スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヘルボーイ2:ザ・ゴールデン・アーミー(2008)
Mon.14.07.2008 Posted in アクション
0 comments 0 trackbacks
hellboy II
原題:Hellboy II: The Golden Army

ヘルボーイの「1」を見てなかったんで、前日にDVDで見てから「2」を見に行きました。

悪魔なんだけど正義の味方、というからデビルマンとか、「Spawn」とか「ブレード」なんかのシリアス系を想像していたら、違いました。

ヘルボーイはどう見ても頭のはげたオッサンで、60歳なんだけど、人間の歳で言うと30になりかけたくらいらしい、という設定のボケキャラなのね。

葉巻ばっかり吸ってて、疲れ気味の性格が、30じゃなくて40くらいで丁度いいとおもうくらいです。

そしてチョコバーとテレビと猫が好き、というやさしさと子どもっぽさをあわせ持つところが、私は小さい頃に読んだ「泣いた赤鬼」を思い出しました。


まず、「1」のストーリーはなんとなく「インディー・ジョーンズ」のようで、「スターウォーズ」の要素も加わり(ヘルボーイはハン・ソロだよ)、そこに「美女と野獣」のテーマが根底に流れるという、定番だけど飽きのこないお話しに胸が踊った。


そして「2」は、批評家の評判が「1」よりいいらしいぞ、ということで見に行ったけど、大変面白かったですが「1」の新鮮さには負けたかも。

悪役のマーシャルアーツのアクション、特に最初に見せるアクロバット&肉体美は凄かった。

そうだね、アクションは今回ヘルボーイも凄い。魅せます。

でも「1」の悪役がナチスがらみで背中がゾクゾクするような「悪」だったの対して、「2」の悪役はミイラのようになった王子さまで、怖くも美しくもあり、アクションも華麗で、あんまりこわくなかったです。

そのほかヘルボーイとリズの関係が進展してて、それを見るのは微笑ましいし、エイブ(C3PO的な役まわり)の出番も多いのもファンとしてはうれしいのでしょう。

あとはCGやら特殊効果でできた恐ろしげな生き物たちが、「2」をとる前にギレルモ・デル・トロ監督が撮った『パンズ・ラビリンス』の影響をモロうけまくってる様子がありありとしていて、キモ悪さは一段と極まっていました。

最後に、ブルックリン橋の下に広がるアンダーワールドの世界がやっぱスターウォーズのタトゥーインにあるバーの雰囲気で、懐かしかったです。

クリックありがとう!ランキング参加中!?ここをおしてね→【人気ブログランキング北米 】
スポンサーサイト

« アース・ウィンド・アンド・ファイヤーのコンサートに行きました | Home | グレート・ワールド・オブ・サウンド(原題) (2007) »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。