スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポトマック・ヘリテイジ・トレイル
Tue.26.08.2008 Posted in シネマガールの旅行・観光
0 comments 0 trackbacks
banner_02.gif

例によって、またお金を使わない夏の遊び方。

土曜日にワシントンDCへハイキングに行きました。
ワシントンまでハイキングしてったわけではないですよ。

そこまで車でいって、それから歩いたのです。



友達のDちゃんが、北バージニア・ハイキング・クラブというのに入ってて、そのツテで参加。

(誰でも入れるクラブです。私たちもメンバーになるためにこの日一人3ドルかかったけど、それがメンバー費。しかもDちゃんが出してくれたよ。ラッキー。)


phtb

ルートはこんな感じで、行きが黄緑で、帰りが水色の矢印をかいてみました。
往復で9.4マイル(15km)。

朝の9時過ぎに出発して、1時過ぎくらいにもどってきました。
ま、いい運動。というか右足のふくらはぎが二日間痛むというか疲労感が漂うというか、歳っちゅうことですね。



pht1


ここが出発地点で、これからチェイン・ブリッジというポトマック川を渡る橋を目指します。


ワシントン近郊在住の方に、もう少し説明すると、バージニア側のジョージ・ワシントン・パークウェイ(GW Pkwy)沿いにあるセオドア・ルーズベルト島の駐車場から出発して、GW Pkwyとポトマック川のあいだにある、草むらや森林をかき分けていく道を、ひたすら北上します。

最初、そんなところにハイキングコースがあったとは、と驚くような秘密の道であった。



pht5
秘密の道だよ~(Dちゃん)




とかいって、秘密でもなんでもなく、GW Pkwyに車がビュンビュンと突っ走る横を、テクテクと歩いたりします。


pht3
Dちゃん、ハイキング・リーダーの女性、後ろにうちの旦那


後ろに見える橋は後でも戻ってくるときにわたる橋でキイ・ブリッジといいます。

ジョージタウンとヴァージニアを結ぶ橋。

ここを通って何度ジョージタウンに繰り出したことか、という人は多いとおもう。


pht2
キイブリッジを下から撮ってみた。迫力あるでしょ?

pht4
川の向こうにみえるジョージタウン大学


煉瓦作りなのが、伝統的っぽいけど、新しくできた校舎が多い。
お金持ち学校だから、ハイテクなのだ。


ハイキングコース自体は、ほとんど平坦なので余裕こいて写真をバシバシ撮ってしまった。


pht8

橋まで8合目地点。

マイ旦那、Dちゃん、Dちゃんのルームメート


行きはマイ旦那とルームメート君が、お互いどんな仕事をしてるのかしゃべっててそれを聞いてたのであっという間でした。

ルームメート君「僕はフォルクスワーゲンでいまインターンシップなんだよ」
マイ旦那「どんな仕事なの?」
ルームメート君「リスク・アセスメントさ」

まあ内容は深く理解せずに流して聞いてました。



pht9

これが例のチェイン・ブリッジ橋。

ここを渡ると向こう側はワシントンDCです。


pht12
ワシントンDC側の帰り道


この水はポトマック川ではなくてチェサピーク&オハイオ運河といい、その横の道は曳舟道(Towpath)と呼ばれます。

その昔、山で掘った石炭を舟に乗せて、馬が引っ張るための道だそう。

でも今はジョギング、サイクリングをする人が多い。


pht11

運河ではこんなこともできる。(カヤックをレンタルするところもある。)

この道をまた4マイルちょっと戻るんだけど、この平らな見通しのよい道は、かなり疲れた。


森林のなかをクネクネといく行きと比べると、木陰もすくなくて、一直線で、精神的にも辛かったし、体力を消耗しまくった気がする。


pht13

そんなこんなでジョージタウンに到着。


pht14


そのままキイ・ブリッジを渡って帰途についたのでした。


おのぼりさんこの上ないハイキングの格好で、ワシントンDC側の人の多い場所はちょっと恥ずかしいかなと思ってたけど、歩き終わって疲れてたらもうどうでもよくなってました。


川べりを行って帰ってくる、という単純なコースなので、好きな人は行ってみてください。

帰りのコースがもうちょっと面白かったら、またいくかも。


banner_02.gif

クリックありがとう!ランキング参加中!?ここをおしてね→【人気ブログランキング北米 】
スポンサーサイト

« エリザベス:ゴールデン・エイジ(2007) | Home | トロピック・サンダー/史上最低の作戦(2008) »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。