スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラッキー・ナンバー・スレヴィン(原題) (2006)
Fri.22.09.2006 Posted in 犯罪・ミステリー
4 comments 0 trackbacks
lucky number slevin
banner_02.gif

原題: Lucky Number Slevin

『ブラック・ダリア』ではマズかったジョシュ・ハートネットの起死回生作品。

ニューヨークの友人を訪ねてきた主人公(ハートネット)だが、留守の友人に間違えられ、組織犯罪の闘争へと巻き込まれていき...


テンポのよい犯罪エピソードの数々は、70年代のマフィア映画の雰囲気あり、タランティーノ風な味付けもありで大いに楽しめます。

さらに前半はコメディ、ロマンチック要素もありで時間を忘れて引き込まれた。


ハートネットの相手役にルーシー・リュウ。
これは見てみるまで分からなかったけど、予想外にいい感じなのでムカついた。というか羨ましい。(笑)

正直、あたしもルーシー・リュウになりたい、という感じ。
彼女の元気で可愛らしい “隣の女の子”(the girl next door)の演技は新鮮で、すごく若い。そこがまたムカつくのだ。


そんなことはさておいて、見どころです。
ベン・キングズレー、モーガン・フリーマン、ブルース・ウィリスの三人の融合。
これにつきる。
ヘタにコメントするのもはばかれるくらい、巧い3人だが、それぞれの良さを引き出す監督の力量もあったろう。
ポール・マクギガンはこれから注目の監督かもしれない。


クリックしてくださると助かります。更新サボってもランキングが気になる私→【人気ブログランキング北米 】
スポンサーサイト

« グリフターズ/詐欺師たち (1990) | Home | スペースボール (1987) »

comments

ダイハード

この映画とはちょっと話が飛びますが、ボルチモアに『ダイ・ハード』のロケが来るそうだね!City Hall周辺の道路が撮影のため封鎖されるそうです。ブルース・ウィリスが来てるかな?

ジョシュ・ハートネットはソフィア・コッポラの『ヴァージン・スーサイズ』や『パール・ハーバー』に出ていた男の子だよね。
ちょっと線の細そうな・・・
ルーシー・リウは私はどうしても、『チャーリーズ・エンジェル』とか『DOMINO』とかの、黒いレザーを着て鞭かなんか持っちゃったサディスティックなイメージが抜けません。隣の可愛い女の子役!!それは新鮮だー!!

映画自体も面白そうな話ですね。ぜひ観てみたいです。

★ちばさん

『ダイ・ハード』がボルチモアにくるんですか?いつ?
そうそう、ジョシュ・ハートネットは『ヴァージン・スーサイズ』に出てましたね、そういえば!
この映画自体、後半の展開はちょっとずるい気もしましたが、前半から楽しんだのでオチが分かってもいっかな、という感じでした。
そうそう、House、今シーズンも面白くなってきましたね。

もう来てるよ~!

2、3日前のニュースで、市内のこの辺の道路を封鎖しますってやってたので、もう来ていると思いますよ。

今日はピムリコ競馬場でVirgin Festivalもあるし、この週末は大物がいっぱいボルチモアに来るなぁ~。

★ちばさん

週末はダウンタウン観にいかれましたか?
引っ越してみたらボルチモアがますます人気になってるようで、ちょっと悔しいかも。(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。