スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スター・ウォーズ/帝国の逆襲(1980)
Sat.30.09.2006 Posted in SF・ファンタジー
6 comments 0 trackbacks
esb
banner_02.gif

原題: Star Wars Episode V – The Empire Strikes Back


ブログにきてくださる方々のなかで、『スターウォーズ』を見たことがない方がおおいかな?

そういう方々のために、allcinema のリンク用意しました。

スター・ウォーズ 
スター・ウォーズ2 
スター・ウォーズ3 


上記リンクのあらすじは詳しくないので、やっぱり観て見てください。
SF映画の基本ですから!
私はシーンの一つ一つが好きです。


さて 『帝国の逆襲』 ですが、ファンのあいだでは3部作のなかでも最高傑作といわれ、「ダークな作品」とも評されます。

私も同意するばかりで、これが一番すきなのですが、理由は「オトナなスターウォーズ」だから。

ルークの衣装は柔道着からコンバット・スーツにかわって、人相もきつくなる。
髪も短め。

そして、一人修行の旅にでます。
ジメジメした沼だらけのジャングル星(デゴバ)へ行って、操り人形のような師匠(ヨーダ)にあって、滝に打たれるような修行(実際は「さかだち」)をし、超能力(フォース)を身につける。

そこでのヨーダとの会話は哲学的で、ディープです。
ヨーダの英語は目的語が先にきたり、文法がばらばらで、日本語に近いんですね。
あのしゃべり方はどうやって訳されてたのか、、、



feel the force around you
ヨーダと問答をするルーク


残りの一行は帝国から逃れようと苦闘する。
そこではレイア姫とハン・ソロ船長の大人のロマンスが。

leia and solo
レイア姫とソロ船長 - 「風ともに去りぬ」風ポスター


子供の頃、家のテレビで見てた時分は、最終回の『ジェダイの復讐』が一番好きでした。
コグマのような獣が可愛くて、大団円も子供向きだったきがする。

アメリカに来て、テレビ放映や、ルームメートのビデオ、そしてDVD購入までして何度もみると『帝国の逆襲』が一番心に訴えてきます。

レイア姫とハン・ソロ船長のロマンスは、かなり切ない。
今はもう、レイアとルークが姉弟(兄妹?)だと知ってるから、レイアのどっちつかずな態度も、肯定的にとれる。

知らなかった頃は子供だったので、恋愛のことはわかんなかったよね。


そして二人の名セリフ.....

レイア姫: 愛してるわ!
ハン・ソロ船長: わかってる。



(ソロ船長が冷凍される前に交わす二人の言葉)


これは、ハリソン・フォードが別に用意されていたセリフをやめて、「わかってる」へと提案したのだ。
ハン・ソロならきっとこういうだろうと。

実際には、「また必ずあえるよ」とかなんとかいうセリフを次回作への契約をしていなかったフォードが云いたくなかった、という説もあります。

レイア姫の髪型は今回なかなか可愛いです。

leia 2 leia head 2
 

左の髪型は小さい頃、自分の結婚式にはこうするって決めてたものだ。



さて、今回初めて発見したのは、ダースベーダーの有名な「ルーク。私がお前の父親だ!」というセリフ。

英語では Luke, I am your father! で、アメリカではよくみんなが引用している。

ところが実際は、No. *I* am your father. (いいや。がお前の父親なのだ)です。

そんなことはどうでもいいですね。
まったく、フォースってなんだよ。



いつもクリックありがとう!フォースが共にあらんことを!→【人気ブログランキング北米 】


以下、気になるダースベーダーの告白再現。


Darth Vader: There is no escape. Don't make me destroy you. (逃げ道はない。お前を破壊させないでくれ)
[pauses]
Darth Vader: Luke, you do not yet realize your importance. You have only begun to discover your power. Join me, and I will complete your training. With our combined strength, we can end this destructive conflict and bring order to the galaxy.  (ルークよ、お前は自分が重要なことをわかっていない。自分の力を発見したばかりなのだ。私と手を組もうじゃないか。修行は私が完成させてやる。われわれの力をあわせれば、破壊的な戦争を終わらせ、銀河に統制をもたらすことができる)
Luke: I'll never join you. (お前にはつかない!)

Darth Vader: If you only knew the power of the Dark Side. Obi-Wan never told you what happened to your father. (ダーク・サイドの力を知るが良い。オビ=ワンはお前の父に何が起きたか話してないな。)
Luke: He told me enough. He told me you killed him. (十分聞いている。お前が父さんを殺したんだ。)
Darth Vader: No. *I* am your father. (いいや。私がおまえの父なのだ。)
Luke: No. No. That's not true. That's impossible. (ちがう!間違いだ!そんなことありえない!)
Darth Vader: Search your feelings. You know it to be true. (心の中を探ってみろ。真実だとわかる。)
Luke: Nooooo. Nooooo.(ノオォォォォォォォォ)

ルーク、奈落の底へ落ちていく....

ヘタな訳で失礼しました。
スポンサーサイト

« ナショナル・ブック・フェスティバル | Home | スター・ウォーズ (1977) »

comments

二人の名セリフ

覚えてます!!この名台詞。私も大好きでした。スターウォーズのDVDも全部そろえていて、忘れた頃に何度も見直してます!

私がこのシリーズの中で(新しいものを含めた)いちばん、嫌い?なシーンは、ダースベイダーが子どもの頃のレースのシーン。ちょっとひっぱりすぎ?と思った。

PS.コメントもう1つ、つけたのでまた時間のある時に見にきてください!

Star Wars

おおー。懐かしい。はまりましたよ昔。私にとってはスター・ウオーズってこれなんですよね~。みんな劇場で見てますとも。かつてハリソンさんのファンでした。(笑)

しつもーん!

お久しぶりです。
「サンキュースモーキング」って映画みたんですが、劇中でたばこ、たばこの連呼。「たばこ」って日本語じゃないんですか?それにシガレットって言葉がでるんですが、この使い分けってどうなんですか?教えてください。

★ハワイ市場さん

スター・ウォーズのDVD全6巻そろってるんですか?
私は古いほうの3巻だけです。
確かに子供の頃のエピソード1はレースシーンも引っ張りまくってましたね。
アナキンの生い立ちもあそこまでさかのぼらなくても良かったと思います。

そちらでのコメントへのお返事感謝です!
あのサイトも見ていただいて、ハワイ市場さんからの太鼓判をもらえて、かなりホッとしました。

★misaoさん

みんな劇場でご覧になられたんですか。
それってメッチャ脱帽。羨ましいですー。
ハリソンさん、これ以降“バッド・ボーイ”役をやらなくなって、残念です。(泣)
彼は永遠に「ハン・ソロ船長」であって欲しい...

私は確か第3作目がはじめての劇場洋画経験で、字幕が難しすぎて理解できず悔しくて、それ以降のテレビ放映をチェックして、現在に至る次第です。

★とくさん

『サンキュー・フォー・スモーキング』ご覧になられていかがでしたか?
予告編をみてアロン・エッカードの政治色の濃さそうな感じが気になっていました。

多分、タバコは“タバコの葉っぱ”や、“それから作る茶色い乾燥した物体”のことを指し、シガレットは白い紙で巻いたものを指すんだと思います。
アメリカでは“噛みタバコ”というのをやる人がいて、特に南部とか、労働者階級の人が、あの葉っぱの部分だけを買って、クチャクチャ噛んでは、紙コップかなんかに捨てて、汚らしい習慣だけど、煙がないのはいいな、と思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。