スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イースタン・プロミス (2007)
Mon.10.03.2008 Posted in 犯罪・ミステリー
2 comments 0 trackbacks
eastern promises
banner_02.gif

原題:Eastern Promises


予告編でだいたい、ほんとうは誰がいい奴で、誰が悪い奴か、予想が付いたけど、実際もその通り。

予想外なのはヴィゴ・モーテンセンの全裸でのアクションで、あそこのシーンだけ浮くほどのインパクト。
50歳であれだけ肉体を見せられるのはよいことだけど、ちょっと痛々しいよ。血みどろだし、刺青もやたらとあって、もう少しカットしてもいいわ。

ストーリーはもっと壮大でダークな感じを勝手に想像しちゃってて、みてみるとコンパクトに、登場人物も少なめで、シンプルだったのは分かりやすくて好感が持てました。


あとやっぱりヴィゴのロシア語、ウクライナ語はネイティブが聞いたらあれ、なんかヤバイのか、いけてるのか、凄く興味あります。
『キル・ビル』のユマ・サーマンみたいだったら残念だね。

そんなことが気になったり、ロシア語がエルフ語に聞こえたりの、映画に集中してなかったです。

『わが心のボルチモア』のサムおじいちゃんがロシアのレストランオーナーでしたね。
口ひげがないと違ってみえるし、今回は若く見えたな。

ナオミ・ワッツは特徴のないニコール・キッドマンという感じがした。

可もなく不可もなく。そんな作品。




クリックありがとう!ランキング参加中!?ここをおしてね→【人気ブログランキング北米 】
スポンサーサイト

« サンセット大通り (1950) | Home | 初体験/リッジモント・ハイ(1982) »

comments

彼って50歳なんですか!

いい体していましたね。可もなく不可もなくというところに賛成します。

★Small talkerさん

こんにちはー。ヴィゴーは1958年うまれですから、今年50ですね。中年過ぎて体見せたがりなのはマイケル・ダグラスに通じるかなとも思ったりします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。