スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
米国CPAテスト、第一回目
Thu.02.11.2006 Posted in シネマガールの就職/CPAテスト
8 comments 1 trackbacks
exam

banner_02.gif


昨日はCPA(アメリカの公認会計士)のテストを初めて受けてきた。
手ごたえがなかったので、終わってもうれしくないです。

問題集は全部ちゃんとやったけど、けっこータフだった。
それも4科目あるうちの一番優しいやつなのに。


テストの科目のうちわけは


(1)Auditing & Attestation(監査及び証明業務)
試験時間: 4.5時間
出題内容: 監査手続・GAAS及び証明業務 100%

(2)Financial Accounting & Reporting(財務会計)
試験時間: 4.0時間
出題内容: 企業会計(80%)、政府会計(10%)、非営利組織会計(10%)

(3)Regulation(法規)
試験時間: 3.0時間
出題内容: 連邦税法(60%)、ビジネス法及び職業倫理(40%)

(4)Business Environment & Concepts(ビジネス環境及び諸概念)
試験時間: 2.5時間
出題内容: 企業形態・会社法(20%)、経済学概論(10%)、財務管理(20%)、IT概論(25%)、経営管理会計等(25%)


以上のとおり。
私が受けたのは(4)の一番短くて四択問題しかない、簡単な科目です。
難易度はちまたの評判だと、(1)→(2)→(3)→(4)の順に簡単になるといわれている。


どれから受けてもかまわないし、別々に受けられる。
受けたい日もネットで予約できて、フレキシブル。

2年前まではもっと大変だったらしい。
4科目いっぺんに受験しなくちゃいけなくて、年に2回しか受けられなかった。

2科目受かれば、キープできるが、1科目だけ受かったのではダメ。
しかも、残りの2科目も最低50点以上とらないとダメ。

厳しいものでした。


それに比べれば、いまはラクちんだよなー。
一科目ごとに集中して勉強できるのだ。


なのに!

テストがコンピューター方式なので、それに慣れてないのもタタッた。
紙にある問題なら、もっと落ち着いてできたし、あんなにドキドキあせらなかっただろう。

電卓もパソコン上のを使わされて、めっちゃ使いにくいのだ。


あとは、最初のほうの問題がよくできると、後半コンピューターが難しい問題を出してくるので、難しく感じる傾向にある、と攻略本に書いてありましたが、ほんとうだろうか。


テストセンターはほかの、GREやなんかのテストを受けてる人もいて、それぞれがマイペースで、開始・終了時間も違うので、緊張感はあまりないです。




結果が分かるのが12月半ば。
それまでは、とりあえず次の科目の勉強を始める、でも一科目目落ちてたら、そっちも受けなおすために勉強、という厳しい立場になりそう。


ほかの科目も受けたことがある方、感想聞かせていただけると助かります。

明日はちゃんと映画のブログしますよ!


いつもクリックありがとう!!ブログ・ランキング参加中!→【人気ブログランキング北米 】
スポンサーサイト

« ミー・マイセルフ・アイ(原題) (1999) | Home | トリック・オア・トリート! »

comments

CPA試験、お疲れ様でした。
私もBECから受けるつもりでいます。
とにかく、初心者の気持ちでゼロからしっかりと学ぶつもりです。
ところで、シネマガールさんは問題集に取り掛かる前に何かStudy Guide等も使用しましたか?

お疲れ様です

CPA受験開始されたんですね。
私も7年前くらいですが、GREの受験を
コンピューターベースでやったことが
あります。パッパッパと片付くので、
マークシート形式より気に入りましたが、
実際のスコアは英語セクションが最悪でした。
数学セクションはパーフェクトとは
いきませんでしたが、全国平均よりだいぶ上
で、うれしかったんですが。

一番短くて2.5時間って、大変ですね。
やっぱり誰でもなれるわけではないんですね。

今後も是非是非がんばってください。

おつかれ~☆

おお!ついにCPA受けてきたのですね!!
1度の試験に4.5時間とは、気力体力ともに大変そう。おつかれ様でした!

コンピューター上での試験は、TOEFLしか受けたことないですが、デジタルで時間が表示されててイライラするし、画面上のボタンはマウスで操作するのが面倒だよね。たしかTOEFLも受験者のレベルに合わせて出してくる問題を変えるというのがあった気がする・・・。

前の日本でのバイト先で、日本の公認会計士を受験している男の子がいたけれども、試験年1回で11科目全部受からなくてはならないので、なかなか受からずとても苦労しているのを見てましたので、試験システムが楽になったといっても、CPAの勉強も相当大変だろうなーと思います。
お仕事からも学びつつ、これからの試験勉強もじっくり頑張ってね!!

★Kaykayさん

Wileyという攻略本は各章がリビューガイド&問題集になっていて、すべての章が終わると模擬試験みたいなのもついています。
BECの実際のテストを思い出してみると、かなり近い問題も多くあり、もっと難しい問題もありました。
そっくりか、といわれると、あまりみたことない問題もあって、あせったので、問題集だけではなく、学校で使った教科書も含めて本質を勉強するのがいいのだとおもいます。が、そんな時間があるひとはラッキーですよね...

★ak1998さん

GREの数学がパーフェクトに近かったんですね!日本で数学が得意だった人は、GREの数学結構いけるらしいですね。
うちの旦那もGREを自慢してました。(笑)
2.5時間はさほど長くなかったです。
むしろ短かった。時間が足りないですね。
3部に分かれていて、2部は難易度が高かったです。50分ずつの時間配分が一番ぎりぎりでした。3部目は少し易しくなってました。2部ができてなかったので、手加減してもらったらしいです。(笑)

★ちばさん

4.5時間ではなくて2.5でした。(笑)画面の時計はカウントダウン方式で、よけいイライラさせられました。
日本では11科目ですかー??いやー、アメリカでよかった、とつくづく実感。日本の公認会計士って、司法試験と同じくらい難しいらしいですしね。
日本じゃ会計士は「先生」って呼ばれるらしいし。(笑)
お友達は会計士になられたんですか?尊敬するなー。

それが・・・

バイト先の子は、大学の頃から受験を始め、2,3回受けてたんだけど、私が日本を出てくる前はまだ受かってなかった・・・。
最後の1回は、大学を卒業して宅浪でやってたので、つらそうでした。
今頃受かってるといいんだけどな~。
なので私の会計士のイメージって、そんな感じです。

でも
「受かれば年収2000万!!」
って燃えてましたよ。

★ちばさん

受かれば2000万ですかー。すごいなー。
こっちは受かってもパートナーにならない限り、1000万も行かないらしいし。タクロウも辛そうですね。生活費は実家で暮らして節約するしかないですね。
それに比べればCPAはラクチンですねー。あー、がんばらないと。(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback

ビジネス環境および諸概念 (US CPA集中講義

ビジネス環境および諸概念 (US CPA集中講義)・米国公認会計士(CPA)・当校卒業生が雑誌に紹介されました。・動いてますね。ファンド三重 県 不動産 鑑定・健康と睡眠・歩みを止めることなく・会計・監査の国際資格・USエデュケーションCPA・海外で通用する資格、CPA・


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。