スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
恋愛睡眠のすすめ(2005)
Thu.31.05.2007 Posted in 恋愛・青春もの
0 comments 0 trackbacks
the science of sleep

banner_02.gif

原題:THE SCIENCE OF SLEEP /LA SCIENCE DES REVES

私の愛する『エターナル・サンシャイン』の監督、ミシェル・ゴンドリー作品ですよ。
やっとみられましたよ。

メキシコの王子様、ガエル・ガルシア・ベルナールくんの流暢な英語を、あんなに長く聞いたのは初めてで、もうお腹いっぱいです。

時々混じるスペイン語のこぶしとあわせて、彼のイングリッシュも素敵でうっとりしました。

そしてフランス語もしゃべってるし。
ついでにイタリア語もいけるらしい。
(ロマン語系は似てるからひとつ覚えれば簡単とはいうけれど。)
だいたい英語しか話せないのはアメリカ人くらいだ、といいますしね。

ガエル氏のバーサティリティーがこれでもか、と紹介される作品。



今回は内気で夢見がちだけど、イラストの才能があって、「大惨事カレンダー」なるものを作っている変わった青年、ステファン。

隣に越してきた女の子ステファニー(シャーロット・ゲンズブール)に恋するが、その友達のほうが可愛いといったり、通りがかったように見せかけて、実は隣のアパートの住人であることを必死に隠してみたり。

実際あんなにイイ男が、あんなに不器用なわけないでしょうが。
とおもいながらも、ベルナールとゲンズブールのコンビは、不思議なケミストリーがある。

ちょうど『パンチ・ドランク・ラブ』とか『アメリ』にも似た、変わったもん同士の恋なのですね。
惹かれました。


フェルトづくりのお船とか、セロファンでできた水とか、工作好きなふたりは小学生のような心を持っているところでつながっていて、ぴったりなのだが、肉体は大人だから、子供のように純粋にはいかない。


また映画では、青年の夢が現実よりもリアルになってきて、セクシャルなテーマーももちろん出てくるし。
電動シェーバーが、ゴキブリみたく動き出すのはMatrixみたい。こわい。


どこまでグロくなるんだろう、と心配になってきたけど、そこはミシェル・ゴンドリー監督なので、ポップ/サイケ/メルヘンな仕上がり。

アニメと合成の世界に、ガエルくんの熊の着ぐるみ姿や、ビートルズのようなバンド姿、ドラムのたたき語りなど、彼のファン向けミュージック・ビデオみたい。


脇役の、ヨーロッパの人々、とくに主人公の同僚たち、いいキャラでしたね。


もっとヨーロッパの作品、みるべきだな。
ハリウッドよりも、キャラの微妙な味付けが魅力的なのだ。



クリックありがとう!ランキング参加中!?→【人気ブログランキング北米 】
スポンサーサイト

« 硫黄島からの手紙(2006) | Home | その名にちなんで(2007) »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。