スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
父親たちの星条旗 (2006)
Fri.23.02.2007 Posted in 歴史もの
4 comments 0 trackbacks
flags of our fathers

banner_02.gif

原題:Flags of Our Fathers


お久しぶりです。
映画見るのも久しぶりで、こんな独りよがりのブログもスラスラかけなくなってる今日この頃。(一時間以上かけてこれかいてます。)


これからは週一本は必ず書こう、というのが目標ですんで、たまにのぞいていってくださいね。


さて、本当はクリント・イーストウッドの『硫黄島からの手紙』の方が見たかったのですが、まだDVDでてなくて、こっちを借りました。

『硫黄島-』はアカデミー監督&作品賞ノミネートされてますね。
ハリウッドが描く日本人には興味あるし、ケン・ワタナベ主演だし、これはみないと。

予告編からだと、日本語の響きがきれいなので、たとえ『ラスト・サムライ』とか『SAYURI』のように歪曲(美化?)されようと、まあみてみようじゃないの。早くDVDでないかな。


『父親たち-』はアメリカ側からみた硫黄島での戦いで、レベルとしては「佳作」、「落ち着いた映画」。

イーストウッド、スピルバーグの肩書きがなかったら、もう少し上をいったであろう、ともおもえる。


エンディングのピアノがぽろぽろ奏でるテーマ音楽が、耳にのこるところは、『ミリオン・ダラー・ベイビー』だ。(笑)


そもそも私は戦争映画が嫌いなほうじゃないので、バイアスか相当かっています。
みなさん「プラトーン」、「メンフィス・ベル」を覚えてらっしゃいますか?

登場人物がみんな同じような髪型、服装で区別がつきにくいながらも、兵士一人一人のキャラをつかみながら、はかない若者の散ってゆくさまを観る、のが悲しくも楽しい。不謹慎だけど、そんな感じで私は戦争映画を観てしまいます。

最近では「プライベート・ライアン」、「ブラック・ホーク・ダウン」なんかもハンサム&いいキャラ俳優目白押しで、そういった路線が好きな方にはたまらないでしょう。

いくつかの戦争映画にかぶって出てくる兵隊専門系の俳優が多くて、「毎度おなじみ」感も盛りだくさんで嬉しい。


ただ、戦闘シーンはCGを取り入れてどんどんリアルになってる気がする。
思わぬところ、タイミングで色んなものが吹っ飛ぶ、吹っ飛ぶ。

姿を見せずに襲ってくる日本軍の撮り方も、サスペンス的で、画期的だ。


たまたま星条旗を立てる作業を手伝った、そして戦争を生き残ってしまった主人公たちも、イケメンで、悩ましい。

戦争キャンペーンに借り出されて、嫌なんだけど、旗をもう一度立てるパフォーマンスをして、観客に笑顔で応えて手を振って、でも戦場でのトラウマが日々襲ってきて、酔っ払うしかなくなって....

ニコラス・ケイジの『ウィンド・トーカー』に出てきたネイティブ・アメリカン俳優(アダム・ビーチ)は、最後に出てきた本人の写真にも似てたし、かなりの熱演で、ホロホロっと泣かされるところ多々あり。


現在イラク戦争から帰ってきて負傷後の後遺症、精神的なダメージで悩む兵士をまったく理解しない軍上層部、政治家へ、この映画をみろー、といいたい。

ブッシュ&チェイニーはみてないだろうなぁ。

だいたい、戦争っていうのは、戦争に行かない奴らがおっぱじめるものなのだ。

そうじゃなかったら起きないよ。


クリックありがとう!ランキング参加中!?→【人気ブログランキング北米 】
スポンサーサイト

« バベル (2006) | Home | 職場でドラマ »

comments

Iwojima

やっと映画みられるようになったのですね!おつかれ様です!!

Iwojimaは確かに今映画館でまだやっているような?日本では年末、かなり好評だったみたいだよ。
実際の硫黄島は、火山島なので、兵隊が隠れる塹壕なんかも硫黄性の蒸気で熱地獄なんだって。そういうものは映画には出てこないけど、そういう戦争の史実があったことを忘れないようにって雑誌か何かに書いてありました。

アカデミー賞ももうすぐだね~♪

気になってる映画です

もうDVD出たんですね。
今夜あたりレンタルに行こうかな。
うちのカレは自分で歩いて手にとって
選べるブロックバスターでのレンタルが
好きなのはいいのですが、いつも延滞して
無駄な料金を払っているのが腹立ちます。
それはさておき、力作みたいですね。
日米別々の視点で一気に2作作るというのは
新しい試みなのでしょうか。

硫黄島のモニュメント、DCにありますね。
一度近くを通ったときに、けっこう
大きいので迫力あるなと思いました。

戦争映画、私も嫌いじゃないほうです。
ウィンドトーカー、けっこう好きでした。
プラトーンはレーザーディスク持ってました。当時映画館に5回行ったくらい
やけにハマってました。

ではまた。

★ちばさん

熱地獄!凄そうですねー。実際のロケはアイスランドだったそうです。黒い岩や砂浜が似ているそうで。だから兵士たちがちょっと寒そうな感じもして、そういわれれば違和感はありました。火山じゃなくても熱帯地方だから暑いはずだと、旦那も言ってました。

★ak1998 さん

レーザーディスクかぁ。ハイソだなぁ。(笑)昔、バイト先のご主人宅で、「南極物語」と「トップガン」をレーザーディスクで観た覚えが。。。80年代ですね。
ブロックバスターも延滞料金がかさみますが、Netflixも映画を返さないと次のディスクが来ないので、無駄金はたいてる気もします。はやく映画を思いっきり見られる生活にもどりたいです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。