スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ペネロピ(2006)
Tue.08.07.2008 Posted in 恋愛・青春もの
0 comments 0 trackbacks
penelope
原題:Penelope


これが日本里帰りのときの機内上映のさいごです。

クリスティーナ・リッチーちゃんが、豚鼻の貴族令嬢で、本当の愛を見つけるまで豚鼻がとれないという、先祖代々の呪いがかかってて、ジェームス・マカヴォイがでてきて、どうなるかお楽しみ、というファンタジー。

乱雑なあらすじですみません。

親指姫とか、眠り姫とか、これは王子様に救われる姫系の童話で、時代は現代にして、舞台はロンドンだけど、なんででしょう。リッチーちゃんはアメリカ訛りバリバリですよ。(そのほかのキャストも、英国訛りとほかのがごっちゃですよ。)

でもひたすら王子様を待っているだけじゃないのが、現代の姫なのですね。
自ら色んなことを行動に移して、それはそれですごいです。

「醜くても自分を好きになれば頑張れる」みたいなメッセージがまああんまりポジティブすぎてなんか引いてしまいました。

リース・ウィザースプーンが脇役やってたのは自分が製作してたからなのね。

そしてジェームス・マカヴォイは、いまどきの若手では急上昇ですな。
あんまり出ると食傷気味になるから抑えてほしいところ。

アンジェリーナ・ジョリーとのアクションが公開中で、痛いなーと思う。


クリックありがとう!ランキング参加中!?ここをおしてね→【人気ブログランキング北米 】
スポンサーサイト

« グレート・ワールド・オブ・サウンド(原題) (2007) | Home | 独立記念日とBBQ »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。