スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラスト・キング・オブ・スコットランド(2006)
Fri.29.06.2007 Posted in 伝記
2 comments 1 trackbacks
the last king of scotland

banner_02.gif

原題:The Last King of Scotland

ウガンダで70年代に恐怖政治を行ったイディ・アミン、といわれてもあまりピンとこない。

ウガンダといえば、日本のコメディアンでそういう人いたね。
ひょうきんベストテンでスリラーのパロディを踊ってた。
カレーを食べて豹変する、マイケルという役柄だったけど、踊りもうまかった。

その程度のくらだないことを念頭においてみたから、アミン(歌手の二人組みじゃないよ、古いけど。)はすごく怖かった。

第一、フォレスト・ウィテカーが演じるアミン大統領はウガンダ(コメディアン)に全然似てない。
どちらかというと笑福亭鶴瓶に似てる。

そして、最初は鶴瓶のように無理やりなジョークでおどけている。
その時点で、あ、これは怖いのがくるぞ、って予測させるのですね。

スコットランドからやってきた医師ニコラス・ギャリガンは、若くて、怖いもの知らずで、精力も盛んなお年頃だ。

冒険心と本能の赴くまま、現地診療所ドクターの妻を色仕掛けで落とそうとしたり。

その後大統領に気に入られ、お抱え医者になって、素敵な家に住んで、ベンツをもらって。
回りの人々は貧しいというのに省みずの生活。

しまいには大統領の第三夫人と寝てしまったり。

すべては善意でやってることなんだけど、ことの深刻性はみえないフリ。
っていうか、ずいぶんあとになって見えはじめてきた。

なので「おいおい。そのうちしっぺ返しがくるぞ」とニコラスの身を案じながら観る、そういう映画の趣旨に見事はまりました。

そしてアミンの極めつけの言葉が痛かった。

「いままでお前のやったことで善い行いなんてあったか?ニコラス?お前は白人を演じるためにアフリカにやってきた。だが俺たちはゲームじゃないんだ。俺たちは現実なんだ。この部屋が現実なんだ。自分の身に起こることの中で、お前の死が一番現実的なことになるだろう。」

結局、ニコラスがアフリカにやってきた目的は、高慢な善意だったのだ。

神が手をさしのべるかのごとく、アフリカを助けようとしても、白人には貧困も民族闘争も理解できないのだ。

あぁ、アフリカに対して何ができるんだろう!

と、ひとり考えてしまいます。


クリックありがとう!ランキング参加中!?ここをおしてね→【人気ブログランキング北米 】
スポンサーサイト

« ブラッド・ダイヤモンド (2006) | Home | 主人公は僕だった(2006) »

comments

私の感想もトラバしますね!

これが実話を元にした話なんだから
すごいことですよね。瀕死の脱出劇は
どれくらい事実に忠実なんでしょうね。

★ak1998 さん

そうですね。原作が本であるみたいなので、Wikipediaで調べてみたら、フィクショナル・メモワールということで、スコットランド医師は架空らしいです。実際には英国軍人でアミンの相談役になったBob Astles という人がモデルということです。http://en.wikipedia.org/wiki/The_Last_King_of_Scotland

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback

2003年まで健在だったのね

ザ・ラスト・キング・オブ・スコットランド 重たいテーマなのに、前半は奇妙なくらいカジュアルな雰囲気だなと思っていたら、だんだんと闇に部分が明るみに出てくるにしたがって無理なく壮絶な後半につながって行く、よくできた映画だと感心しました。今週後半になぜか立...


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。