スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
僕らのミライへ逆回転 (2008)
Tue.26.02.2008 Posted in コメディー
2 comments 0 trackbacks
be kind rewind
banner_02.gif

原題:Be Kind Rewind


「まき戻してね」という名のビデオレンタル屋が舞台。

モス・デフとジャック・ブラック主演。
ミシェル・ゴンドリー監督。

これは私的には見たいのですよ。この組み合わせは。

だから「ヴァンテージ・ポイント」を見たい友達3人に予定を変更させて見に行ったら、友達みんな、あんまり笑ってなかった。

しまいに終わってから「あー、お金払わないで見れたからオーケーだわ」といわれてしまった。

彼女は映画ギフト券をもってたのね。

なんか罪悪感だわ。ギフト券使わせてしまって。


こんなところで映画について知ったようなこと書いてる私ですが、一般的なアメリカ人のテイストには一概に(というか大抵)同意できないことをここに告白しておきます。

デニス・クエイド主演の「羅生門」式アメリカ大統領狙撃事件アクション映画なんてさ。ぜったいお金出してみないもん。

クエイドの時代はもうとっくにおわったとおもうけどどうだろう。

だもんで「ヴァンテージ・ポイント」が興行収入一位で、また罪悪感だわ。ギフト券。


そうそう、ビー・カインド・リワインド。

ジャック・ブラックが久々に本領発揮の、可愛らしいコメディ。

コンセプトとしてはゴンドリーが、ニュージャージーの古い工業タウンで「ニューシネマパラダイス」志向のおとぎ話をつくってみたのだね。

80年代、90年代、の映画を幅広く知ってる人は、ノスタルジ~だとおもう。
J・ブラックとM・デフがパロってる(ここでは「スエードされてる」と呼ばれる)ビデオ見て、その映画が出た頃のことを思い出す効果があります。


発電所に潜り込んで磁器を帯びてしまったブラックが、レンタル・ビデオの中身を全部消してしまう。

この出だしがとんでもないよ。とおもったら、そのままダラダラととんでもないことは続くんで、リラックスしてみるしかないです。


ゴンドリー監督の学校の図工の時間とか学芸会の劇を思わせる世界を堪能あれ。

そして、ニュージャージーの、古い工業地帯の寂しさも。


クリックありがとう!ランキング参加中!?ここをおしてね→【人気ブログランキング北米 】
スポンサーサイト

« ウェイクアップ!ネッド(1998) | Home | パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド (2007)  »

comments

ミシェル・ゴンドリーとジャック・ブラックの組み合わせって、ものぉ凄く意外ですよね。 コレ、絶対観たいです。 
一般アメリカ人のテイストって、映画が大好きな人とはかなりずれますよね。 別に映画好きではなくとも、気軽に映画館に行く国民だからそうなるのでしょうね。
私もアメリカ人に映画を薦める時は気をつけて、絶対に私の一番好きな映画は薦めません。 

★Sycoさん

全体的にゆるゆるの笑いにほのぼのがはいってます。ハイテンションを期待するとこけるかも。
アメリカ人に映画をすすめるときは分かりやすいのになってしまいますね。「イカとクジラ」を会社の子に進めて「ちょっとちがう」と言われてしまいました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。