スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブラック・ダリア(2006)
Sun.17.09.2006 Posted in 犯罪・ミステリー
2 comments 0 trackbacks
black dahlia
banner_02.gif

原題: The Black Dahlia

交際が噂されるジョシュ・ハートネットとスカーレット・ヨハンソン主演のダークなミステリー。

勇んで公開日に観にいったら期待はずれ。
$9.25x2人分は高くついた。
皆さんにお薦めのリビューが書けないのが残念です。

残念な内容は以下の通り:

1.『LAコンフィデンシャル』と比較されているが、似て非なる「学芸会」に終わってる感じ。

2.特にJ・ハートネット、S・ハンソン、そしてヒラリー・スワンクの演技が浮きまくっていた。

3.ミステリーの展開やらどんでん返しやらが、みんな嫌らしく、清清しいカタルシスがない。

4.必要以上にグロいシーンもあって、観客みんな閉口の様子だった。



やっぱ、ラッセル・クロウは偉大なんだなー。ハートネットは主人公のカリスマを背負いきれていないし、最後まで応援したいキャラでもなかった。

時代柄、みんな煙草を吸うんだけど、S・ヨハンソンは普段すわないんだろう。不自然極まりない感じも気になって、ストーリーに集中できないし。

H・スワンクが最初にしゃべった瞬間には、旦那が私を見て「このアクセントはヒドイ」と文句を言ってきた。
このお姉ちゃんはやっぱり低所得層でトレイラーに住むお姉さんがハマリどころなんだろう。

唯一引き込まれたのは、殺された女優の卵、エリザベス・ショートのカメラテストのシーン。
刑事たちが後で検証するのだが、ハリウッドに憧れてやってくる女の子をミア・カーシュナーという女優が生き生きと演じていて、役者自身もそんな無名女優だった時代があったのだろうなー、と思いを馳せてみた。

しかし、この映画、評判も悪いのに、IMDBで7.1が出てたので観にいってしまったことにひたすら反省の念。
ジョシュ・ハートネットなんて若造に引っかかったシネマガール。まだまだ修行が必要であります。

クリックありがとう!→【人気ブログランキング北米 】
スポンサーサイト

« ジャパニーズ・ストーリー(原題) (2003) | Home | 就職が決まる! »

comments

ブラック・ダリア

 お久です。ところで、就職おめでとうございます。忙しくなりますね。
 やはりだめでしたか、これ。
ブライアン・デパルマの映画って流血物が多いので、キャストは気になるものの、内容的にパスしようと思ってました。彼の映画で好きなのは「アンチャツブル」とかトラチャン(トラボルタ)の出てた「ミッドナイト・クロス」原題‘BLOW OUT’とかいったか?ムカーシ日本で見たので曖昧。なんだか最近お無沙汰です。変に地味なインディー映画か、SFかスーパーヒーロー物しか見てないからなあ・・・ロマコメはDVD限定で見ますが。(ヒューが出てれば見に行くが)

★misaoさん

お久しぶりです!
ブライアン・デパルマは流血物が多い、とお聞きし調べましたら『スカーフェイス』の監督だったんですねー。なるほどー。
『アンタッチャブル』は名作だったなー、と私も思います。クラッシーなトーンが効いてました。
そうそう、ヒューさんの新作(クリスチャン・ベイル共演!)のトレーラーを最近良くテレビで見られるようになりました。
勿論劇場に行きたいですが、スカーレット・ヨハンソンが不安分子です。彼女、『ブラック・ダリア』ではダメでしたので。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。