スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マスター・アンド・コマンダー(2003)
Sun.30.07.2006 Posted in アクション
4 comments 0 trackbacks
master and commander
banner_02.gif

原題:Master and Commander

「広大無辺な洋上を舞台に、伝説的艦長と少年兵士たちの絆と成長を迫力の映像で描いたスペクタクル・アドベンチャー」だそうです(allcinema)

上映当時これを観ようと映画館に入ったけど、結局友達がウィル・フェレルの『エルフ ~サンタの国から来た』を見たいと言い出して、今まで観そびれてたのでした。『エルフ』はそれなりに能天気コメディーでよかったんだけどね。

さて、『マスター・アンド・コマンダー』ですが、正直いうと最初の導入は眠くなったが、後半興奮の連続で、いい感じで終わるので、頑張って最後まで観ることをお薦め。
特に、ガラパゴス諸島の様子がホノボノで、行ってみたくなるなー。

ラッセル・クロウもよしだが、ポール・ベタニーが神がかり的でしたね。昔の丸メガネを掛けた医者がピッタリで、科学オタクなキャラも愛着が湧いてきた。

同じ人が『ダ・ヴィンチ・コード』のサイラス役とはおもえまへん。


paul bettany
ポール・ベタニー

ストーリーは、至って純粋で、先が読めるほど単純かもしれない。
戦闘、作戦、冒険、などなど、オトコの世界にドップリと漬かりたい人にお薦め。女性のキャラは一切出てこず、気持ちがいい程「男」です。

今回観るのが二回目という旦那は、歴史&戦闘モノが好きなので楽しそうに見ていた。


原作では、英国軍の敵はアメリカなのだけど、ハリウッド作品だからフランスのナポレオン軍を仇と設定してある。フランス、メチャメチャ悪者で、フランスで上映したら大変だろうなー。したのかな?といらぬ心配をしてみた。

ガラパゴス諸島での映画の撮影は始めてだそう。すげー行ってみたい!
珍しい動物達の観察&採集がしたくてたまらないベタニー医師の様子がシネマガール的には気に入りましたね。

弦楽器のクラシカルな音楽の余韻もよい感じの、「おとこ映画」であります。

クリックしてください!また頑張ってかくぞー!→【人気ブログランキング北米 】
スポンサーサイト

« マイアミ・バイス (2006) | Home | 砂と霧の家 (2003) »

comments

ガラパゴス

「マスター&コマンダー」ってガラパゴスが出てくるとは知らなんだー。
友人は半分仕事でガラパゴスのダーウィン研究所に2週間行っていたことがあるそうです。今やエコツアーも出ているし、エクアドル本土でトレッキングなども出来るそうです。楽しそう!

フランスもアメリカ嫌いだから、いい勝負かもしれませんね??

これ、映画館で見たよ~!

主演のラッセル・クロウお目当てに行ったんだけどね、船に乗ってる子供たち(少年兵?)が かわいくって~~♪
子供たちが一生懸命船を操ってるのが とっても勇ましかったっけ。。。(^^)

不思議な見たことも無いような動物を観察するシーンも よかったね!

★ちばさん

お友達はラッキーですね。ダーウィン研究所とは、進化論のダーウィンが作ったのですかね?

ガラパゴスのシーンは和みました。ナナフシとかでてきます。爬虫類のイグアナが泳いでいたり。戦闘に疲れた船員や兵隊達がはしゃぐ様子もよかった。
戦闘シーンは結構リアルです。手がぶっちぎれたり、、、こわっ

★きゃんでぃーさん

映画館でごらんになったんですねー。大スクリーンだと迫力も違っただろうなー。少年兵のエピソードは良かったですね。将来の将校候補らしく、希望に満ちていて、勇敢で、胸をうたれます。
動物の観察のところが一番お気に入りでした!鳥が珍しくて撃ち落とそうとして、医者を撃ってしまって、全くオイオイって感じですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。