スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師(2007)
Wed.16.04.2008 Posted in ミュージカル
1 comments 0 trackbacks
sweeney todd
banner_02.gif

原題: Sweeney Todd, the Demon Barber of Fleet Street


なんだかどんな内容か知らずに観たら、血しぶき連続劇でした。

でも指とか手足とか、首の「チョンパ(切断)」がないと、大丈夫なわたし。

『キル・ビル』と同じで非現実的だから、こわくねえよ。



ティム・バートンのゴシックの世界にジョニー・デップとヘレナ・ボナム・カーターはやっぱり絵になる。

サシャ・バロン・コーエンは髪型だけでわらったし。

でもミュージカルなのに肝心の歌がつまんなくて、とーっても長く感じてしまった。

デップとボナム・カーターはミュージカルの人じゃないから、映像的にはよくても、歌はちょっと...

実際の舞台でプロのバリトンだかソプラノ歌手がやったら、おどろおどろしくてよいのでしょうね。

若手の船員役は歌はうたえたけど、使えない役柄だったな。


ジョニー・デップの悪魔の理髪師は信ずるに値する役柄。
色白でちょっと年老いたエドワード・シザーハンズという雰囲気で悲しかったわ。

数々の賞を受賞したそうですが、いくらJ・デップでも私の好みではありませんでした。



クリックありがとう!ランキング参加中!?ここをおしてね→【人気ブログランキング北米 】
スポンサーサイト

« パリ、恋人たちの2日間(2007) | Home | ザ・バンク・ジョブ (2008) »

comments

ちょくちょく拝見しています。
応援ポチッ!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。