるには至りませんでした。満足いく終わり方でもなかったのが原因かも。

モクレンじゃない?

あー、コレも見逃してます・・・ほんとそんなんばっかですねー。

ところでアメリカと日本じゃモクレンの見た目が少々違うのですが、マグノリアはやっぱりモクレンです。モクレンはモクレン科。くちなしはcape jasmineとかgardeniaといってあかね科です。確かにこの映画に使われてる花は見た目くちなしに似てますね・・・

以上、草花博士の娘より

>ことりちゃんさん

あっそうかも。モクレンですきっと。

・・・というのは、前のコメント書いてから、「Buena Vista Social Club」で「Dos Gardenias」(くちなしの花)という歌があったのを思い出しました。

お父さんは草花博士なんですか?素敵ですね~。
アメリカの木蓮は花がいっぱいついてキレイだな~と思います。

★ことりちゃんさん

草花博士の娘様、どうもありがとうございました。やっぱ木蓮かぁ。昔「夕陽丘の総理大臣」で神田正輝が‘もくれんさん’という後輩教師の役で出てて、それと同じか、気になってました。(笑)草花博士には到底及びませんが、庭オタクに将来なれたらな、と思っています。

★ちばさん

Buena Vista Social Clubはこの前ダラーストアでビデオを買ったのですが、まだ見てません。みなきゃー。そうそう、『マグノリア』では出てくる部屋すべてにマグノリアの絵画が飾ってあるそうです。いつか見たとき注目してみてください。

これ、好きなんですよ。

PTアンダーソン大好きです。
この前の休みも観てしまいました。
もう、5、6回みてますかな。
なんだか、ひきこまれますね。この作品。
チュしたのは、旦那さんでなっくてだれですか?

マグノリア

 ワー実はこれ見てません。いつか見ます。(汗)
マグノリアはかなり大きい木ですよ。木蓮は木蓮ですが、花は大きいし、レモンのようなにおいがするし、常緑樹なので好きです。
日本の庭には大きすぎて植えるのは無理かな。葉もつやつやしていてきれいです。(趣味は園芸です。素人ですが色々植えまくってます。)

★とくさん

PTアンダーソンのファンでいらっしゃいましたか。
カルトなファンがいる監督ですよね。
『パンチ・ドランク・ラブ』良かったですね。
『マグノリア』5~6回見てるんですねー。色んなセリフに深い意味があって、観るたびごとに発見がありそうです。
チュしたのは、その当時知り合ったナイジェリア出身の男の子でした。極秘ですよ。

★misaoさん

マグノリアと木蓮は違うんですか?
蓮の花が木についているような感じの木は、みんな木蓮=マグノリアだと思ってました。
アメリカには多いですよね。
misaoさんも園芸マニアでいらっしゃいましたか。
憧れるなー。うちは庭、というほどのものがありませんが、色々植えたい!
どんなものを植えてらっしゃるのかな?
お庭拝見したいですー。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。