スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リクルーターとの面接
Fri.18.08.2006 Posted in シネマガールの就職/CPAテスト
2 comments 0 trackbacks
db tb


banner_02.gif

就職活動中のシネマガールです。

今日、人材派遣会社のリクルーターとの面接が二件ありました。
いままでも、人材派遣会社とは会ったけど、今回はちょっと違った。

一軒目。
ここでは能力テストを受けさせられた。
これは初めてです。

30分くらいの面接だけかと思ったから、焦りました。
あと2時間後に別の場所で面接があるのに~。どーしましょー。という焦りです。

能力テストは、「経理の知識」とマイクロソフトの「エクセル」でした。

経理の知識は87%正解率で、Great!といわれた。
大学だと、90%以上じゃないと、Aもらえないのにね。

エクセルはイマイチで、もっとスキルを磨くといいわね。だそうです。

エクセルかー。結構簡単だと思ってたけどなぁ。
意外としらないかったり、使ったことない機能があったなぁ。

正解率は初級レベル78%、中級レベル56%、上級レベル14%でした。
悔しいから覚えてる。
ちょろいぞー、と思ってたのが甘かったわね。

でもこのリクルーター、実際に私の希望の業界からいくつか募集がきてるから、と具体的に何箇所か挙げてくれて、なんだかとっても Promising (希望持てそう)です。


二件目は、これまた一転、あっさり15分くらいの面接で終わった。

が、ここでも2箇所のクライアントに Resume (履歴書) 送ってくれると具体的な内容がでてきた。

今までの派遣会社だと、「まぁそのうちマッチする募集がきたら連絡しますので、待機していてください」という感じだったのだ。


あと。

両方の面接で苦手な質問をされました。

「あなたの Strength (強さ)はなんですか?」
「あなたのボスは、あなたの良いところはどこだ、というでしょう?」

みたいな質問。
日本人って、こういうの苦手じゃありませんか?
自己のアピールってやつです。

とりあえず、「オーガナイズドなところと、細かいところです」と言ったが、苦しい答え。
しかも嘘です。
全然オーガナイズドでも細かくもない。

あー、なんていったらいいんだろう。


それから、面接で最後に「何か質問はありますか?」といわれて、「ありません」といってはいけないんだそうです。

用意していった質問も全部答えられてしまった場合でも、何かを聞くべきだそうです。
そんなノウハウが印刷された小冊子を頂いてきました。

これからよく読んで勉強いたします。



いつも応援ありがとうございます!→【人気ブログランキング北米 】
スポンサーサイト

« ジ・エンド・オブ・パールハーバー HIROSHIMA(1995) | Home | 運命の瞬間(とき)/そしてエイズは蔓延した (1993) »

comments

ファイティン!

就職活動始動ですね!
タイトルの『ファイティン!』は、韓国語で『がんばってー』の意味です。日本語の『ファイト!』と一緒で、なんちゃって英語です。

シネマガールさんにとっては久々の就職活動ですよね。けっこう体力も気力もいると思いますが、納得のいくポジションが見つかるまでどうぞ頑張ってください。仕事探しって、『縁』だよなー・・・と、自分の経験からは感じています。

そういえば私も派遣会社との面接で、ワードとエクセルの試験とタイピング速度チェックなんかをやって、けっこうゲーム感覚で楽しかった記憶があります。当時の私のWPMは70以上あったはずです。でも10キーの速度はめっちゃ遅かったです。レジ打ちは無理でもデータエントリーとかの仕事ならもらえそうでした。 :p

★ak1998さん

韓国語で頑張ってーがあるんですね。
そういえばファイトー!イッパーツ!ってかんじの日本語、思いっきりなんちゃって英語ですねー。(笑)

就職活動ではまだまだ体力勝負のところまで来てなくて、至って暇な主婦状態です。
この前の面接ではTysons Cornerに行ったので、次の面接が差し迫ってなければ、ランチでもご一緒したかったです。

タイピングのテストは流石にありませんでした。あって、遅かったらめげるなぁ。(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。