スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アウェイ・フロム・ハー 君を想う(2007)
Sun.04.05.2008 Posted in 人間ドラマ
0 comments 0 trackbacks
away from her
banner_02.gif

原題:Away from Her


アルツハイマーになった妻が自ら養護施設に入ってしまい、あとに残されてしまった夫の悲劇。


脚本、監督が27歳のカナダ人女優サラ・ポーリー、だそうです。
27歳にしてはなかなか渋い作品です。

歳をとっても若い頃と変わらない魅力を持つ妻(ジュリー・クリスティ)、をアルツハイマーでゆっくりと失っていくプロセスが、せつなくて、皮肉で、悲惨だった。

施設のきまりで、最初の30日は外部からの面会ができない、というのは一般的なんでしょうか?

それが悲劇のはじまりで、31日目に夫が面会にくると、妻は車椅子に乗った別の患者(男)に、あたかも夫婦のように寄り添って、かいがいしく世話をやいている。

自分のことは覚えているのかいないのか、知り合いぐらいにしか思ってない様子で、夫にとってはいたたまれない状態なのです。

それでも毎日懸命に通う夫。

なんか夫がとてもかわいそうだけど、実はね。
過去に浮気をしていて、妻はそれを許してなかったのね。

年月を超えて夫婦の危機をのりこえたかのようだったけど、知性を失ったいま妻は夫との思い出が辛いものとして、無意識に忘れたがってるわけです。

夫のほうももちろん分かっていて、これが人生最期の妻の復讐のような気がしてならない。

でもしばらくして、車椅子の男が家族に引き取られ退院してしまうと、妻は床に伏せって、重症患者病棟に移される。

絶望的な夫は車椅子の男の妻に会いに行く。

妻を彼氏と再会させ、生きる希望をもたせるために。


主人公の俳優が私が働いていた会社のボブというおっちゃんに似ていて、歩き方や髪型も似ていて、おっちゃん元気にしてるかなー、とフトと思った。

ボブの奥さんは腰が悪くて、リハビリによく連れて行ってたので、余計にかぶりました。

最近老後の問題の映画が心なし多い気がしますね。


クリックありがとう!ランキング参加中!?ここをおしてね→【人気ブログランキング北米 】
スポンサーサイト

« アイアンマン(2008) | Home | エリザベスタウン(2005) »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。