スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
それでも恋するバルセロナ(2008)
Mon.01.09.2008 Posted in 恋愛・青春もの
0 comments 0 trackbacks
vickychristinabarcelona
banner_02.gif

原題:Vicky Cristina Barcelona

これ、面白かったです。みてて楽しかった。

それに映画館で観客の笑いとか反応とかが聞こえるのも心地よく、お金払って観た甲斐があった。

けど、DVDでもかまわない、ちょっと変り種のロマンス・コメディーです。


『ノー・カントリー』のハビエル・バルデムが本来のイイ男ぶりを発揮してて、あのスペイン語訛りでアメリカからの女学生二人を悩殺し、悩殺しまくるところがね、コミカルだったな。

ポスターをみればスリー・サムの香りがぷんぷんですけど、なかなか可愛らしい展開で、ハリウッド映画も好きだけど、ヨーロッパ系も好き、という方はたぶん気に入ると思います。


まあ作風はウッディ・アレンだから、そこがニューヨークでも成り立つような気もするけど、バルセロナの風景がもうすごい素敵。

聞けばバルセロナ市とカタルーニャ州から出資を受けてるそうですよ。
なるほどね。

ロマンチックなバルセロナに行って、ハビエルのようなハンサムなスペイン人に会おうと、若い女性観光客が増えそうな、そんな期待を背負ってます。

それにしてもスカーレット・ジョハンソンとウッディ・アレンの関係は密ですね、最近。


ペネロペ・クルスは助演女優賞でオスカー有力視されてると、ラジオでの談でした。
ただ叫びまくってるだけの気がしたけど、あれだけのホット・チックだと叫ぶだけで可愛いくて、得だよねー。


クリックありがとう!ランキング参加中!?ここをおしてね→【人気ブログランキング北米 】
スポンサーサイト

« アウトソースト(原題)(2006) | Home | エリザベス:ゴールデン・エイジ(2007) »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。