スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Queen Victoria 至上の恋 (1997)
Thu.06.07.2006 Posted in 人間ドラマ
0 comments 0 trackbacks
mrs. brown
banner_02.gif

原題:Mrs. Brown

地味~な映画を最近3本立て続けに見た。
第一弾は007の「M」役で有名なジュディ・デンチが19世紀のヴィクトリア女王に扮した恋愛&ドラマ。

18歳で即位、20歳で結婚したヴィクトリア女王が、夫の病死後、悲しみのあまり何年も地方の城で喪に服した頃のお話。当時42歳。

そこに故夫アルバート公の従僕だったブラウンという厩の従業員が呼ばれ、女王の乗馬のお供をすることになるうちに、友情が芽生え、秘められた恋に発展していく...という実話にもとづく中年のラブストーリー。

ちょうどイギリス映画の『ハワーズ・エンド』や『日の名残り』、『ゴスフォード・パーク』と共通するような「ストーリー&天候ジメジメ」系で、演技も脚本も素晴らしいのだろうが、教養のない私は辛かった。

ブラウンのスコットランド訛り、分かりにくいよ。うちの旦那は歴史が好きなので面白がってやがった。当時の首相ディズレイリも出てきて、政治的な話を喜んで聞いていた。しらないよ、そんなこと。

みどころは40代半ばのヴィクトリア女王を、60代のジュディ・デンチが演じたところでしょうか?

このデンチおばさん(おばあさん)、2~3年に一度007に出てるほか、一年に1~2本はメジャーな映画にも出演してて、精力的です。

年配で、カリスマ・貫禄のあるイギリス女性の役は全部彼女に行ってる感じ。
「恋におちたシェイクスピア」、「ショコラ」、「プライドと偏見」、「ミセス・ヘンダーソン・プレゼンツ」などなど、プロフィールみたらもの凄い本数だった。大人気ですね。恐るべし。

ヴィクトリア女王役もビッチ振りが板についてました。
「わたくしより賢いなんて思う人は許しません!」なんてセリフが次から次です。

従僕役のビリー・コノリーは『ラスト・サムライ』にも出てるらしい。誰役だっけ?

クリック、いつもありがとう!→【人気ブログランキング北米 】
スポンサーサイト

« スプリング・フォファード(原題)(1999) | Home | スーパーマン・リターンズ (2006) »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。