スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ザ・ヴィジター(原題)(2008)
Sun.28.09.2008 Posted in 人間ドラマ
0 comments 0 trackbacks
the visitor
banner_02.gif

原題:The Visitor


主演のリチャード・ジェンキンスは、あんまり有名ではないけれど前の『バーン・アフター・リーディング』にも出ている、とっても味があって、みんなに知って欲しいと思う俳優です。

私はかつてHBOの『シックス・フィート・アンダー』 というシュールなテレビシリーズを好んで見ていた時期がありましたが、主人公の葬儀屋一家の父親役が、ジェンキンスで、かっこいい中年のおっちゃんだなーと思ったものだった。


今回は孤独で、鬱気味な大学教授役。

やる気もなければ、生徒に理解も見せないような、嫌なタイプの教授なんだけど、この人を応援せずにはいられなくなる、ほのぼのとした展開が見ものです。

否応なしにニューヨークの学会に行かされる羽目になって、二年間放っておいたニューヨークのアパートにきてみれば、勝手に誰かが住んでいて...


題名の「訪問者」とは誰なのか。
最初から気になるから、だれだろうとずっとおもっていたけど、ストーリーが進むうちに、あ、これはいい話だけど、あんまりハッピーエンドじゃなさそうだなと思えてしまって、ついでにこのポスターも手伝って、心温まりつつも、しんみりと物悲しい結末がわかってしまった。

そして違法移民という問題が、ずっしりと現実として重くのしかかってきました。


私事なんですが、私の結婚によってとったグリーンカードは、最初の条件付2年間のものが今年末で切れます。
国土安全保障庁の法律が変わって、更新の申し込みに$500ドル以上かかるようになったと知って、がっくりしていたのですが、お金さえ払えば通る私はラッキーなんだなー。

この国は移民が支えてるといえるくらい、いちばんよく働くのは移民だと思います。
でもアメリカ人の多数が、そんなことはどうでもよい、違法移民に権利はない、と思っているんだろうな。


そして「訪問者」の意味ですが、登場人物全員がそうなのではないかな、と思えます。




クリックありがとう!ランキング参加中!?ここをおしてね→【人気ブログランキング北米 】
スポンサーサイト

« レッドベルト(原題)(2008) | Home | ワシントンDC自転車デー »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。