スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
グーニーズ (1985) 
Tue.12.09.2006 Posted in 恋愛・青春もの
5 comments 0 trackbacks
goonies
banner_02.gif

原題:The Goonies

日曜日の夜、東京からヴァージニアに戻ってきました。

飛行機でやってた映画は、どれもイマイチで、やっぱり「ハウス House」の三本立てが一番良かった。
これから、「House」にはまるかも。
「CSI」よりもキャラクターが生き生きしてて、身近に感じられるのです。


「グーニーズ」は中学生のとき映画館まで観にいった映画で、ちょうどアメリカの映画にはまりかけてた頃だったので、果てしない羨望の目で見ていたのを思い出す。

子供同士で、宝探しに出かけちゃうなんて、アメリカはすすんでるな、という思いですね。

あとは、あの中国人の少年キー・ホイ・クワンにもほのかな憧れを抱いたもんだった。

自分と同じアジア人なのに英語ペラペラだし、活発そうでやんちゃそうなのが、異性への憧れというよりも、「あんたみたいに、あたしもなりたいよ」という感じです。

今回、飛行機で眠けまなこでみたからいけなかった。
「グーニーズ」なつかしかったけど、恐ろしくつまらなかった。

ガキどもがワーワーわめいてて、神経に障ること極まりなかった。
特にあの太った“チャンク”くんのしゃべりは勘弁して欲しい。(笑)

憧れのキー・ホイ・クワンくんの声も甲高くって、テープを早回ししたような声はビックリしました。(笑)

調べたら、クワンくん、ベトナム生まれで、北京語、広東語、ベトナム語を流暢に話し、今は“ジョナサン・キー・クワン”としてマーシャル・アーツの振付師として、ハリウッドでご活躍のようだ。


ストーリーは、昔みたときは、洞窟での冒険シーンの印象が大部分だったけど、実際に洞窟部分は1/3くらいでしょうか。
洞窟に入るまでが結構ながくて、ドタバタなのが、眠くなった理由です。

男の子中心の「グーニーズ」なのだが、二人いる女の子のファッションがキツくて、80年代の香りが懐かしい思いはしました。

主人公のマイキーはのちの『ロード・オブ・ザ・リング』のサム役、ショーン・アスティンなのですが、当時としては彼の演技は凄かったのかもしれない。
マイキーの一途(いちず)で、純粋で、冒険好きなキャラクターはやっぱり好感がもてるし、カワイイ。
子供達の心をつかんだことは今観ても納得しました。

アスティンはその後、ハリウッドの子役として悩んだことを本に書いたらしいが、「自分をスター扱いしている」として批判されていた。


今回の「グーニーズ」。
映画というものは、いつ観るかで印象も全く変わるものだな、というよい例でありました。



クリックありがとう!→【人気ブログランキング北米 】
スポンサーサイト

« 窓の入れ替え | Home | 実家にて、秋祭り »

comments

キー・ホイ・クアン

おお!キー君といえば、私の好きな人ではないですか。同じ年ですよ。
インディ・ジョーンズ2のショート・サーキット役、グーニーズのデータ役、とあと何か出てたっけ・・・
私が憧れてた中~高の頃は、将来映画監督になるのが夢だって言ってました。高校の同級生がバイトしていた南青山のデニーズに出没したらしいですよ!

それにしても、当時はキー君がアジア系だろうがなんだろうが、「アメリカ人」だと思ってました。

私も好きでした

グーニーズ!今見たらやっぱりきっとつまんないんでしょうね。当時はあんなにハマったのに。お婆ちゃんと弟と3人で有楽町の映画館、しかも指定席(満席だったため)で見た記憶があります。同じくキー君、好きでした。でも当時一番好きだったのはコリー・フェルドマンです。最近見かけませんねぇ。スタンドバイミーなら今見てもいいかもしれないですよね。当時コリー・フェルドマンのファンクラブにも入っていたくらいです。それからロブ・ローのファンクラブにも入っていたんですよー。栄光へのエンブレムとか、きっと今見たらめちゃめちゃつまらないだろうなぁ。

確かにあの頃にやってたハリウッド映画はアメリカへの憧れを子供に煽るのにもってこいのものが多かった気がします。実は今は亡き父方の祖母がアメリカ映画が好きだったので、いくつか一緒に見に行ったんですよー。フットルースとか。あれを見てアメリカの高校では卒業ダンスパーティーがあるっていうのに非常に憧れましたねー。毎週土曜日に映画を見に行っていた記憶があります。グレムリンとかカラテキッドもあの頃ですよね。

グーニーズからいろいろ派生してしまいました。

★ちばさん

キー・ホイ・クワンは来日もしていたんですね。
あの頃の映画雑誌「ロードショー」や「スクリーン」にも出ずっぱりでしたもんね。
でも、今観ると彼、Annoyingなこと極まりないんです。
英語が分かるようになったからか、自分が大人になってしまったからか分かりません。
かなりショックでした。(笑)

★ak1998さん

グーニーズから派生された経緯がよく分かり、同意してしまいました。(笑)
コリー・フェルドマンは最近VH1(MTVの年寄り落ち着き版)の有名人が出るリアリティショーに出ていましたよ。
いまやちょっと落ち目の人たちでルームメートになって色んなことをやるような企画で、一時期よりも落ち着いて奥さん思いになっていたようです。
子役ならではの堕落の時期もあったらしい。

それにしてもロブ・ロウ!懐かしい!
アウトサイダー、ホテル・ニューハンプシャー、セント・エルモス・ファイヤー、などなど、私も好きでした。
特に「昨日の夜は」がお気に入りですが、ご覧になられましたか?

お祖母様はすすんでる方だったのですね。
フットルースですか。
あれもたまにテレビでやっていて、懐かしく見てしまう映画の一つです。
お祖母様と観た映画の思い出がたくさんあるなんて素晴らしいですね!
羨ましいです。

ak1998さん

あの頃出ていたアメリカ映画!
何だか、ストーリーがわかりやすくてわくわくするようなのがいっぱいありましたね!
E.T.とかネバーエンディングストーリーとかも加えたいです。

コリー・フェルドマン君もかっこいいですね。ちょっと大人びたガキっぷりが。
スタンド・バイ・ミーはいつ観てもいい映画な気がします。スタンド・バイ・ミーのサントラもすごくよくて、繰り返し聴いてましたよ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。