スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ディパーテッド (2006)
Mon.06.11.2006 Posted in 犯罪・ミステリー
10 comments 0 trackbacks
departed

banner_02.gif

原題: The Departed


香港映画『インファナル・アフェア』のハリウッド版リメーク。
日本ではお正月公開だそうです。

リメークが決まったと聞いたときは、なんで作り直さなあかんのか、香港バージョンで十分面白いじゃないか、と憤りを覚えたものでした。

リメークって大概オリジナルを超えられないし、オリジナルへの冒涜だと思うし、見るもんかとおもったり。

でも旦那の「リビューで褒められてるし、見たい」っていう意見に同意して午後のマチネー(割引時間帯)に行って来たけど、一人$7.50もしたのはちょっと割高だったかも。

かつては$7.50っていったら夜の正規料金だったもんだなー。
ずいぶん値上がりしたなと感じます。

で、結果ですが、面白かったです。
2時間半の上映時間は長いけど、あっという間と思わせるところはすごい。

あと、ローリング・ストーンズの「ギミー・シェルター」を使われると弱いのだ。
あの女性ボーカルの響きがとっても悲劇的な叫びに聞こえて、「インファナル」ってカンジでてるし。

オリジナル見てるので、分かりやすいと感じた。
ハリウッドなりに砕いてあるからかもれない。



キャストの、マット・デイモン(アンディ・ラウ役)とレオナルド・ディカプリオ(トニー・レオン役)だと、デカプリオに軍配だな。

これってA・ラオよりもT・レオンに軍配あげたのと同じ理由かしら?

スーツ着て、えらそうなエリートづらの腐敗刑事よりも、粗末な服装に無精ひげのアンダーカバーの刑事のほうがセクシーだ。
男の哀愁がムンムンですもの。

という点で、ディカプリオは悪くなかった。
押さえ気味ながら、アンダー・カヴァーの苦悩に満ちた表情も信憑性あった。
トニー・レオンのほうが大人の色気があるけど、演技としては『ギルバート・グレープ』以来の名演技という、私の中ではいいポジションに戻ったぞ。デカプリオ。


オリジナルの『インファナル・アフェア』ではでてこなかった、マーク・ウォールバーグの役も光っている。
この人の早口は難易度たかいです。
彼のしゃべりは字幕キャプションつけてまたぜひ見たいところ。

その他、J・ニコルソン、A・ボールドウィン、M・シーンの脇役も豪華だし、ハズレなしである。


オリジナルを見ていない観客は、ギョギョっとする場面がいくつかあって、かなり反応しておられた。

前もって、「くるぞ、くるぞー」とわかってしまう私たちでもギョっとしたり。

最後の最後はハリウッドなりのどんでん返しがあって、すっきりと映画館を去れるようになってます。

お楽しみに。


いつもクリックありがとう!ランキング参加中!→【人気ブログランキング北米 】
スポンサーサイト

« マリリン・ホチキス・ボールルーム・ダンシング&チャーム・スクール(2005) | Home | 太陽のサーカス 『サーク・ド・ソレイ』 »

comments

はじめまして!
ディパーテッド、私もディカプリオ君の今回の役柄はなかなか頑張っていたと思います。
ギルバート・グレイプでの演技にはどうしても負けてしまうようですが・・・。
香港原作のほうを見ていないので、こちらも是非見てみたいと思います。

The Departed

 すいません、実は見てません。興味はあるんですが、ギャング・イン・NYとアヴィゲーターと続けて見て、ちょっとパターンに飽きてしまったのです。でもこれは久々に良い、と聞きました、が、ヒュー・ジャックマンの映画見るのに忙しくて時間がとれません。(笑)
どーして10月11月と4本も映画が・・・・
 ところで、 ‘The Prestige’、非常に面白かったです。今年一番のヒットかも・・・いつも映画で居眠りする旦那が起きていたということは相当です。(笑)私は本読んでるのでアレですが、油断するとわけ判らなくなるかも、ですが・・・

★有閑マダムさん

初コメント、ありがとうございます!ディカプリオくん、「ギルバート・グレイプ」よりはダメでしたか...(笑)
あれは天才的な演技でしたね。
可愛かったし。

香港の原作のほうが、どうしてもベタでさらっとしてないかもしれませんが、ほとんどのキイとなるシーンはまったく一緒です。警察署のガラス張りのパーティションのあるオフィスとかまで一緒です。ご覧になったらまた感想お聞かせください!

★misaoさん

二ヶ月で4本もあるんですか??Vanity Fairの表紙が彼でしたね。もちろん購入されたんだろうなぁ。
The Prestige、一気に見たくなりました。クリスチャン・ベイルだから、いつかは見ないといけないんですが。(笑)
物語は複雑そうですねー。トレイラーからだと、エド・ノートンの『イリュージョニスト』とかぶったのですが、こっちのほうがよさそうですね。

私も映画館で見てきましたー。インファナル アフェア、良かっただけにハリウッドで大金かけてリメイクと聞いたときは複雑な気分でしたが。。。

コメディー的要素もくわわっていたり、女性キャラクターに深みを与えていたところではハリウッドはやっぱりうまいな、と思います。ストーリー知っていてもドキッとするシーン多いですよね?周りの人達もハッとか息のんだりして盛り上がっていました。

The Departed

この映画、Vh1をみていると最近よくCMが出ます。アクションがキリッとしていてかっこいい映画だなーと思っていたのですが・・・。
インファナル・アフェアは見ていませんが、リメイク版なんですねー。

ディカプリオは好みの顔立ちではありませんが、演技に対しては真面目に取り組んでいるところがかなり好感もてます。
環境問題にも熱心で、プリウスでアカデミー賞受賞式にも乗り付けるしね。彼いいなあ。

J・ニコルソン・・・

私もオリジナルがめっちゃ好きだったので、どうかなぁと思って観に行きましたが、それなりに面白かったですね。
でもやっぱ、香港映画特有のジメーっとしたカンジはなく(そこが好きなんですけどね~)、その代わりにちょっとお笑い入ってましたよね。
とくに、J・ニコルソンの演技と最期のシーンのTシャツが・・・。そもそもアイリッシュマフィアってのが、ちょっと滑稽なのでしょうか。
個人的には、マットデイモンの悪~い表情も結構上手だなと思って観てました。

★エルさん

ハリウッドで金にものを言わせてリメークするのはやっぱりアイディアの欠如の表れですよね。
スコセージも恥ずかしくないのか?なんて思っていましたら、意外によかったですね。

女性のキャラクターも一味違っていましたね。今回は両方のキャラクターが同じ女性と絡んでいるし。コメディー要素も上手かったですね。

★ちばさん

VH1よくご覧になるんですね。懐かしいなぁ。ロックの殿堂ベスト100とかやってますよね。最近は見なくなってしまいましたが、また見ようと思います。

ディカプリオは成長の様子が伺えました。坊やっぽくなくなってきたし。(笑)彼がプリウスを運転してきたのは逸話になってますね。

★raraさん

そうそう、「それなりに面白かった」が正しい答えのような気がします。
アメリカ人にフィットするようにモディファイしているようで、スカッとさわやかになってましたね。
あのジメジメ感はアジア映画には必要ですよねー。ブルース・リーの映画みたいな。

IRISHのロゴT、私も旦那と二人でうけまくりました。
ニコルソンは大のNYヤンキースファンで、ボストンのマフィアを演じるにあたり、レッドソックスの帽子はTシャツを着てくれなかったので、あのような衣装となったらしいです。
マット・デイモン、悪かったですね。あのジミー・大西似の顔は、絶対悪役の方が似合ってる。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。