スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アイアンマン(2008)
Sun.04.05.2008 Posted in アクション
0 comments 0 trackbacks
iron man
banner_02.gif

原題:Iron Man

今週末公開。

ロバート・ダウニー・Jr.のカムバック作。
私はうれしいです。

40代半ばの彼がスーパーヒーローってのが、うれしいよ。

お腹もへっこんで、鍛えあがった体も見逃せませんよ。

(彼は一体何度カムバックしてるのかわかりませんが、今回はちょっと違う気がする。だから応援してみよう。)


まあ、CG、ハイテクさ、メカ/ロボットのかっこよさとか面白いところは随所あげられますが、主人公がアル中で女たらしで、正直いって嫌な野郎で、ダウニー・Jrそのままなのが素晴らしくぴったりでよかった。

彼自身かなり脚本に参加してたらしい。

彼らしくすべてがカラッとしてるの。

あんまりシリアスじゃないのよ。


だからアイアンマンに比べると「バットマン」なんてもう超シリアスすぎて、うざったい気がしてくる。

霧の立ち込めたゴッサムシティーとかってジメジメした雰囲気は一切なし。

カラッとしたL.A.が舞台で、家も地下じゃなくて、マリブの丘の上だし。


アイアンマンが誕生するまでのエピソードは、舞台が原作コミックのベトナム戦争からアフガニスタンに変わったそう。

戦場が砂漠だけに、よりいっそう乾燥した雰囲気になるのは偶然かな。



ドライなのは会話もそうで、ダウニー・Jr.一存でやったのかもしれないアドリブっぽいジョークもうまいです。

武器商人であるトニー・スターク(のちのアイアンマン=ダウニー・Jr.)に緊張して話せないアメリカ兵に「(一緒にとった写真を)マイスペースに載せるなよ」とか、くだらないけど、いいそうじゃない。ダウニー。

グウェネスとのケミストリーも信じられないくらいさわやかで、うまい役者同士のなせる業なのだな。


監督は『スウィンガーズ』のジョン・ファブローで、最初のほう、主人公のボディーガード役ででてます。



あー、おもしろかった。


P.S.
あとで読んだら、ロボットのAI(人工知能)の声はポール・ベタニーだそう。
C3POのような、ナイトライダーのキットのような、懐かしいロボット声でした。

クリックありがとう!ランキング参加中!?ここをおしてね→【人気ブログランキング北米 】
スポンサーサイト

« スターティング・アウト・イン・ジ・イブニング(原題)(2007) | Home | アウェイ・フロム・ハー 君を想う(2007) »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。