スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
幸せのレシピ(2007)
Sat.01.12.2007 Posted in 恋愛・青春もの
3 comments 0 trackbacks
no reservations
banner_02.gif

原題:No Reservations

日本からの帰りの飛行機で見たのがこれ。

主演、いつまでもお美しいゼタ=ジョーンズ女史と、『サンキュー・スモーキング』のA・エッカート。

それに『リトル・ミス・サンシャイン』の子役アビゲイルちゃん。

凄い顔ぶれなのに安易でコテコテのロマンチック・コメディー以下になってしまいましたね。

ニューヨークをおとぎの国チックに描くはいいけど。

設定も配役もわざとらしすぎで、みてて恥ずかしくなりました。

キッチンで働く人とか、美しすぎ。
メキシカンとかアラブ人のバスボーイ、掃除夫とか、いないですもん。

みんなブロンド美人か、ドレッドも清潔なハンサム黒人で、なんかメッチャ「トレンディー」やなー。(笑)


第一ゼタ=ジョーンズが何で精神科のセラピー受けてるのか分からない。
これもニューヨークっぽいから?
美人で一流シェフなのに彼氏がいないから?

それにエッカートの登場の仕方がもう、安っぽい安っぽい。
そういうキャラに徹したんだろうな。


お話はどうやらドイツ映画のハリウッド版リメイクだそうです。

そっちのほうが素朴でよかったんじゃないかな。

最後まで見たのはエッカートに魅せられてのことなんですが、

終わり方がまた無理やり急展開で、編集されまくって一時間半に小さくまとめた感じがしましたね。

余談ですが、ゼタ=ジョーンズは役に望むため、
ニューヨークのレストランで一日ウェイトレスをしたらしい。

そして客に「キャサリン・ゼタ=ジョーンズに似てるね」といわれるたび、
「いつもよく、そう云われるわ。」と答えてたそう。

かっこいいなー。女優って。

クリックありがとう!ランキング参加中!?ここをおしてね→【人気ブログランキング北米 】
スポンサーサイト

« インヴィジブル(2007) | Home | アイ・ナウ・プロナウンス・ユー・チャック・アンド・ラリー(2007) »

comments

日本に行っていたのですか?

シネマガールさん、お久しぶりです。感謝祭休暇で一時帰国されていたのかな?私は近所にしか行かない4日間でした。たっぷり休めてよかったですが。

機内で見ると評価の違う映画ってありますよね。機内上映にふさわしいというか、航空会社もよく選んでるなと感心することがあります。

この映画、ブロックバスターで並んでるのを見て、ちょっと見たいなと思ったのですが、ジュン君がコメディー嫌いなので見れなそうです。

間違えました

私がコメントさせてもらった映画はこの記事のひとつ下にあるやつでした。すみません。この映画のことは全く知らなかったです。

★ak1998 さん

里帰り、たっぷり楽しんで戻ってきました!色んなところにいき、色んな人にあって、いろんなものを食べて。
チャック&ラリーはいい感じですよ。ジュンくんもゲラゲラわらうんじゃないかなー。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。