スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アイデンティティー(2003)
Wed.07.12.2005 Posted in 犯罪・ミステリー
4 comments 0 trackbacks
Identity
原題: Identity
昨日紹介した「ウォーク・ザ・ライン/きみにつづく道」のジェームス・マンゴルド監督の作品、ということで紹介してみます。この監督は他に「コップランド」、「17歳のカルテ」、「ニューヨークの恋人」を手がけていて、作品の傾向がよく分かりません。オールラウンドな監督なのかな?本作品はミステリーです。

ネバダ州の人里離れたモーテルで、嵐のため足止めを食らった10人の男女が一人一人殺されていく...そしてその現場には次に殺される人の泊まっているルームナンバーが残される...

この映画は「暇つぶしにあまり期待しないでみると悪くない映画」、というカテゴリーに入る。(そんなのアリかね。)B級かと思ったら、意外にいけてるやん。ってな感じ。前評判や制作費、パブリシティー、興行収入なんかが低いと、つい同情してしまうのかも。アメリカでこの映画、長く上映されてなかったです。

主演のジョン・キューサック(「ハイ・フィデリティ」)、好きなんだけど、ハズレの作品も多い(特にラブコメ)。ハズレと分かってても、ついつい観てしまう、そういう魅力があります。この作品は彼とレイ・リオッタ(「グッド・フェローズ」)の共演が見れるし、ギリギリのボーダーかな。

感のよい方、ミステリー慣れしてらっしゃる方は、題名だけでオチが分かってしまうらしい。自分は全然分からなかった。M・ナイト・シャマランが「シックスセンス」をこの世に送り出して以来、ミステリー部門では最後のどんでん返し合戦になってる映画界ですが、本作品はちょっと反則気味な気もした。

ということで、全体のプロットよりも、殺人がもたらす、ハラハラさ加減を味わいつつ、レベッカ・デモーネイってこんな顔だっけ?、レイ・リオッタはヤクザな役が似合うなー、アマンダ・ピートは綺麗だけど歯が目立つ、やっぱりキューサックはいい感じだわ、といった見どころを自分で探していく、そんな二流ミステリーです。
人気ブログランキング、クリックよろしくお願いします! banner_02.gif
スポンサーサイト

« シネマガールの予告編レポート2 | Home | ウォーク・ザ・ライン/君に続く道(2005) »

comments

シネマガールさん、おはようございます^^
Identity、観たことあります。
そういえばちょうど2年前の今頃でした!

たまたま上映時間に間に合う映画がこれだったので見たのですが、タイトルから映画のオチがつかめていませんでした(笑)。

まみさん

コメント有難うございますー。そうですか、2年前でしたか。WAでご覧になったんですね。きっと。私は1年半まえにDVDでした。結構マイナーですよねー。

Identityは日本で結構評判になったと思うんですが。記憶違いかな。二流ミステリー・・・まぁ正解かな。
DCまた雪が降るそうです。風邪には気をつけて下さーい では( ・∀・)つ〃∩ポチ

hideさん

おはようさんです。今朝も寒いですね。外はマイナス5℃!Identity、邦題はなぜか"アイデンティティ"と""が付くんです。なぜだろう?アメリカと日本では同じ映画でも話題のされ方が違うときありますよね。配給会社の力の入れ方が違うのかな?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。