スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クイーン (2006)
Mon.30.04.2007 Posted in 人間ドラマ
0 comments 0 trackbacks
the queen

banner_02.gif

原題:The Queen


エリザベス2世を演じたヘレン・ミレンが今年のアカデミー主演女優賞受賞した作品。

ダイアナの死後、危機に面した王室の一週間を追ったドラマ。

日本でも先週から公開しているようですね。

予想はしてたが、やっぱりテレビ用につくられたドラマっぽいつくりだった。
家の小さいテレビで見たから、いいカンジではありましたけど。
劇場で見たら「金返せー」、だったかも。

エリザベス女王も、トニー・ブレア首相も、チャールズ皇太子も、エリザベス女王の旦那も、あんまり似ていない。

でもエリザベス女王なんてじっくり見たことがないから、ヘレン・ミレンのお上品な英語だけで私なんぞは、「へぇー、女王も悩んでるんだなー」と共感し、尊敬の念を抱いてしまったので、やっぱりオスカーなのでしょう。


ブレア首相は目が大きすぎて最初は違和感大ありでした。
でもさすが役者(マイケル・シーン)。
あまりにも「ふつう」なカンジと、要領を得ない新米首相のギクシャク加減がよかった。
というわけで後半はそれほど悪くもないような。
でもやっぱりブレアじゃないよなー。と思えてならない。

もっと長くダラダラ続くのかと思ったらあっさり終わったのでよしとしたい。

Lifetimeチャンネルのドラマをみるつもりで観るのがお薦め。


クリックありがとう!ランキング参加中!?→【人気ブログランキング北米 】
スポンサーサイト

« ジ・イリュージョニスト(原題) (2006) | Home | 不都合な真実 (2006) »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。