スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キッドマン、ボルチモアにあらわる
Thu.15.12.2005 Posted in 映画雑多
2 comments 0 trackbacks
Nichole

ボルチモアのオフィス街(Downtown)で働く友人が、昨日ニコール・キッドマンを見たそう。一昨日から映画「ザ・ビジディング」(原題:The Visiting)の撮影で、友人の勤めるビルや、その屋外で撮影隊がやってきて看板を変えたり、セットを作ったりしている。

ボルチモアでは「炎のメモリアル」でジョン・トラボルタやホアキン・フェニックスが来たり、ジョンズホプキンス大学でジョージ・クルーニーが撮影に来たり、ちらほら「映画撮影やってるぞ」という噂をききます。

実物のキッドマン、背が高くて1m80cm(5’11’’)くらいはあるんじゃないかと友人は言っていた。そんでもってウェストも細くて、足は棒のようだったそうです。

撮影はワンシーンに4時間くらいかけて、カメラアングルなどのパターンを変えて何度も撮っていたらしい。ここのところ、ボルチモアの気温は日中でも氷点下だし、風も強い。屋外での撮影を何時間もするなんて、ハリウッド女優稼業もラクじゃなさそう。

この「ザ・ビジディング」、SFホラーのリメイクらしい。「ボディ・スナッチャー/恐怖の街」(56)、「SF/ボディー・スナッチャー」(78)(原題:両方ともInvasion of the Body Snatchers)と、すでに2度作られている。またリメイクする必要性あるのかな?78年の方はドナルド・サザーランドやジェフ・ゴールドバウムも出てて面白そうだけど。

2006年版の設定は、ワシントンに住む精神科医(キッドマン)がエイリアンからの伝染病を発見。そしてエイリアンの侵入をとめる鍵は彼女自身の息子が握っていることを知る。

新しいジェームス・ボンド役に決定したダニエル・クレイグも出演。どんなもんでしょう?

最近ランキングが100位以下に落ちてきました...皆さんの応援がが励みになります。【人気ブログランキング、清きワンクリックよろしくお願いします! 】 banner_02.gif
スポンサーサイト

« セント・オブ・ウーマン/夢の香り(1992) | Home | リベリオン-反逆者(2002) »

comments

え、そうなんですか!?
ニコール・キッドマン、大好きなのです。
見たかったなぁ。まだバルティモアにいるのでしょうか。
アメリカに来て一度も有名人を生で見たことがありません・・・
日本でもショウジノリコさんくらいかな・・・
小さい時に実家近くにマルシアが出張で歌いに来たのを見に行ったことがあるくらい、、

☆まみさん

二コール・キッドマン、私も見たかったです。アメリカで有名人、私も見たことありませんねぇ。野球見に行って、松井とかイチローみたくらい。マルシアは歌い手さんだったんですね。実物みたらきっとキレイでしょうね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。