スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アフター・ザ・ウェディング (2006)
Sat.15.09.2007 Posted in 人間ドラマ
2 comments 0 trackbacks
after the wedding

banner_02.gif

原題:Efter brylluppet

デンマークの映画。アカデミー賞とったと思う。

最初、インドの貧しいけど生き生きとした地域を映しだす。
ガンジス川での猟師とか、折り重なるように建つ、カラフルなバラック住宅と洗濯物とか。
主人公はインドの孤児院を切り盛りする、中年男ジェイコブ、デンマーク人。

ジェイコブは財政難の孤児院を救うべく、資金を提供したいという資産家に会うために祖国へ旅立つ。
子供たちにはすぐに戻ってくる、といいつつも。

流れてきに、ここでジェイコブは二度と戻ってこられないんだな、と察しがつくようなかんじですね。
でもなにが彼をデンマークに引き止めるのか?と探っていくと...

背景は一気にインドのスラム街とは正反対の世界、デンマークのハイソサエティーにうつる。

ジェイコブ役は『007カシノ・ロワイヤル』で悪役だった俳優、マッツ・ミケルセンだが、『コンタクト』にでてたウィリアム・フィクトナーに似てる。日本だとヨネスケにも似てる気がする。

デンマークではトップ俳優なのでしょう。
早くお金をもらってインドに帰りたいのに、資産家は「娘の結婚式にでていってくれ」などと契約交渉を伸ばされ、イライラする様子、短気な様子はうまく伝わってきました。

ただ、<ネタバレ!>、金には困らないハイソな人々がインド人の子供からジェイコブをとりあげて、ジェイコブもそれをよしとしてるのが、やりきれない。

資産家の奥さんは田中好子似で可愛いけど、この人がいちばんダメ。
いい大人なんだから、人間としての責任をもって強く生きなさい、といいたい。
マジソン郡の橋の、お母さんのように。

娘ももう20歳だし。変な男にだまされて結婚するぐらい、よくあることでしょう?

金持で大人のくせに自分たちだけで問題解決ができない人たちをわざわざ取り上げる必要が私にはわかりません。

ジェイコブも、インドよりデンマークのが快適だろうしね。
同情しないよ。全然。

でもインド人の少年、ジェイコブなんていなくてもたくましく生きていくだろう。
デンマークにくるか?なんて悪魔の誘いにものらずに。

すいません。一気にネタバラシ。

たまにはいいでしょ?



クリックありがとう!ランキング参加中!?ここをおしてね→【人気ブログランキング北米 】
スポンサーサイト

« キンセニェーラ(原題) (2006) | Home | 愛と宿命の泉 PART II/泉のマノン(1986) »

comments

久しぶりです。
私もこの映画をみて、かなりムカつきました。 あの資産家の美談とされているところが一番嫌い。
シネマガールさんも辛口なので、思わずニッコリしました。

★Sycoさん

お久しぶりです。Sycoさんの感想もムカついてらっしゃいますねー。わたしも普段あんまり激しい感想はもたないのですが、これだけは偽善的なのがムカつきました。Sycoさんのブログいつも愛読させていただいてます!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。