スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラブ、ライザ(原題) (2002)
Sun.03.06.2007 Posted in 人間ドラマ
0 comments 1 trackbacks
love liza

banner_02.gif

原題:Love, Liza



フィリップ・シーモア・ホフマンがオスカー受賞するまえ、脇役としてがんばりつつ、変わった芝居に主演していたのがこの映画。

ホフマン演ずるウィルソンはウェブデザイナー。

妻が自殺後かなしみにくれるあまり、寝室で寝れずに廊下でねている。

仕事もちゃんとやり、毎日会社にいってるが、妻の自殺の原因もわからず、途方にくれる毎日だ。

そんなある日、ガレージで一酸化炭素中毒で死んだ妻を思ってか、ガソリンを吸うことを覚え、それが彼のオブセッシブな娯楽となる。

ガソリンもシンナーみたいに吸ってたのしいのだろうか?
映画ではガソリンスタンドの、給油口からにおいを嗅ごうとする、ティーンエイジャーたちが店長から追っ払われている。

そんなことする人たち、はじめて見ました。

そしてガソリンのにおいの充満するウィルソンの自宅に、ある夜、会社の上司(女性)が様子をみに訪ねてくる。

「すべては大丈夫なの?ガソリンのにおいがするけど」との問いに、

「モデル飛行機が趣味なもんで」と応える。


そんな言い訳を引っ込められなくなって、実際にモデル飛行機の趣味に走るウィルソン。

もちろん自分で組み立てられないから、できてあるやつをモデルショップから買うのだ。

そして、ある日寝室の枕の下にみつけた妻の遺書。
妻がどんな人だったのか、映画ではよくわからない。
ナイスボディなんではないかと思わせるシーンがあるが、生前の妻とウィルソンがどんなカップルだったのかもわからない。


妻の母親(キャシー・ベイツ)は娘の死の答えをしりたくて、ウィルソンに遺書の内容を聞くが、ウィルソンは遺書をポケットに入れたまま、読まないのだ。

死の理由を知るのが、自分が原因だったらと思うと、怖いのか。



物語の終わりは、妻の遺書を読んで終わる。

そこには答えらしいものは見当たらない。


妻の遺書は「ラブ、ライザ」でおわる。

そんな遺書を自分の旦那に書かれたらきっと自分も泣くだろうな、と思う。
悲しみのやり場がないもの。

これはホフマンのコアなファンのための映画だ。

彼のアップとか、台詞なしの表情だけの演技が5分くらい続いたりとかを楽しめるひとにお薦め。

そんな人あまりいないだろうな。私も退屈だった。



クリックありがとう!ランキング参加中!?→【人気ブログランキング北米 】
スポンサーサイト

« ロード・オブ・ウォー(2005) | Home | 硫黄島からの手紙(2006) »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback

一酸化炭素一酸化炭素(いっさんかたんそ、Carbon Monoxide)は、常温・常圧で無色・無臭の気体。化学式は CO と表される。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History Licens


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。