スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
007/カジノ・ロワイヤル (2006)
Mon.18.12.2006 Posted in アクション
3 comments 0 trackbacks
casino royal

banner_02.gif

原題:Casino Royal


ジェームス・ボンドものはみなさんお好きですか?
私ははっきり言ってイマイチ。


ストーリーは無理があるし。
混乱しているわりに筋が通ってなくて、やたらアクションが多いし。
(シークレット・エージェントなのにド派手なことをいつもやらかすのはなぜー?)

ボンドとすぐ寝てしまう「ボンド・ガール」はあたま悪いとしか思えないし。

「ありえないー」とつっこみたいところをを押さえて鑑賞する、それが007シリーズなのかもしれない。

結論から言うと、やっぱりボンドものは好みじゃないです。
前半はよかった。

ポーカー合戦のところ、そして最後にディーラーが勝者からチップで$500,000(ハーフ・ミリオン!)のチップをもらうところとか、胸躍りました。

後半なのですがね、「で、それでおしまい?」というアンチクライマックスな虚しい思いがしました。映画館をでながら、ちょっとだまされたような気分で。

人生について考えさせるとか、そういうのもなし。
娯楽スパイ映画ですからねー、どうですー? 気分爽快でしょう? ってカンジの終わり方、わかってるんだけどさ。

むかついちゃった。




で、6代目ボンドのダニエル・クレイグですが、いいんじゃないでしょうか?
(って、どうでもいい映画だからさ。)

ボンドを語れるほど、シリーズを熟知してませんがね。
ファンから大反対にあったというところで、味方してあげたい気分です。

ブロスナンとは反対の、野郎臭い、汗っかき、かみの毛薄い、何事にも体当たり、ちょっと高慢ちきなカンジで攻めてて、好印象ですよ。


映画全体の演出からなにから、「この新しいボンドをみんなで盛り上げよう」っていうオーラがあったことは確か。

クレイグを応援してる自分がいましたから。


私としては『レイヤー・ケーキ』のクールなクレイグが好みなんだけど。

今回はかなりマッチョに鍛えた体から、汗が飛び散るところ、ギラギラしてて、こういうのをセクシーととるか、「濃い~」ととるかは、あなたしだいでしょう。(笑)


ところでダブル・オー(00-ゼロ・ゼロって読まないんですね、英語圏では)のコードネームは、殺人も許される特別エージェント、という意味だったのですね。

当たりまえな事実(というかフィクションだけど)、新しく知りました。

そしてジュディ・デンチおばさんの「M」が結構活躍してて、旦那もちらっとでてきて(結婚してたのねーとわかって)、そんなところがよかったです。


いつもクリックありがとう!ランキング参加中!→【人気ブログランキング北米 】
スポンサーサイト

« アジアの道-ワシントンDC動物園 | Home | 米国公認会計士テスト第一弾、結果発表 »

comments

007

アクション物はあまり見ないんで、007シリーズも実は見たことないんですが、何だかこの『定番』そのもののベタい雰囲気ムンムンの007シリーズがやっぱ存在してくれないと、イヤですね~。
ボンド・ガールもいかにも頭の悪そうで「いかにも!」なところが、私は逆に好きです。

最近は007シリーズもだんだんネタが尽きてきて、しかし根強いファンから次回作を出さないと怒られるので、製作側はとっても困ってるらしいですね。今回はついに過去のリメイク版、俳優は「世界一セクシーな男」を引っ張ってきたのですが、過去のボンド役は、最初の人のイメージが強くてやっぱりこれもファンから非難されまくるので、俳優さんがイヤになって逃げちゃうとか聞いたような。さすがにまた逃げられると困るので、一生懸命プッシュしているのでしょう。
この俳優さんは暑苦しいのかな?顔立ちは今までの人に比べてクールぽいけど。

スパイって何だか心惹かれるものがあります。音楽が一番かな?DCのスパイ博物館なんか、3回も行ってなめるように展示みちゃってます。FBIも(予約制だそうだけど)ぜひ見学に行ってみたい。FBIビル見るだけでいつもわくわくします。行けっ、フーバー!!

★ちばさん

コメントありがとう。新しいボンドは前ほどコテコテではなかったけど、やっぱり「様式美」重視で、娯楽にはいいんだろうなぁ。上司(40代男性)とのクライアントへ行くときの車の中での会話にはちょうどよかったですよ。「新しいボンド・ムービー見ましたかー?」「クリスマスに娘たちが帰ってきたら一緒に見に行くんだよ」「いーですねー。今回ボンド・カーは一台$300,000のアストン・マーティンで、3台廃車にして撮影したらしいですよー」みたいな。(笑)

DCのスパイ博物館3回もいかれたんですか?聞いたことはあっても、どこにあるのかも知りませんよー。(笑)新しくできたんですよね。

スパイ博物館

えっ!?スパイ博物館行ったことないの!?
ぜひぜひ行った方がいいよ~!
FBIビルの斜め前(北東側)にあるです。
生意気にも入場料を取るのがよくないけど。

世界のスパイに関するいろんな説明や、資料も豊富で面白いです。
靴底に盗聴器が入ってるやつとか、口紅型ピストルなど。私はこうもり傘型ライフルがお気に入りです。
ミッションに失敗したら飲む青酸カリのカプセルもあります。スパイは興味あるけど、それを見るとおースパイにはなりたくないと思ってしまいます。

ギフトショップで売っている「しだカメラ」をぜひ買おうと思っています。プラスチックの吊り下げ型観葉植物「しだ」の中に小型ビデオカメラが入っているの!アホだ~!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。