スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キッチンのインプルーブメント
Sun.03.08.2008 Posted in シネマガールの日記・アメリカ生活
3 comments 0 trackbacks
アメリカの住宅は、築何十年と過ぎてても、キッチンとバス・トイレさえリニューアルすれば売れる、という云うけれど、それはそこが一番手を入れるのにお金がかかるからなのだそうです。

私と旦那はすぐに家を売るつもりはぜんぜんなくて、買ったばっかりなので私は何十年と(旦那は10年じゃないかといってるけど)住むつもりなんです。

でもどうせ自分たちの趣味にあわせてキレイにするなら元を取れるところにしよう、ということでキッチンをリニューアル計画、3ヶ月くらいかかったか。



kitchen before
リニューアル前

旦那と不動産屋のおばちゃんが写ってます。
最初に家を見に来て即気に入ってしまったあの日。
白いキャビネットに白い壁はなしだろう、とおもったのだった。
でも清潔感があるといえばある。

でも蛍光灯はやっぱいや。



そして、手をいれましたよ。
じゃ、じゃーん。




kitchen after
リニューアル後

もー、すごいお金かかった。
壁のペンキ塗り以外は、プロにたのんじまった。

アメリカ人てさ、開拓の精神というか、家をちょちょいと直すくらい自分でやろう、DIY!みたいなイメージ?

LowesとかHome Depotとかホームセンターに行けばなんでも売ってるし。


でも頑張って自分でやっても結局キレイにできないものは週末何個もつぶして、散々な結果に終わるよりも、任せるのがいいのだ。(自己暗示)私はアメ人ではないし。


床タイルの張替え
壁(バックスプラッシュ)タイル追加
蛍光灯からリセスライトへ変更
ペンダント・ライト、パックライト(キャビネットの下の電気)追加

みんなやってもらったよ。

でも材料はみんな自分たちで買いに行ったよ。
特にタイル屋は何度いったことか。

あとペンダント・ライトは入荷するのに時間かかった。
そのわりに、青ってのがねー、イマイチ効果的じゃなかった。
イメージしてたのとちがったわー。

目指してたのは暖かく、モダンで、シンプルな。

次はバスルームだ!でも予算上たぶん来年です。


クリックありがとう!ランキング参加中!?ここをおしてね→【人気ブログランキング北米 】
スポンサーサイト

« ザ・イヤー・マイ・ペアレンツ・ウェント・オン・バケーション (原題) (2006) | Home | パープル・バイオレッツ(原題) (2007) »

comments

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

素敵なキッチンですねー

なかなかセンスのいいリニューアルですね!
広々していて風通しもよさそう。
うらやましい限りです。
家をちょこちょこ直すのをEnjoyするのがアメリカ人ですよね。
私もバスルームだけは日本風にするのが夢です。
その前にいつになったらアパート生活から脱出できるかが
未定なのですが・・・。

★mariさん

ありがとうございます。風通しがよいのがこの家のとりえなんです。バスルームを日本風に、っていいですねー。バスルームを豪華にすると売れるらしいですよ。うちもあんまりお金かけずに、バスルームをリニューアルしたいとおもってます。

mariさんも家購入計画されてるんですね。いま値段が下がってきてて、まだまだ下がると思います。待てば海路、です!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。