スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
寝取られ男のラブ♂バカンス (2008)
Wed.14.05.2008 Posted in コメディー
0 comments 0 trackbacks
forgetting
banner_02.gif

原題: Forgetting Sarah Marshall

公開後しばらくたっているので、映画館の一番小さいスクリーンだったけど、そういうのが嬉しいときがあります。

あまり意味はないけど、大スクリーンでみたいジャンルじゃないから別によかった。

私の上司が「ネイバー(隣人)と見にいったんだけど、ワイフと行かなくて正解だった。かなりきわどい。」といってて、ますます見たくなっていってきました。

『40歳の童貞男』、『ノックド・アップ』のチームが送る、ラブコメ。

といっても、シモネタ満載で初デートにはつらそうです。

主演のジェイソン・シーゲルが脚本もやっててお腹のまわりの贅肉がちょっと気になるフルチン姿を惜しげもなくさらし、またさらし、3回くらいさらしてました。大サービス。

『ウォーク・ハード・ザ・デューイ・コックス・ストーリー』でもそうだったけど、どうなんだろう、世間ではフルチンはネタとしていま旬なのか?

やっぱりみたくないよ、みるのも不衛生。
とっても無防備で悲しい姿がいいのかな。


で、ストーリーは主人公が風呂から全裸ででてきたときに、彼女に振られるところからはじまる。

彼女はCSIみたいなドラマに主演中の売れっ子女優。

傷心のままハワイに旅行に休暇できてみると、その元カノが新しい彼氏と同じホテルに泊まっていた。

設定に無理があって、主人公も女優の彼女のバカっぽくて、“That 70’s Show”にでてた黒髪の彼女はいい子すぎて、男の都合のよい展開も嘘っぽい。

ジャド・アパトー・チームの映画らしく、随所に小ギャグがかくれてて、とくに太ったハワイアンのホテルの従業員たち、相変わらずのポール・ジャッド、そしてオーストラリア人のミュージシャン男なんかは笑った。

あとCSIもどきドラマのクリップはウケた。
ビリー・ボールドウィンの短いカメオに拍手しました。


それにしてもこのアパトー・チームは一年に映画を何個も作っててものすごく忙しそうですね。


クリックありがとう!ランキング参加中!?ここをおしてね→【人気ブログランキング北米 】
スポンサーサイト

« ラスベガスをぶっつぶせ (2008) | Home | 君のためなら千回でも(2007) »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。