スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダークナイト(2008)
Sun.20.07.2008 Posted in アクション
4 comments 0 trackbacks
dark knight
原題:The Dark Knight

このポスター、普通のと違うけど、結構印象に残っちゃうので載せました。


なんか、もう終わり方が暗すぎて、鬱になりそうです。
わけがわかんないよ。
そんなのダメだよー、と叫びたい。

ヒース・レジャーは顔も怖いけど、声としゃべり方が圧倒的に怖かった。

ジャック・ニコルソンのジョーカーはプチ・スタイリッシュで、コミカルだったのに比べ、ヒースは完全なサイコパスで、メークはぼろぼろ、髪は脂ぎっていて、汚らしいです。触っただけで、ずたずたにされそう。

ブロークバックからのすごい変身振りなんだよ。

しかもこれがヒースの遺作となったことを踏まえてみてると、あー、このジョーカーが役者を狂気の沙汰に追いやった役なんだなとおもっちゃう。

そんなんで、よけい精神的にやられました。


クリスチャン・ベイルは相変わらずお美しかった。
腕も一段と太く、たくましくなられてました。

顔のしわ、とくに目の周りが増えたなー、でも好きよー、ベイルーぅ(樹木希林風に)、という乙女心で見ていました。

でもなんでバットマンの喋りはへんなしゃがれた声にしたんだろう。
ことばが聞き取りにくいんだよね。

そして、ジョーカーや、アロン・エッカードのキャラに時間をとられて、素顔の出番が少なかったのもベイルふぁんとしては不満です。

彼のマーシャルアーツ的なアクションは増えて、見所はありましたが。


ゴッサムシティーの雰囲気は、前回の「バットマン・ビギンズ」やそれ以前のバットマンよりも現代的で、現実的で、ハイテクで、清潔で、シカゴやニューヨークそのもの。


バットマンがでてこない昼間をねらった強盗が頻繁に起きるから、日中の明るいシーンが多いけど、物語はとてつもなく暗いです。

あっと驚く展開もあるよ。

あと、ケイティー・ホームスが辞退して、マギー・ギレンホールが入ったことに乾杯。

マイケル・ケイン、モーガン・フリーマン、ゲーリー・オールドマン、手堅い。


クリックありがとう!ランキング参加中!?ここをおしてね→【人気ブログランキング北米 】
スポンサーサイト

« チャーリー・バートレット (2007) | Home | チャーリー・ウィルソンズ・ウォー(2007) »

comments

これ、会社の同僚がやたらと勧めてました。でも暗いんですか。バットマンはどうもいつもちょっと暗いですよね。スーパーマンなんかに比べると。話題作なので来週にでも見に行きたいと思います。でも最近、チケット代めっちゃ高くなりましたよねー。2人で行くと$20でお釣りがほとんど来ない!やっぱりブロックバスターに来るのを待とうかな・・・。

★ak1998 さん

暗いんですよー。滅入るくらい。ゴッサムシティーはいつもより小ぎれいで、今っぽくて、前回のギラギラ、ゴミゴミもなく、整頓されてて、昼間のシーンが多いので、ビデオクリップだと、あの暗さが伝わりにくいと思います。

でも二人で行くと$20ドル近くするなんてねー。これもオイルプライスのおかげかな。うちの近くでは火曜日が$5.75なんですが、そういったサービスデーはそちらにはありませんか?あとはマチネーとかね。

お久しぶりです。
今週から日本でも始まったのでさっそく観にいきました。
クリスチャンベイル、すっかりスタイリッシュな俳優さんになりましたよね。
太陽の帝国で話題になった時、こんな子役もいるんだーおんなじくらいの歳なのに、
と「スクリーン」の特集記事を夢中で読んだこと、
それからすっかり私が映画を観なくなっていて、
久々にベルベットゴールドマインを観たのに、(グラムロック、結構好きなのです)
なんだか冴えなくてパンフみるまで気づかなかったこと等々を思うとびっくりするほどの変貌振りです。
映画自体の好き好きはともかく、アメリカンサイコとか綺麗過ぎて。
あれ以来彼の出演作に、ダークなイメージのものが多いのは気のせいでしょうか。
おっと、ダークナイト。英語も得意でなく、前情報もなるべく見ないようにして出かけていった所為で、
ナイトが夜と思っていて。
同じような間違いよくやるんです。LordとRordがよくわかんなかったり。お恥ずかしい。
バットマン、人間的な部分が盛り込まれていて切なくなりました。
話題のジョーカーはギラギラ過ぎて、匂いそうでシャワーしてくれーって何度も思っていました。
そして、残念なことに時代は中国なのね、って思ってしまいました。
勢いが違いすぎます。
同じアジア系でもダイハードの情けない日本人サラリーマンとは
扱いが全然違うよな~と。
え、観るとこはそこじゃない、ですか。
いやいや、あんまり怖すぎて、トラウマになりそうでまだ映画を反芻できてないんです。
もう一度みるかどうか激しく迷い中です。
また近いうち寄らせていただきます~。

★のんのんさん

おひさしぶりです!コメントありがとうございます。 

「時代は中国なのね」とは云いえて妙。北京オリンピックはじまってなおさらそうですよねー。開会式は大好評だったし、金メダルをガンガンと取ってるし。飛び込みとか独占状態ですし。中国恐るべし。

ベルベッド・ゴールドマインではベイルあまり冴えてませんでしたね。アメリカン・サイコは私もあまり好きじゃなかったですが、あとからあれがベイルさまなのねー、と知った次第で、また見ようかなと思っています。

「ダークナイト」は私ももう一度見たいかは分かりません。爽快感がないからつらいですよね。

またコメントどんどん入れていってくださいねー。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。