スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クーラー(2003)
Thu.15.11.2007 Posted in 人間ドラマ
2 comments 0 trackbacks
cooler
banner_02.gif

原題:The Cooler

『レミーのおいしいレストラン』は
ネズミが天才シェフ、というおとぎ話だったけど、
こっちは大人のおとぎ話。

なんでもないお話だけど、トーンが肌になじみました。
出演者みんながおなじみの顔ぶれだしね。


あんまりにも運のツキがないので、周りにいる人々の運まで殺してしまう男。
ザ・クーラー。(冷却者、という感じ?)
なんてこの世に本当にいるのかな。

いたらすごいよ。ありえない。

カジノのフロアで、大当たりの客に近寄ると、
勝ってた客が途端負けだす。

そんな職業、引っ張りだこになって荒稼ぎできるとおもいきや、
幸せになると運がついてきて、クーラーのご利益がきかなくなるんだね。

だから惨めなまま毎日生活するしかない。


この映画みて、ニコラス・ケイジの『リービング・ラスベガス』を思い出した。
ラスベガス舞台で、主演の男女がルーザー同士なところが似てませんか。

でもケイジの自己陶酔演技よりも、ウィリアム・H・メイシーは数段よい。
見れば見るほどはまり役なんですよ。

ほんと、あのキャラクターは地なんじゃないかとおもうくらい。

そのメイシーを牛耳る暴力的なカジノ・オーナーのアレック・ボールドウィンをはじめ、
キャラクターほとんどみんな、盛りを過ぎた小者で、悲哀漂いまくりなんだけど、
あまり欝っぽくないトーンが好きでしたね。

日本で未公開らしいです。
すいません。

クリックありがとう!ランキング参加中!?ここをおしてね→【人気ブログランキング北米 】
スポンサーサイト

« CPAの教材 | Home | レミーのおいしいレストラン(2007) »

comments

運の綱引き

 これは私は信じないことにしている話なんだけど、うちの彼とか私の競馬友達で、この話のクーラーじゃないけどギャンブルでは似たようなことがあるとよく聞きます。
 例えば、一緒に競馬に行くと、絶対そいつが勝って、自分はいくらがんばっても勝てない相手がいるんだそうです。その逆もありだとか。彼は「運の強いヤツが自分より弱いヤツの運を全部持ってく」というんだけど、どうなんでしょうね?同じことを競馬仲間の友達もいいます。運なんて掃除機で吸うみたいに人に簡単に吸われちゃうもんなんだろうか?イヤそんなことはないと私は思うんだけど・・・。

★ちばさん

そんなこともあるんですねー。運をもっていかれる、っていうのはある意味わかる気がします。でも、このクーラーは自分があまりにも付いてないので、近くにいる人にも影響を与えてしまう、というところがね。なんか目の付け所がユニークだなーと思ったしだいです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。