スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マイアミ・バイス (2006)
Mon.31.07.2006 Posted in 犯罪・ミステリー
8 comments 0 trackbacks
miami vice 2006
banner_02.gif

原題:Miami Vice

観なくてもよかった。
そんな気はしていたが。

今日、キアヌ・リーヴスとロバート・ダウニーJr.の『スキャナー・ダークリー』と迷って、こっちを取ったのは、ミステイクだったかも。

テレビ・シリーズのマイアミ・バイスは余り覚えてないけど、今でも時々ケーブルで再放送してて、音楽はわかる。
あの80年代のサウンドと、恥ずかしいパステル系ファッションがそれはそれでいい感じなのよね。

2006年映画バージョンは、あまりジョークもなくてシリアスで、複雑で、眠くなり系。
シリアスなのに、コリン・ファレルのこの髪型、これがね、シリアスじゃないでしょ。


colin farrell
コリン・ファレル

80年代のドン・ジョンソンだって、さっぱりしてたのに、この長髪。
一部の白人の方がやってらっしゃる“マレット”じゃないかと思いました。

mullet
マレット=襟足だけ長い髪形


強風にあおられても、頭の部分はピッタリとしてて、後ろ髪だけなびくのはなぜかしらー?
気になるー。(笑)

それにこの髭ヅラ、アメリカのポルノ男優系とネットでは言われてたよ...
思いっきり濃くって、セクシームード漂わせたつもりのシーンの繰り返しもくどいよ。疲れた。

コン・リーの演技はフラットで、ファレルとの絡みも???だけど、40歳とは思えない若さは憧れました。

gong li
コン・リー



ストーリーは複雑で混乱するが、執拗に追う必要もなかった。
あまり重要じゃないです。というか映画自体、重要じゃ、、、なんて、リビューとしてはなっちゃないね。

期待していた音楽も、マイアミ・バイスのテーマソングなんかは流れず、現代風だった。
見に来てたお客さん、殆どがTVシリーズを期待してきてたような年代だったな。
残念だったねー。

一つ良い点を云うと、ジェイミー・フォックスはオトコに磨きがかかっていた。


jamie fox
ジェイミー・フォックス


流石、オスカー俳優だよ。

全体では「お、すげっ」とタマゲる箇所が2~3コあり。
そこをお楽しみに!


クリックどうもありがとー!→【人気ブログランキング北米 】
スポンサーサイト

« 窓屋2号に決定 | Home | マスター・アンド・コマンダー(2003) »

comments

Miami Vice

 ウーン。私はもろアクショーン物はちと苦手だし、(SF、とかファンタジーとか歴史モンとかコスプレ入ってれば大丈夫)予告見る限り、コテコテという感じで避けましたが、なるほどねと。
 私コリン・ファレルは苦手なんです。コリン・ファースの方は好きですが、(誰も聞いてない)多少濃いのは好きですが、(バンダラスとか)あそこまでいくとちょっと・・・・そうそう軽いアクション刑事物なら好きですが。最近減りましたね~。「ラッシュ・アワー」位しかないような・・・

『スキャナー・ダークリー』

『スキャナー・ダークリー』は観なくて後悔するような映画ではありませんのでご安心を。 
ていうか、さっぱりワケが解りませんでした、ワタシ。 DVDを借りて3回ぐらい繰り返してみないとダメな映画です。

★misaoさん

コリン・ファレル、私も苦手。
濃いですねー。
「コスプレ入ってれば大丈夫」っていうコメント、ナイスです。
『マイアミ・バイス』はコテコテしまくってもうおなかいっぱいでした。(笑)
『ラッシュ・アワー』のような軽さが少し欲しいですね。

★sycoさん

sycoさんの『スキャナー』のリビュー読ませていただきました。訳が分からないんですね。
解説先にネットで読んでから見に行こうかな。
そうそう、『マタドール』のリビュー、アップされてますねー。読みたいけど観るまで待ちます。キューの上のほうに上がってきてますんで。(笑)
sycoさんがちゃんと本式リビューを書かれてるってことはいい作品なんですね。ますます期待!

今日、試写いってきました。(感想付き)

マイケル・マン監督「ヒート」△「インサイダー」?「コラテラル」トムクルーズのズラ変×「マイアミ・バイス」コリン・ファレルのロン毛&むさい口髭、全然変、誰か止めなさい。なーんか、マイケル・マン監督とわしはあわないな。全米初登場No.1だが、翌週にはとっととジャック・スパロウに陥落させられる。マイケル・マンにとっても一週間の成績過去最悪の作品らしい。この監督さん、どの映画も叙情的なんだよな。派手じゃない。コリン・ファレルとジェイミーフォックスで日劇1(東京で1、2番目位にでかい映画館です。席数1000弱。2週位で終了)にかけるのはかなりのやばさ。救い
はコン・リー。山口百恵さんになんか似てる。とにかく、コリン、散髪屋にレッツラドン。

ドン・ジョンソンのファンでした

マイアミバイスが日本で放映開始された頃、中学校1年生くらいだったかな。初めて渡米した時にそのサウンドトラックをLPで買ったので覚えています。当時CDも発売開始になっていたのだけど、あの頃はまだLPも普通に売ってたんです。マイアミバイスとトップガンが私の中のアメリカのイメージです。でも渡米後はフロリダにもサンディエゴにも縁がない生活で寂しいです。最近リメークものが目白押しですね。これはダメでしたか。それは残念。オリジナルTVシリーズもわりといつもシリアス路線だったような気がします。当時のスピリットが少しでも味わえればいいのですが、DVD発売まで待ったほうがいいかな。

★とくさん

マイケル・マンの映画って、画面のアップが多いですねー。そしてカメラワークがグラグラと酔いそうな感じ。「インサイダー」は結構良かったような気がします。ラッセル・クロウでしたね。

コン・リーと山口百恵さん、そういわれればちょっと、似てるかも。とくさん見てるところが違いますね。
チャン・ツィーにも似てると思いました。

「マイアミ・バイス」こっちでも評判わるそうです...

★ak1998さん

ドン・ジョンソンお好きだったんですねー。
まさに80年代ですね。
あの時代は、キザでシリアスが受け入れられてたけど、今となってはつまらないですね。
ヒネリがなくて。
旦那は大画面で見たかったらしいですが、DVDで十分だと思います。
当時のスピリットは私には分からなかった。
マイアミバイス通のak1998さんの感想が聞きたいです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。