スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スター・ウォーズ (1977)
Thu.28.09.2006 Posted in SF・ファンタジー
2 comments 0 trackbacks
star wars
banner_02.gif

原題: Star Wars Episode IV- A New Hope

最近発売になった1977年版のDVDを購入した。
デジタル処理していないオリジナルのスター・ウォーズも、自分が6歳の時の映画だともうと、あらためて感動。

映像が全然ふるくないし、ルーク、レイア、ハンの三人のケミストリーが抜群にいい!と思うのは、思い入れが強すぎだからかな?

それは後のエピソード1~3の出来の悪さを見て初めて気づく事実で、当時はみんな「スターウォーズに演技は期待してはいけない」といわれていました。

でもN・ポートマン、E・マグレガー、H.クリスチャンセンの3人がケミストリー“0”(ゼロ)だったからね。(怒!)
やはり先人は偉大だったのだ。


さて、シリーズ第一作目はエピソード4として知られていますが、目玉はなんといってもレイア姫のヘッドフォンのような髪型だとおもう。


leia head phone
ヘッドフォン髪型


キャリー・フィッシャーは何度もこの髪型がイヤだと言おうと思ったが、ジョージ・ルーカス監督にクビにされるのがもっとイヤだったので、我慢したそうです。
アメリカではベーグル・バン型と呼ぶ人もいる。
この髪型に白いシーツでハロウィンの仮装が簡単にできあがります。


そしてルーク・スカイウォーカーの幼い少年ぶり。
アンドロイド二台(もちろんR2D2とC3POですね)を購入した叔父に、その掃除を言いつけられて「荒野にコンバーターを拾いに行こうとおもってたのにぃー」とすねるところが、その辺の農家のガキだわね。

白い柔道着にスパッツ姿もいいです。

luke skywalker
ルーク・スカイウォーカー:髪も長めのエピソード4

そんなルークが「フォース」を知り、ジェダイの騎士へと目覚め始める。
そこで重要なのが、オビ=ワン・ケノービこと、アレック・ギネスである。

obiwan
アレック・ギネス


年を考えると彼のライト・セイバーさばきは大目に見てあげなくてはならない。
オビワンが初めて砂漠の岩の谷でR2D2に遭遇したときのやさしそうな目つきが好きです。
そして、ダースベイダーと決闘中に、意を決したかのようにサーベルに打たれて消えていくさま。

オビワンの役が三船敏郎にオファーが行ったが断ったというから、敏郎さんよ、よく断ってくれた、と感謝。

続くエピソードでもオビワンの声は重要なのです。
Luke, use the force.(ルーク、フォースを使え)」って日本語訛りで云われたら、雰囲気ずいぶん違っただろう。

「ベスト・キッド」のミヤギさんみたいなかんじだろうか?
残るはハン・ソロなのですが、彼が特にカッコいいのはエピソード5なので、そちらで紹介しますね。



いつもクリックありがとう!→【人気ブログランキング北米 】
スポンサーサイト

« スター・ウォーズ/帝国の逆襲(1980) | Home | 会計事務所でのお勤め初日 »

comments

昔のスター・ウォーズ

おお!昔のスター・ウォーズですね!
私たちが6歳の時の映画だったのか。それは古いはずだ~。いつもディズニーランドにいるので、古い気がしないのですが・・・

うちの彼はこのエピソードⅣ~Ⅵをとても見たがってますが、近所で借りれるのはⅠ~Ⅲなのです。私も見てみたい。

ちなみに、この頃のライトセーバーは、アニメのように一コマ一コマ着色してるらしいっすね。昔の人恐るべしです。

★ちばさん

ディズニーランドに「スターウォーズ」がいるんですか?初耳です。誰がいるのですか????いたら見たいー。
あれはディズニー映画じゃなくて、配給がFoxなのでディズニーのキャラとは相容れない気がしますが...
エピソード1~3は私の定義ではスターウォーズではありません。超つまんないっす。
4~6の素朴さがすき。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。