スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
俺たちフィギュア・スケーター (2007)
Thu.06.09.2007 Posted in コメディー
2 comments 0 trackbacks
blades of glory
banner_02.gif

原題:Blades of Glory


ウィル・フェレルのファンだと思われるかもしれないけど。
言い訳は、「8月の日本への里帰りの飛行機の中でたまたまやってたのをみたまで。」(笑)

フェレルが長髪でワイルド系、そして『ナポレオン・ダイナマイト』のジョン・ヘダが金髪で繊細系のフィギュア・スケーターとなってペアを組む。

フィギュア・スケート界のドロドロ劇と、男性スケーターの衣装も含めたゲイさ加減をコメディーにしたニ流作品。
でも脇役はわりと豪華だ。

リンクを立ちひざで座ったままスライドしたり、火を噴いたり、素人が見ても反則な技とか、ありえないポーズが満載で、それを笑うのには限界があるし、ストーリーは強引すぎ。
相当このスポーツをバカにしているけど、ここまでやればスケート界も笑って許すしかないのだわ。

しかもナンシー・ケリガンがチラッと登場したり、フィギュアでは常連のスコット・ハミルトン本人がノリノリでて解説してたりで、メダリストからもお墨付きをもらってるんだよね。地味だけど。

ナポレオン君のキャラはフェレルと比べて普通の好青年で物足りないけど、別のキャラもできるんだな、という確認ができた。
あのジャミロ・ダンスへのオマージュがあるかと思ったけどなかったのは残念。

最後のスペース系の(昔のEarth, Wind & Fireのような)衣装をまとった二人の演技は楽しませてもらった気がする。(あんまり覚えてないけど)

そんでもって音楽が全体的に80年代のへヴィメタルだった気がする。
フェレルのキャラがBGMにマッチしてた、という印象。



クリックありがとう!ランキング参加中!?ここをおしてね→【人気ブログランキング北米 】
スポンサーサイト

« 奇蹟の手/ボルチモアの友情 (2004) | Home | パンズ・ラビリンス (2006) »

comments

こんにちは。
私は大のフィギュアスケートファンなので、引きまくりの予告編でしたが(笑)スコット・ハミルトンも出ていたとは・・・(ナンシーはどうでもいい♪)
レンタルでお金払ってみるほどではないけれど、機内だったら私も絶対見てしまいそう。
80年代のヘビメタは、ツボに入るかもしれません。

それにしても、この手のB級映画って、元取れているんでしょうか(素朴な疑問です~)

P.S. 今更ですが、私のブログでリンクさせて頂いてもいいでしょうか?
ただの西海岸生活ブログですが、映画やテレビの話も大好きなので、時々書いています。(←友人に言わせると、ミーハー&辛口だそうですが・笑)

★ルルさん

元取れてるか、ホント疑問ですねー。でもBox Officeで上位1位になってたようだからB級でもないみたいで、DVDセールスとかで元とるのかもしれませんね。でもアメリカ人の映画の趣味はショウモナイですね。
ブログ拝見しましたー。写真が素晴らしくキレイですね。北カリフォルニア在住、羨ましいですー。あー、またいきたいなーという思いにはせてしまいました。ミーハー&辛口ブログもまたチェックさせていただきますねー。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。